引越し業者の種類と特徴

引越し業者の種類と特徴

 

引越し業者の種類と特徴

 

引越し業務を専業で行う運送業者や、主に一般の貨物輸送を行い業務の一環として引越し業務を行う運送業者など、引越し業者にもいくつかの種類があり、それぞれに特徴があります。

 

さらに全国に展開する大手、地域密着型、軽貨物の引越し業者などに細分化することができ、引越し費用の予算や希望する引越し作業の内容に合わせて、引越し業者選びの目安とすることもできます。

 

引越し業者選びのスタンダードツール、一括見積もりサイトにはこのような引越し業者がバランスよく登録されているものが多く、より希望に見合う引越し業者を見つけることができるおすすめの無料サービスです。

 

おすすめサイト引越し価格ガイド

 

引越し専門業者

 

引越し専門業者

 

引越し専門業者とは事業として主に引越しを行う運送業者のことです。車両、設備、資材、引越し作業員の技術や教育等が充実しており、平均して安定した引越しサービスが期待できる引越し業者と言えます。

 

梱包、開梱包といった荷造りや荷解きなどのオプションサービスは、引越し専門業者ならではのサービスです。しかし業務の一環として兼業で引越し業務を行う運送業者と比較すると、引越し費用は割高になる傾向があります。

 

兼業引越し業者

 

兼業引越し業者

 

兼業引越し業者とは一般の貨物輸送が主業務で、引越しの依頼があった場合にのみ引越し業務を行う運送業者のことです。引越し作業に最低限必要な資材等は用意されている場合がほとんどですが、引越しに不慣れな運転手、作業員にあたるというケースもあります。

 

自社の社員が通常業務をやりくりして作業にあたる場合がほとんどなので、専門の人材を置かない分引越し費用は割安になる傾向があります。

 

また兼業引越し業者の中には全国に路線便を持つ大手運送業者もあり、このような運送業者の多くには引越しの専門部署があります。引越し専門業者と変わらないサービス、自社の路線便を利用した長距離の引越し料金の安さも特徴です。

 

大手引越し業者

 

大手引越し業者

 

テレビCMなどで目にする機会も多い、全国に展開する知名度の高い引越し業者のことです。誰でも知っているという安心感から利用する方も多いようです。引越しサービス全般にわたって、いわゆるあたり、はずれの波が少ないのが特徴です。

 

しかし大手、もしくは引越し専業であるがゆえにそれなりの広告宣伝費、設備投資、引越し作業員の教育などに経費がかかっている分、引越し費用は全体的に割高になる傾向があります。

 

地域密着型引越し業者

 

地域密着型の引越し業者

 

引越し業者の中で最も業者数が多く、また消費者からの需要も高いため、業者間の引越し費用の差が激しいのが特徴です。多くの地域密着型引越し業者は一件あたりの引越し費用を低く抑え、かわりに数をこなすことで収益を上げています。

 

この地域密着型引越し業者には、こなす引越し件数の多さから短期間で経験豊富な引越し作業員が育つという環境があります。また引越し費用がリーズナブルなことから、現在最も多く利用されているタイプの引越し業者です。

 

軽貨物引越し業者

 

軽貨物引越し業者

 

赤帽など軽貨物運送業者で引越しを専門にしている業者は少ないですが、一人暮らしの引越しなど、規模の小さい引越しであれば引越し費用を抑えることができます。

 

しかし軽貨物運送業者の多くは運転手がひとりでやってきて引越し作業にあたるため、運転手がひとりで運搬できない家具などの運搬には、荷主の手伝いを必須条件にしているところがほとんどです。

 

また梱包資材等は引越し専用のものを持たない業者も多く、大手引越し業者のような梱包は望めないことがほとんどです。

 

荷物の積載量も350kgと限られているのであまり多くは積めませんが、大物家具なども積むことができる車両もあり、利用の仕方によってはリーズナブルな引越しができるでしょう。

 

関連ページ ⇒ 引越し業者と運送業者
関連ページ ⇒ 白ナンバーの引越し屋さん

 

1番安い引越しがわかる!人気引越し業者から最大10社の一括見積もり

引越し達人セレクト

引越し価格ガイド

 

このエントリーをはてなブックマークに追加