引越しの午前便と午後便

引越しの午前便と午後便の違い

 

引越しの午前便と午後便

 

引越しには朝一番から引越し作業を開始する午前便と、多くの引越し業者では引越し作業開始時間の指定ができないことが契約条件になっている午後便、またはフリー便と呼ばれるものがあります。

 

同条件での引越しの場合、午後便またはフリー便を利用することで、場合によっては引越し料金が午前便の半額程度にまで割引される場合もあり、利用のしかたによっては引越し料金を大きく抑えることができます。

 

午後便、フリー便は時間指定ができない

 

時間指定ができない

 

フリー便のフリーはフリータイムの意味で使われており、荷主が好きな時間を選択できるという意味ではなく、引越し業者が都合のよい時間に引越し作業にやってくるという意味あいです。

 

午後便またはフリー便は、引越し業者の当日のスケジュール次第ということになり、引越し作業の開始が午前になる場合も午後になる場合もあります。

 

ただし規模の大きな引越しなど、条件によっては午前便しか利用できないケースがあることや、午後便またはフリー便を利用する際には時間的なリスクが伴う場合があることも知っておく必要があります。

 

午後便またはフリー便は安い、お得というイメージが強いですが、引越し作業開始時間や終了時間の読みづらい商品であるということを理解したうえでの利用が必要です。

 

午後便、フリー便のしくみ

 

午後便、フリー便のしくみ

 

午後便またはフリー便というのは、午前便を終えた作業グループがあらかじめ予定されている午後便、またはフリー便へ向かうというしくみになっており、さらに午後便またはフリー便の1件目、2件目といった具合に予定が組まれるのが一般的です。

 

午前便の引越し作業が長引けば長引くほど、また1件あたりの引越し作業が長引けば長引くほど、その日に予定された午後便またはフリー便の開始時刻は遅くなっていくことになります。

 

午後便またはフリー便では、お昼過ぎといった早い時間に引越し業者がやってくることもありますが、日付が変わってから引越し作業開始といったケースも引越しの繁忙期ではありえることです。

 

午前便しか選べない引越しもある

 

午前便しか選べない引越し

 

引越し車両を何台も使用するような規模の大きな引越しは、朝一番から開始しなければその日のうちに終わりません。こういった規模の大きな引越しの場合には、必然的に引越し業者から午前便を指定されることになります。

 

また引越しを明るいうちに確実に終わらせたいといった場合や、引越し早々近隣に迷惑をかけることになりかねない、深夜の引越し作業は避けたいといった場合には、午前便を指定するのが賢明でしょう。

 

午後便、フリー便の現実

 

午後便、フリー便の現実

 

一軒家などの規模の大きな引越しを除いて、もっとも人気のあるのがこの午後便またはフリー便を利用しての引越しです。引越し料金が安くなるならと、時間に融通を利かせることができる方には、午後便またはフリー便は大いに価値があるものといえます。

 

反面、引越し業者がやってくる時間が読めないことから、引越し当日の時間を有効に使えないといったデメリットがあげられます。

 

引越し見積もり時に営業マンは「そんなに遅くはなりません。」や、「明るいうちにはお伺いします。」というようなことを言ってくるでしょう。こういった言葉に過度の期待はしないほうが賢明でしょう。

 

関連ページ ⇒ 午後便の安さの秘密

 

1番安い引越しがわかる!人気引越し業者から最大10社の一括見積もり

引越し達人セレクト

引越し価格ガイド

 

このエントリーをはてなブックマークに追加