引越し家具破損

引越し作業で破損しやすい家具と箇所

 

破損しやすい家具と箇所

 

引越し作業には家具や荷物の搬出、輸送、搬入と大きく分けて3つの作業がありますが、いずれの作業も引越し作業員にとっては気の休まるものではありません。

 

ちょっとした作業のミスで家具自体の破損やキズはもちろん、家屋の壁や廊下をキズつけてしまうことがあるからです。

 

引越し後に家具が壊れていたり、キズがついているのを見つけた場合、引越し業者に補償を求めるには3ヶ月以内の申告が必要です。

 

関連ページ ⇒ 荷物の破損・キズ・紛失

 

私の引越し作業員現役時代の経験から、引越し後に見落としやすく、引越し作業中に破損しやすい家具と箇所をまとめてみました。

 

タンスの天板・底板

 

タンスの天板

 

分解可能な洋服ダンスや和ダンスは天板、底板、本体などに分けて運搬するのが一般的です。厚さの薄い天板や底板はトラックへの積み込みの際、荷物と荷物の隙間や、荷物とトラックの隙間に立てた状態で運搬されるケースが多いです。

 

そのため天板や底板がきちんと梱包されていないと、トラックの床面との摩擦で化粧面にキズがつきやすいといえます。

 

大型家具類の底辺部

 

大型家具

 

大型家具類は引越し作業員が、横に寝かせたり立てたりを繰り返しながら運搬します。その際、床にあたる底部の一辺を支点に立てたり寝かせたりして運搬するため、重量がかかりやすく傷みやすい箇所といえます。

 

家具類の取っ手・ノブ

 

家具類の取っ手

 

家具類の取っ手やノブといった出っ張った箇所は、輸送中に他の家具や荷物と干渉しやすく、また多くが細いねじや接着剤で固定されているため、破損しやすい箇所といえます。

 

座卓

 

座卓

 

トラックに立てて積み込むことが多いため、きちんと梱包されていないとトラックの床面との摩擦でキズがつきやすいです。

 

また、引越し作業中に立てた状態で仮置きすることも多いため、引越し作業員が床にマットなどを敷かないで仮置きした場合にキズがつく場合があります。

 

家具側板のはがれ

 

家具側板のはがれ

 

合板の外側に化粧板が接着された家具など、古くなると化粧板が浮いている状態のものが多く、梱包作業中にはがれてしまうことがあります。

 

このようなケースも作業ミスであるかもしれませんが、はがれは家具の経年劣化からくるもので、多くは接着剤などで修復可能でしょう。

 

テレビのメニュー板

 

テレビ

 

運搬中や輸送中に画面下の開閉式のメニュー扉のボッチが破損しやすく、引越し後にテレビを使用するまで破損していることがわからないことが多いです。

 

ボッチの折れてしまった部分が残っていれば、接着剤で修復可能な場合もあります。

 

関連ページ ⇒ 荷物の破損・キズ・紛失

 

1番安い引越しがわかる!人気引越し業者から最大10社の一括見積もり

引越し達人セレクト

引越し価格ガイド

 

このエントリーをはてなブックマークに追加