引越しの荷造り

引越しの荷造り

 

引越しの荷造り
転居先、引越し業者、引越しの日程が決まったらできるだけ余裕をもって荷造りを始めることをおすすめします。引越しの荷造りは思いのほか時間のかかる作業です。引越し予定日から遅くとも2週間ぐらい前には始めたいところです。

 

その頃には引越し業者からのダンボールなど、引越しの規模に合わせた梱包資材も届いているはずですので、引越し前夜にバタバタすることのないように準備を進めたいものです。

 

作業をスムーズに進めるための引越し荷造りのコツは、大きく分けて以下の3つです。

  1. 普段使わないものを先に、使うものを後に
  2. 玄関から遠い部屋を先に、近い部屋を後に
  3. 軽いものは大きな箱に、重いものは小さな箱に

 

普段使わないものを先に、使うものを後に

 

押入れ

 

引越しの荷造りで先に手をつけておきたいのが、普段使わないもの、または不用品が多くしまわれている押入れです。不用品の処分にも時間がかかりますので、荷造りと同時に進めていきたいところです。

 

ダンボール箱に入るものは段ボール箱に、来客用の布団などは布団袋にそれぞれ荷造りが終わった状態で引越し日まで押入れに入れておくと、部屋も広く使えその後の梱包作業をするスペースを作ることができます。

 

また歯ブラシ、洗面用具、台所用品など引越し直前まで使用するもの、タオルや石鹸、着替え、雑巾、ゴミ袋など引越し先ですぐに使うようなものは手持ちの荷物としたほうがいいでしょう。

 

転居先ですぐになかったら困るのがトイレットペーパーです。またドライバーも色々な場面で重宝する道具なので、トイレットペーパーと合わせてすぐに使えるようにしておきたいものです。

 

玄関から遠い部屋を先に、近い部屋を後に

 

間取り

 

引越しの荷造りをしている間も引越し当日までは普段どおりの生活がありますので、廊下や玄関、家族がくつろぐリビングなどが荷造りの終わった荷物で溢れ返るようなことは避けたいものです。

 

引越しの荷造りをしながら快適に暮らすためには、荷造りを玄関から遠い部屋から始めるのが賢い方法です。

 

荷造りを終えたダンボール箱などは、その場ないしその部屋に次々と積み重ねていくことになると思いますが、これを玄関近くの部屋からやってしまうと部屋に入りづらい、外に出づらいといったことになります。

 

ご家族が多い引越しなどでは、「荷造りが終わった荷物はこの部屋に。」という部屋をひとつ決めておくのも良い方法です。

 

軽いものは大きな箱に、重いものは小さな箱に

ダンボール
引越し業者が用意するダンボール箱を利用される方がほとんどだと思いますが、このダンボール箱にはサイズがあり、それぞれに適した荷物というのがあります。

 

S(小):本、食器、CD/DVD、レコードなど
M(中):おもちゃ、小物類
L(大):衣類

 

たとえば衣類用の大きなダンボールに、本やレコードなど小さくて重量のあるものを箱の容量いっぱいに詰めてしまうと、これは引越し作業員でも持ち上げることができないかもしれません。

 

仮に持ち上げることができたとしても、ダンボールの底が抜けてしまったりといったことにつながります。ダンボール箱への箱詰めの基本は、軽い物は大きな箱に、重い物は小さな箱にと覚えておきましょう。

 

荷造りの終わったダンボールには、引越し先でどの部屋に運び込むかがわかるような記載があると、引越し作業がスムーズに進みます。

 

例)2階洋間、1Fキッチン、2階6畳間など

 

引越し荷造りのコツ

 

荷造りのコツ

 

引越しの荷造りでは輸送に耐えうる箱詰めや梱包に留意する必要があります。引越し業者が箱詰めや梱包をした場合を除き、輸送後に荷物が破損していた場合などは、ダンボール箱に大きな外損がなければ荷造りをした側の責任になります。

 

荷物にはそれぞれ適した荷造りの方法があり、引越しの現場では引越し作業員に荷造りの改善を求められるケースもあります。

 

引越し作業員が実際に行う荷物にあわせた箱詰め、荷造りのコツなどをご紹介します。

 

  • 冷蔵庫

    冷蔵庫
    コンセントを抜くと庫内が外気温に戻っていく段階で結露が発生したり、冷凍庫内の霜が溶ける段階で水が出ます。引越しの前日、または遅くとも6時間程度前までに冷蔵庫、冷凍庫を空にしてコンセントを抜きます。

     

    このとき冷蔵庫、冷凍庫の扉は開けたまま底に厚手のタオルなどを敷き、結露や霜が溶けることで出た水分を吸収させ、庫内を乾燥させます。

     

    庫内に保存していた密封できない調味料類、醤油差しなどは中身を捨てたほうが無難です。ビン類などはジップロックを併用し、詰めた箱には誰が見てもわかりやすいよう赤いマジックなどでワレモノと明記しておくといいでしょう。

  •  

  • 食器類

    食器類

     

    食器類の梱包には、引越し業者が使うミラーマットとという専用の緩衝材があればベストですが、なければ新聞紙でも代用可能です。新聞紙1枚を折りたたんで軽く揉みほぐして空気を含ませてから使うのがコツです。

     

    食器をひとつずつ丁寧に包み、重たい食器を下に軽い食器を上に、お皿は平らではなく立てて並べていきます。こうすることによって上からの加重がかかった場合に割れにくくなるのです。

     

    詰め終わった箱をゆすってカチャカチャ音がするようであれば、隙間に新聞紙などを詰めて中身が暴れないようにします。

     

    食器類の箱詰めは重くなる傾向があるので、小さめの箱を使用し誰が見てもわかりやすいよう赤いマジックなどでワレモノ、または食器と書いておきましょう。

  •  

  • 衣類

    衣類
    コートやスーツなど長物衣類は、多くの引越業者の用意するハンガーBOXで、衣類をハンガーにかけたまま運ぶことができます。シワがつくことなく運べるスグレモノですが、用意していない業者もあります。

     

    引越し業者によってはタンスの中身をそのまま運ぶところ、中身は出して箱詰めを指示するところがあります。プラスチックの衣装ケースは中身が入ったままで問題ありません。

     

    着物など特殊な衣類には専用のダンボールやケースが用意されている引越し業者も多いです。衣類は大きなダンボールにたたんで平らに箱詰めするのがコツです。

     

    食器やノートパソコンなどを衣類でくるんで、衣類用のダンボールに入れるというケースがありますが、引越し作業員は衣類として荷扱いをしてしまうので、このような荷造りはしないようにしましょう。

  •  

  • テレビ・オーディオビジュアル

     

    テレビとオーディオビジュアル

     

    テレビアンテナの脱着、配線などは基本的に引越し業者の有料オプションです。コンセントの抜き差しぐらいはしてくれると思いますが、引越し業者の作業範囲は基本的に機器の運搬、設置のみとなります。

     

    テレビ・オーディオビジュアルの配線、インターネットの接続など、ご自身で行う自信の無い場合には、このような有料オプションを利用するのがいいでしょう。

  •  

  • パソコン

    パソコン

     

    パソコン購入時の外箱と緩衝材があればベストですが、多くの引越し業者は当日梱包してくれます。テレビ・オーディオビジュアルと同じく配線やインターネット接続は有料オプションとなっているところがほとんどです。

     

    また運搬時のデータ損失は引越し業者免責となりますので、大事なデータのバックアップは必須といえるでしょう。

     

    最近では引越し業者指定のインターネットプロバイダー新規加入で、引越し料金の大幅割引やキャッシュバックが受けられたり、さらには引越し料金が無料となる引越し業者もあります。

  •  

  • 本・レコード

    レコード
    本やレコードは食器類と同じく引越し業者指定のダンボール、または小さめの箱に入れるようにします。いずれも箱の中で本やレコードが動くことのないよう、隙間なく詰めるのがコツです。

     

    レコードであれば立ててできるだけ隙間なく、空いてしまった隙間には新聞紙などの緩衝材をかませます。箱の積み重ねに耐えられるよう、本やレコードと箱の上蓋には特に隙間がないよう梱包します。

     

    ダンボール箱自体が壊れてしまうので、本やレコードはくれぐれも詰めすぎないよう重さを調整することが必要です。自分が持てない重さのダンボール箱は引越し作業員も持てないかもしれないと考えましょう。

  •  

  • 机の中身など

     

    文房具

     

    机などの引き出しの中身についてはそのままでも運べますが、間違いなく輸送中に中のものが暴れてしまいます。たいていダンボール数個程度の物量で収まると思いますので、きちんと箱詰めして運んだ方が無難です。

     

    飾り棚、鏡台などの引き出しについても同様です。引き出しの中にしまうものは細かいものが多いと思いますので、箱詰めをするダンボールの内側の底、合わせ目にガムテープを貼るなどしておくといいでしょう。

  •  

  • 洗濯機

    洗濯機
    洗濯機の取り付け、取外しともに標準サービスとしている引越し業者が多いようですが、有料オプションとしているところもあります。衣類はすべて取り出し、水をきちんと抜いておきたいところです。

     

    ドラム式洗濯機の場合、輸送用の固定ねじ(輸送ボルト)がないと洗濯機が故障する可能性があります。失くしてしまった場合にはメーカーへの問い合わせをおすすめします。

  •  

  • 家具・ベッド

    ベッド

     

    家具類、ベッドは引越し業者が分解、組み立てを行うケースがほとんどです。分解、組み立てにはあらかじめ家具やベッドに付属する専用工具が必要となる場合があるので、このような専用工具は引越し後もなくさないようにしないといけません。

     

    また、現在の住居に吊り上げ、クレーン作業など特殊作業で搬入した家具などがある場合には、あらかじめ引越し業者にその旨を伝えることが必要です。

 

引越し荷造りのまとめ

 

引越し荷造りのまとめ

 

  1. 普段使わないものを先に、使うものを後に
  2. 玄関から遠い部屋を先に、近い部屋を後に
  3. 軽いものは大きな箱に、重いものは小さな箱に

 

さらにダンボールに入るものは徹底的にダンボールに箱詰めすることです。箱詰めすることでダンボールを重ねることができ、荷造りのスペースも確保できるようになります。

 

ひいては引越し当日の作業もスムーズになり、荷物破損のリスクを減らすことにもつながります。何よりきちんと荷造りされた荷物は、引越し作業員も丁寧な荷扱いをするものです。

 

関連ページ ⇒ 引越し荷造りの梱包資材
関連ページ ⇒ ダンボール箱のサイズと入れるべき荷物
関連ページ ⇒ 引越し屋さんが運べないもの
関連ページ ⇒ 重ねないでください?

 

1番安い引越しがわかる!人気引越し業者から最大10社の一括見積もり

LIFULL引越し見積もり(HOME'S引越し見積もり)

引越し価格ガイド

 

このエントリーをはてなブックマークに追加