引越しのアルバイト

引越しのアルバイトと正社員

 

引越しのアルバイト

 

「うちはアルバイトは使いません。」、「うちは作業員全員正社員です。」といった内容の話を、引越しの見積もり時に営業マンが口にすることもあるでしょう。

 

しかし引越しの現場に携わる者からすると、引越し作業の良し悪しには関係のない話といえます。

 

引越し作業に従事するにあたってアルバイトや正社員といった働き方は問題ではなく、引越し作業経験の豊富さや社会人としての責任感があるかなどのことが重要です。

 

必要なのはコミュニケーション能力

 

引越し作業員

 

引越しの現場ではお客さんとのコミュニケーションが取れることが何より引越し作業員には求められますし、引越し作業を円滑に進めるためには他の引越し作業員ともコミュニケーションが取れる人間である必要があります。

 

仕事に対しての責任感というのは、どのような業種であってもアルバイト、正社員という立場に関わらずひとりの人間としての中身の問題ではないでしょうか。引越し作業員の中に学生アルバイトがいると分かった途端に文句を言い出すようなお客さんも中にはいます。

 

引越し作業員として働く学生アルバイトが仕事に対して無責任で、また仕事ができないかというと決してそんなことはありません。正社員であっても経験や責任感、コミュニケーション能力がなければ引越し作業員とは呼べないでしょう。

 

引越しは共同作業

 

引越し作業

 

何人もの引越し作業員との共同作業が必要で、ワンマンでは成り立たないのが引越し業です。引越し作業には必ず責任者やリーダーがいますが、そのようなポジションを経験豊富なアルバイトに任せる引越し業者も少なくありません。

 

しかしながら、やはり引越し作業に伴う技術や知識を短期のアルバイト期間で習得するのは難しく、引越しの集中する時期や日柄での引越しでは、このような新人の引越し作業員に当たることもあるでしょう。

 

しかし、どんな仕事に就くにせよ最初は誰でも新人ではないでしょうか。新人がいきなり責任重大な仕事やポジションを任されるようなことは、もちろん引越し業界にもありません。

 

引越し作業は引越し車両の乗車定員の関係で、2〜3名のグループの組み合わせで行動するのが一般的です。新人がいる場合にはベテラン作業員と新人の組み合わせといった形で、ベテラン作業員が新人を教育していくことになります。

 

繁忙期に増えるアルバイト

 

引越しのアルバイト

 

引越しには繁忙期といわれる3〜4月にかけてと、土日祝日や大安など引越しの集中する時期や日柄というものがあります。言い換えると引越し作業員が大量に必要な時期や日柄と、そうでない時期や日柄があるということです。

 

この引越しの集中する時期や日柄に足りる人材を常に確保しておくというのは、多くの引越し業者にとって経営を圧迫することにつながります。

 

こういった理由から自社の社員だけでは対応できない時期や日柄の引越しにアルバイトを活用する引越し業者は少なくありません。

 

引越し業者も自社の信頼に関わる問題ですので、短期のアルバイトばかりで構成された作業グループにひとつの引越しを任せるようなことはないと考えていいでしょう。

 

関連ページ ⇒ 引越し屋さんのアルバイト
関連ページ ⇒ 引越し繁忙期の現実

 

1番安い引越しがわかる!人気引越し業者から最大10社の一括見積もり

LIFULL引越し見積もり(HOME'S引越し見積もり)

引越し価格ガイド

 

このエントリーをはてなブックマークに追加