引越しトラブル

引越しトラブル 記事一覧

「形あるものは壊れる。」ということわざもありますが、引越しというのは一度に多くの形あるものを移動する大作業です。移動する物量に比例して引越し作業員が家具にキズをつけてしまったり、壊してしまったりする確率は必然的に高くなってしまうことは否めません。すべての荷物がまったく無傷で移動されるためには、搬出、輸送、搬入という過酷な条件をクリアーしなければならず、途中に階段があったり、輸送距離が長かったり、玄...

引越し作業には家具や荷物の搬出、輸送、搬入と大きく分けて3つの作業がありますが、いずれの作業も引越し作業員にとっては気の休まるものではありません。ちょっとした作業のミスで家具自体の破損やキズはもちろん、家屋の壁や廊下をキズつけてしまうことがあるからです。引越し後に家具が壊れていたり、キズがついているのを見つけた場合、引越し業者に補償を求めるには3ヶ月以内の申告が必要です。関連ページ ⇒ 荷物の破損...

引越しにまつわるトラブルの中で一般に知られていないもののひとつに、引越しのキャンセルのしくみが挙げられます。引越しの一括見積もりサイトなどを利用して、より良い条件を提示する引越し業者が新たに見つかった場合や、諸事情により引越しをキャンセル、または引越しの期日を延期するような場合もあるでしょう。引越し業者と一旦契約を結んだ引越しをキャンセルしたい、もしくは引越しの期日を延期したいといった場合には、い...

引越し当日どんなトラックを使用するか、何台必要か、引越し作業員は何名必要かなど、費用に直接影響する引越しの見積もりは、担当する営業マンの手腕にかかっているともいえます。しかしながら、引越しの営業マンが必ずしも経験豊富であるとは限らず、荷物の容積をトラックの大きさなどに換算する計算機を使用して、専門の知識がない営業マンが引越しの見積もりをするケースも少なくありません。また、携帯電話などで撮った部屋や...

見積もり書に記載された引越し料金の他に、特に見積もり書に明示されていなければ、引越し業者は引越し当日に追加料金を請求することはできません。しかし、それには申込者が積地、降し地、荷物の詳細について引越し業者に正しい情報を申告している必要があります。関連ページ ⇒ 引越運送約款積地での訪問見積もりをした場合には、営業マンが現地を確認していることから、搬出について支障が生じるようなことはまずありませんが...

引越しの荷造りや荷解きはご自身でされる方が多いと思いますが、荷物、または部屋数が多すぎて手に負えない、時間がない、身体的にきついといった場合には、引越し業者のオプションサービスを利用することができます。おまかせプランやらくらくパックなどと呼ばれる荷物の梱包、解梱包サービスは多くの引越し業者が有料オプションサービスとして提供しています。梱包のみ、解梱包のみ、指定した部屋のみといったリクエストにも応じ...

page top