引越しご祝儀

引越しご祝儀と引越し作業員の関係

 

引越しのご祝儀
引越し業者によっては、お客さんからのいわゆるご祝儀ないし心づけの受け取りを禁止しているところもあります。

 

ただ、それも建前的な色が濃いらしく、実際の現場では半々ぐらいで引越し作業員がご祝儀を受け取っているような気がします。

 

ウチの会社はご祝儀の受け取りには何の決まりもありませんが、たとえ禁止されていたとしても自分は受け取るだろうなと思います・・・。

 

「会社の規則ですから・・・。」で断ってもいいのかもしれませんが、素直に「ありがとうございます!」のほうがなごやかな雰囲気になると思えるのは自分だけではないと思います。

 

気になるご祝儀の相場は?

 

ご祝儀の金額

 

ご祝儀ゲット率は平均すると引越し3件に1件ぐらい、年配のお客さんのほうがご祝儀ゲット率、金額も高めといったところでしょうか。

 

ちなみに最高額は1件でひとり1万円というのがありました。この時は時間のかかる2人作業で、後日会社にお礼の手紙と一緒に二人あてのご祝儀が届きました。この仕事のやりがいを感じる瞬間でもあります。

 

平均すると1件あたり1人500円〜3,000円ぐらい、一番多いのが1,000円札一枚ずつを寸志(ポチ)袋、あとはティッシュにくるんでという形でしょうか。

 

ご祝儀を渡すならいつがいい?

 

ご祝儀を渡すタイミング

 

ご祝儀を渡す際には作業前に全員に手渡しがベストです。

 

なぜかというと引越し作業員も人の子、良くしてくれる人にはお返しをしようという心理が働くものです。

 

また、全員分のご祝儀をリーダーにまとめて渡すというのはよくありません。高確率でリーダーがすべて自分の懐に入れるのを嫌というほど見てきました。

 

では、ご祝儀を手にした引越し作業員の心の叫びを金額ごとに聞いていただきたいと思います。

 

500円→「・・・。」

 

1,000円→「ラッキー♪」

 

2,000円→「おっ♪♪」

 

3,000円→「こんなに〜♪」

 

そして言葉遣いと声のトーンは次のようになると思われます。

 

500円→「お客さーん!!」

 

1,000円→「お客さ〜ん♪」

 

2,000円→「お客さん♪」

 

3,000円→「お客様♪」

 

引越し作業員も人の子ですから・・・。

 

ご祝儀の相場は1,000円前後

 

ご祝儀の相場

 

ウチの会社には午前便を降ろすまでは昼飯はタブーという暗黙の掟があるがゆえ、「お昼代の足しに・・・。」といただいたご祝儀の出番はたいてい夕方になってしまいますが、およそ一食分をまかなえる1,000円のご祝儀は十分にありがたいものです。

 

また、引越し作業中の飲み物やお弁当の差し入れなどの心遣いも、充分ご祝儀の代わりとなり得るものです。

 

ご祝儀の考え方は人それぞれ、もしも引越し作業員のご祝儀の金額に悩むようであれば、一人あたり1,000円程度が適当かと個人的には思います。

 

関連ページ ⇒ ご祝儀(チップ)について
関連ページ ⇒ 引越し作業中の差し入れ

 

この記事は当サイト管理人が引越し作業員として経験したさまざまな事柄を、個人的な主観、視点、思考に基づいて書いたものです。

 

記事に含まれる内容の再現性、可能性や、特定の引越し業者の推薦、批判をするものではありません。

 

安い引越し業者が見つかる!引越しの一括見積もり


ポイントを教える女性


同じ引越しなのに業者によって費用が違う!


だから、見積もりを比較することが大事なんです。


おすすめは引越し業者が選べるLIFULL引越し!


最短45秒サカイ、アート、アリさん、日通、クロネコヤマトなどへ見積もり依頼ができます。


引越し業者バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加  
page top