引越し見積もりの取り方

上手な見積もりの取り方

 

引越し業者の営業マン

 

引越しの見積もりというと、引越し業者の営業マンを家に呼んで荷物の量などを見てもらい、引越し費用を計算してもらうというイメージが一般的で、依頼する側としては受身になってしまいがちではないでしょうか。

 

また「時間がない。」などの理由から最近ではメールや電話のみのやりとりだけで引越し業者と契約するというケースも多いようです。しかし、引越し業者の営業マンを家に呼ぶ訪問見積もりを上手に活用することで、 実は引越し費用の値下げが可能になるのです。

 

引越し費用の値下げ交渉

 

引越し費用の値下げ交渉

 

引越し費用の値下げ交渉というのは、営業マンといきなり交渉してもあまり効果はないといえます。考えてみてください。理由もなく「負けろ。」 と言って負けるお店はまずないでしょう。

 

営業マンとうまく交渉するには、競合他社を引き合いに出すことです。引越し業者同士に引越し費用の値下げ競争をさせればいいわけです。営業マンに他社の見積もり費用を伝えるだけで、何もしなくても引越し費用は下がっていくものです。

 

値下げ交渉の準備

値下げ交渉の準備

 

引越し費用の値下げ交渉には、あらかじめいくつかの引越し業者の見積もりを用意します。引越し一括見積もりサイトを利用するのがおすすめです。

 

おすすめサイト引越し価格ガイド

 

引越し業者選びは、最初のメールや電話でのやりとりから始まっています。そのような応対がそのまま引越し業者の姿勢といえるでしょう。ここぞと思う引越し業者を2社ないし3社程度に絞り込めば、引越し費用の値下げ交渉準備は完了です。

 

引越し費用が安くなるしくみ

引越し費用が安くなるしくみ

 

ある程度経験を積んだ引越しの営業マンであれば、どの引越し業者がどれくらいの費用でやるか、またどの引越し業者と競り合うことになるかといったことを経験から把握しているものです。

 

引越しの営業マンに歩合制の給与体系を採用している引越し業者は多く、引越しの受注が営業マン自身の給与に直結することから、営業マン同士お互いにギリギリまで見積もり金額を下げてくる可能性が高くなるのです。

 

1社目の営業マンには2社目の見積もりを、2社目の営業マンには1社目の見積もりをという具合に、またこれを何回か繰り返すことで、その引越し業者から引越し費用の最低ラインを引き出すことができるでしょう。

 

営業マンの決めゼリフにご用心

 

営業マンの決めゼリフ

 

「今決めていただけたら、○○円にします。」 といった営業マンの決めゼリフがありますが、予定している訪問見積もりがすべて終わるまで、この甘い誘い文句には乗らないほうが賢明です。

 

他の引越し業者がもっとリーズナブルな見積もりを提示してくるかもしれません。競合他社を引き合いに出すことで、もっと引越し費用を抑えることができるかもしれません。

 

仕事ができる営業マンほどその場で契約にこぎつけようとするものですが、引越し業者に返事をするのは、すべての見積もりが出揃ってからが賢明です。

 

関連ページ ⇒ 引越しの見積もりとダンボールの関係

 

1番安い引越しがわかる!人気引越し業者から最大10社の一括見積もり

LIFULL引越し見積もり(HOME'S引越し見積もり)

引越し価格ガイド

 

このエントリーをはてなブックマークに追加