引越しのキャンセル

引越しのキャンセル

 

引越しのキャンセル

 

引越しにまつわるトラブルの中で一般に知られていないもののひとつに、引越しのキャンセルのしくみが挙げられます。

 

引越しの一括見積もりサイトなどを利用して、より良い条件を提示する引越し業者が新たに見つかった場合や、諸事情により引越しをキャンセル、または引越しの期日を延期するような場合もあるでしょう。

 

おすすめサイト引越し価格ガイド

 

引越し業者と一旦契約を結んだ引越しをキャンセルしたい、もしくは引越しの期日を延期したいといった場合には、いつまでにどのような手続きが必要なのでしょうか。

 

引越しの解約は決められた期日までに

 

引越しのキャンセル

 

引越し契約をキャンセル、または延期したい場合、引越し業者には決められた期日までにキャンセルの申し立てをしないと解約手数料、延期手数料が発生することになります。

 

引越しの解約手数料、延期手数料が発生する条件については、荷主と引越し業者間の契約ルールである引越運送約款に定められています。

 

関連ページ ⇒ 引越運送約款

 

引越運送約款とは引越しの契約についての取り決めが記載された文書で、引越しの見積もり時に営業マンが提示する決まりになっていますが、裏面に引越運送約款が印字された見積書を荷主に渡すことで、引越運送約款の提示とする引越し業者もあります。

 

引越しの2日前までなら無料で解約できる

 

引越しの解約

 

引越運送約款に定められた荷主都合による引越しの解約手数料、延期手数料は以下のようになっています。

 

引越し前日 引越し料金の10%以内
引越し当日 引越し料金の20%以内

「お客様都合による引越し当日のキャンセルについては、引越し料金全額をお支払いいただきす。」といった引越し業者の対応は違法です。

 

つまり、引越し日の前々日までに引越し業者にキャンセル、もしくは日程の延期を申し出ない場合には解約手数料、延期手数料が請求されることになります。

 

解約手数料を請求されても支払う必要がないケース

 

解約手数料

 

引越しを前日、もしくは当日に解約することになり、引越し業者に解約手数料、または延期手数料を請求された場合に、その支払いが必要かどうか確認しておくべきことがあります。

 

引越運送約款には引越し業者にも「見積書に記載した荷物の受取日の二日前までに、申込者に対して、見積書の記載内容の変更の有無等について確認を行う。」ことが定められているためです。

 

引越し業者がこの確認を怠った場合には、引越しを前日もしくは当日に解約したとしても、必ずしも解約手数料または延期手数料を支払う必要のないケースがあります。

 

解約後のダンボールはどうする?

 

解約後のダンボール

 

一旦契約した後に引越し業者を変更する場合には、気をつけなければいけないことがあります。キャンセルした場合のダンボールや梱包資材の返却については無料で引取りを行う引越し業者がほとんどですが、申込者負担で返送を要求してくる引越し業者もあります。

 

すでに使用してしまったダンボールや梱包資材がある場合には、使用した分の料金については支払わなくてはなりませんが、キャンセルした場合のダンボールや梱包資材の返却方法については見積もり時に確認しておきたいところです。

 

あらたに契約した引越し業者に、解約した引越し業者の梱包資材の返却を依頼するのもひとつの方法です。

 

内金、手付金

 

手付金

 

引越運送約款で禁止されている内金、手付金といった費用を訪問見積もり時に請求する引越し業者もあると聞きますが、そうした行為は違法にあたります。

 

万が一支払ってしまった場合でも、引越しの解約をするにあたって、引越し業者が荷主に返金をしない理由はないといえます。

 

関連ページ ⇒ 引越運送約款
関連ページ ⇒ 台風での引越し
関連ページ ⇒ 引越しの見積もりとダンボールの関係

 

1番安い引越しがわかる!人気引越し業者から最大10社の一括見積もり

LIFULL引越し見積もり(HOME'S引越し見積もり)

引越し価格ガイド

 

このエントリーをはてなブックマークに追加