引越し運べないもの

引越し屋さんが運べないもの

 

引越し作業員

 

「お兄さん、これもお願い。」と、頼めば何でも運んでくれると思っているお客さんも少なくないようですが、実は引越し業者が運べないものも少なくないんです。

 

これは引越し業者が勝手に決めているのではなく、輸送のトラブルや事故を未然に防ぐ目的で国土交通省の定める標準引越運送約款に書いてあります。

 

この標準引越運送約款に準拠した引越し業者独自の約款を使用する引越し業者もありますが、国土交通省の認可制のため消費者に著しい不利益をもたらすようなものはないと考えていいでしょう。

 

引越し業者が運べないもの

 

引越し業者が運べないもの

 

標準引越運送約款から、引越し業者が運べないものを大まかに抜粋してみます。

 

  • 現金、有価証券、宝石貴金属、預金通帳、キャッシュカード、印鑑等荷送人において携帯することのできる貴重品
  • 火薬類その他の危険品、不潔な物品等他の荷物に損害を及ぼす恐れのあるもの
  • 動植物、ピアノ、美術品、骨董品等運送に当たって特殊な管理を要するため、他の荷物と同時に運送することに適さないもの
  • 壊れやすいもの(パソコン等)、食品などの変質もしくは腐敗しやすいものは申告と点検が必要

 

現金や貴重品は必ず携帯すること

 

現金

 

現金や貴重品については営業マンがしっかりと念を押してくれているせいか、ウチの会社では「お金がなくなった。」というトラブルは一度もありません。

 

仮に現金等をどこかのダンボール箱に入れて、引越し後にその現金がないという申し出は通らないことになります。そのようなトラブルを防ぐために引越運送約款があるんです。

 

引越しの現場でありがちな問題

 

問題

 

冬場の引越しで多いのが灯油ストーブの問題。たいていは引越し前日、ないし直前まで使っていたりするもの。タンクに灯油が残っている状態では運べません。

 

引越運送約款の火薬類その他の危険品に該当することもありますが、輸送中の振動でタンクの灯油が溢れ出すからです。タンクの灯油をポリタンクに戻せば灯油ストーブ本体は運べますが、ポリタンクは運べないことも覚えておきたいところです。

 

ベランダのプランターや植木鉢も引越運送約款に基づけば拒否してもいいのですが、ウチの会社ではトラックの荷台にスペースがあれば臨機応変に対応して運んでいます。金魚などの小動物については死亡免責という条件で運ぶこともあります。

 

パソコンなどはテレビと一緒で、当日引越し作業員が梱包する引越し業者が多いのではと思いますが、購入時の箱があれば一番安心でしょう。データのバックアップは言うまでもなく必須です。

 

やっかいな荷物

 

運ぶのがやっかいな荷物

 

現場の引越し作業員にとって悩ましいのが調味料。このまま運んだら漏れる、割れるの線引きが難しいのです。使いかけの液体調味料系は食器類と同じく丁寧な梱包が求められます。

 

日本人形ケースも引越し業者にとってはやっかいな荷物のひとつです。日本人形そのものもデリケートな作りが多いうえ、ケースのガラスも薄いものが多いためです。人形とケースの隙間に緩衝材をいれてダンボールで囲ったり、助手席の引越し作業員に輸送中持たせたりしたこともあります。

 

引越しの現場ではなかなか実際「引越運送約款により運べません。」とは言いづらいのが現実でしょう。お願いすれば植木鉢ぐらいは運んでくれる引越し業者は多いと思います。

 

関連ページ ⇒ 引越しの荷造り
関連ページ ⇒ 引越運送約款

 

この記事は当サイト管理人が引越し作業員として経験したさまざまな事柄を、個人的な主観、視点、思考に基づいて書いたものです。

 

記事に含まれる内容の再現性、可能性や、特定の引越し業者の推薦、批判をするものではありません。

 

安い引越し業者が見つかる!引越しの一括見積もり


ポイントを教える女性


同じ引越しなのに業者によって費用が違う!


だから、見積もりを比較することが大事なんです。


おすすめは引越し業者が選べるLIFULL引越し!


最短45秒サカイ、アート、アリさん、日通、クロネコヤマトなどへ見積もり依頼ができます。


引越し業者バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加  
page top