引越し午後便フリー便

引越し午後便、フリー便の安さの秘密

 

引越しの午後便、フリー便

 

引越し作業の開始時間を引越し業者の当日のスケジュールに合わせた、引越しの午後便またはフリー便を利用すると、引越し費用は午前便を利用した場合の半額程度にまで割引されることも珍しくありません。

 

同じ作業内容であっても引越しの午前便と午後便またはフリー便では、なぜ引越し費用に大きな差があるのでしょうか。

 

実は引越しの午後便またはフリー便の安さの背景には、利用者にも引越し業者にとっても都合の良いからくりがあるのです。

 

トラックには売り上げ設定がある

 

売り上げ設定

 

多くの引越し業者ではあらかじめ、引越し車両1台1台にグロスという数値を設定しています。引越し業者によって呼び名は異なるかもしれませんが、これは引越し車両1台が1日に売り上げる目標金額のことです。

 

グロスが30万円に設定されていれば、ある1台の引越し車両が1日に30万円の引越しを1件やるか、10万円の引越しを3件やるかといった具合になります。このグロスは1ヶ月、1年といった長い期間の中での平均という大きなスタンスで捉える数値です。

 

身近なところでは、パチンコ屋さんの出玉設定などがイメージしやすいでしょうか。

 

時間と引越し費用の関係

 

時間と引越し費用の関係

 

時間のかかる規模の大きな引越しでは、1台の引越し車両が1日にこなすことのできる引越し件数は少なくなります。したがってこのようなケースの引越しでは、高めの引越し費用が設定されることになります。

 

つまり引越し業者は時間のかかる午前便でグロスに近い売り上げを確保しておき、その後に午後便またはフリー便の数をこなすことでグロスを達成、もしくはグロスに近づけるということになります。

 

引越し作業の現場で引越し作業員がバタバタと走り回っているのを見かけることがあると思いますが、これはこのグロスを確保するために引越し件数をこなす必要があるからです。

 

こういった理由から引越し費用と時間は密接な関係にあり、引越し車両の拘束時間の長い引越しは高く、拘束時間の短い引越しは安くなるということになります。

 

引越し業者にとって足の出る費用設定もある

 

足の出る費用設定

 

引越し業者としては1件あたりの引越しの拘束時間が短ければ、そのぶん多くの数をこなすことができることになります。

 

引越し車両1台あたり、その日のトータル引越し件数で1日のグロスを確保できればいいわけですから、極論としては1件あたりの引越し費用はさして問題ではないということになります。

 

引越し費用を下げてでも多くの引越し件数をこなすことができれば、引越し業者にとっては充分に利益を生み出すことができるわけです。ここに午後便またはフリー便の安さの秘密があるのです。

 

つまり引越し業者にとっては足の出る費用設定も、午後便またはフリー便の引越しには有り得るということです。

 

リスクやデメリット

 

リスクやデメリット

 

引越しの午後便またはフリー便は、引越し業者としては最大限に時間を利用して売り上げを確保することができ、引越し作業が何時になるかわからないといった時間的なリスクを別とすれば、利用者にとっても低価格でできる引越しの方法のひとつといえます。

 

しかし、引越し業者には引越し繁忙期などのかきいれ時に、需要に供給が追いつかない状態になることがあります。そのような時に真っ先に影響を受けるのが午後便、またはフリー便で、引越し作業が深夜に及ぶケースもあります。

 

作業にあたる引越し作業員にとっても、何件かの引越しを終えての引越し作業になりますので、引越し作業開始時間の遅れに加え、疲労が原因の作業ミスなどが起こる可能性も高くなるというリスクがあることも否めません。

 

引越しの午後便またはフリー便を利用するにあたっては、このようなリスクがあることも理解しておく必要があります。

 

関連ページ ⇒ 午前便と午後便の違い

 

1番安い引越しがわかる!人気引越し業者から最大10社の一括見積もり

引越し達人セレクト

引越し価格ガイド

 

このエントリーをはてなブックマークに追加