引越し荷物の積み残し

引越し荷物の積み残し

 

引越し荷物の積み残し

 

引越し当日どんなトラックを使用するか、何台必要か、引越し作業員は何名必要かなど、費用に直接影響する引越しの見積もりは、担当する営業マンの手腕にかかっているともいえます。

 

しかしながら、引越しの営業マンが必ずしも経験豊富であるとは限らず、荷物の容積をトラックの大きさなどに換算する計算機を使用して、専門の知識がない営業マンが引越しの見積もりをするケースも少なくありません。

 

また、携帯電話などで撮った部屋や家財の写真をもとに契約した引越しや、電話でのやりとりのみで契約した引越しでは、お互いに荷物の量を「これぐらいだろう。」という見込みで契約することになります。

 

結果、営業マンの見積もりミスや、引越し業者と荷主双方の見込み違いから、荷物をトラックに積みきれない、一度に運びきれないといった荷物の積み残しにつながります。

 

引越し営業マンが使う引越し用の計算機

 

引越しの計算機

 

営業マンが使う引越し用の計算機は、家具のサイズや数などを打ち込むと、それを容積に換算してくれるしくみになっています。そのため、引越しについての専門的な知識がなくても必要なトラックの大きさ、台数、引越し作業員の人数などがわかるようになっています。

 

しかし、家具には分解できないものがあったり、荷物には積み重ねができないものがあったりと、様々な家具や荷物の形態に合わせての見積もりが引越しには必要です。

 

そのため、経験の浅い営業マンがこの引越し用の計算機に頼りすぎてしまうと、荷物をトラックに積みきれない、一度に運びきれないといった結果につながることがあります。

 

営業マンを自宅に呼ぶ訪問見積もりの前に、引越し費用の相場を知っておくことが大切です。引越し見積もりのスタンダードツール、一括見積もりサイトの利用をおすすめします。

 

おすすめサイト引越し価格ガイド

 

一車積み切りプランの注意点

 

積み切りプラン

 

家具や荷物をすべて運ぶのが引越しのスタンダードプランですが、引越し業者によってはトラック1台に積めるだけの荷物を運ぶという割引プランを用意しているところもあります。

 

プラン名のとおり、トラックに積めるだけの荷物を積んで、積み切れなかった荷物は引越し先まで自分で運ぶというものです。

 

乗用車などでは運べないような大きな家具類が積み残されないよう、見積もり書の家財リストに運んでほしい家具がすべて記載されているかの確認が大切です。

 

大物家具優先プランの注意点

 

大物家具

 

トラック1台に積めるだけの荷物を運ぶ一車積み切りプランに似ていますが、大きな家具を優先して運ぶという割引プランを用意している引越し業者もあります。

 

トラックに大きな家具類を積んでいき、残りのスペースにダンボールなどの荷物を積めるだけ積んで運ぶというものです。積み切れなかった荷物は引越し先まで自分で運ぶということになります。

 

乗用車などで運べるとはいえ、見込み違いから大量のダンボールや小物類が積み残される可能性があります。

 

家具や荷物を積み残されてしまったら

 

引越し荷物の積み残し

 

引越し業者は見積もり書に記載された荷物については、引越運送約款によって必ず運ばなければならないことになっています。

 

関連ページ ⇒ 引越運送約款

 

見積もり書に記載されているにも関わらず、当該荷物を積み残されるような場合にはピストン輸送など、引越し業者に対応を求めることができます。

 

自家用車をお持ちの方は、ある程度の家具や荷物もご自身で運ぶことができると思います。近くへの引越しであれば自転車や台車でもなんとかなりそうですが、遠方への引越しの場合には輸送方法を考えなければなりません。

 

郵便局のゆうパックや宅配などが利用できればいいのですが、荷物の大きさなどに制限があります。ゆうパックや宅配で送ることができないような大きな荷物、または数が多い場合などは赤帽さんなど軽自動車の運送業者を利用するのもひとつの手段です。

 

せっかく引越し業者を利用するのですから、家具や荷物をすべて運んでもらう引越しのスタンダードプランをおすすめします。引越し費用を節約するのであれば、午後便やフリー便を利用するのがいいでしょう。

 

関連ページ ⇒ 午前便と午後便の違い

 

1番安い引越しがわかる!人気引越し業者から最大10社の一括見積もり

引越し達人セレクト

引越し価格ガイド

 

このエントリーをはてなブックマークに追加