引越し費用

引越し費用はなぜ月末に高くなる?|家賃、給料日、新入社員との関係

投稿日:

月末の引越し料金が高くてなぜだろうかと考えている人
月末の引越しは高いからやめたほうがいいよ・・・。

月末は引越し屋さんが見つかんないんだよね・・・。

こんな話を聞いたことがある人も多いんじゃないかと思いますが、どちらも正解、私が現場に出ていた時もどの月末も3月、4月の繁忙期と変わらない忙しさでした。

引越し費用は需要と供給のバランスで決まる部分が大きく、引越し屋さんが忙しくなれば費用も高くなるという傾向があります。

月末に引越しが集中するのも費用が高くなるのも、その多くが賃貸物件の前家賃に関係があり、損をしたくないという人の心理が働くためです。

また月の下旬が給料日である企業が多いこと、中途採用、新入社員の多くが月の1日付で配属されることなども月末に引越しが集中する要因になるんです。

このページでは月末に引越し費用が高くなる理由と、月末の引越しを安くする方法についてご紹介します。

賃貸契約の家賃のしくみ

賃貸物件を契約すると月々の家賃は前払いというケースがほとんどだと思います。

口座からの自動引き落としやATMからの振り込みで、多くは『前月の○日まで』と期限が指定されますよね。

このような前家賃支払いの契約が物件を退去するときまで続くわけですが、この前家賃というしくみが引越しでは少々やっかいなんです。

前家賃は返金されない

賃貸契約書を見れば記載があるはずですが、一度支払った家賃を契約者都合で解約しても返金してくれるような不動産管理会社はありません。

月の途中で部屋を退去すると、住んでいないにも関わらず家賃を支払うという形になってしまうんです。

入居するときは家賃を入居日からの日割り計算にしてくれる不動産管理会社は多いですが、退去するとき一度支払った家賃を日割りで返してくれる良心的な不動産会社は少ないはずです。

住んでもないのに家賃を取られるなんて、こんな無駄なお金は払いたくないですよね?

では、どうするか・・・。

今の部屋にギリギリまで住んでから引っ越そう。

多くの人がこのように考えるわけです。

すでに支払った家賃分、元を取ってから新居へ移ろうという考えるんですね。

結果、月末に引越しが集中することになり、費用が安くなりづらいということにつながります。

月末の引越しが高いと言われるのには、このような背景があるためです。

ポイント

  • 月末の引越しの多くが賃貸契約によるもの。
  • 家賃分の元を取ろうと月末まで住む人が多い。

退去の連絡はおよそ1ヶ月前まで

引越しが決まったら一番最初にやるべきことは何か知っていますか?

業者を探すことでも荷造りをすることでもなく、不動産管理会社や大家さんへの退去の連絡なんです。

賃貸契約書を確認する必要がありますが、不動産管理会社や大家さんへの退去の連絡は退去日の1ヶ月前までとするケースが多いです。

退去の連絡は現在の入居者が退去したあと、原状回復やあらたな入居付けといった作業が必要になるため、2ヶ月前まで、3ヶ月前までとしているところもあります。

決められた期日までに退去の連絡をしないと、どうなるか・・・。

引越したあとも住んでいないのに丸々1ヶ月分の家賃を支払う必要があったり、新居と旧居の二重家賃の支払いをしなければならないといったことになりかねません。

住んでいないのに家賃を取られるなんて、こんなばかばかしいことはありません。

引越しが決まったら、まずは退去の連絡をすることと覚えておきましょう。

ポイント

  • 引越しが決まったら一番最初にすることは、不動産管理会社や大家さんへの退去の連絡。

給料日と引越しの関係

私の小学校からの友人に床屋さんがいるのですが、給料日あとに来るお客さんは多いという話をしてくれたことがあります。

散髪はけっして無駄遣いではないのですが、『お財布に余裕があるうちに床屋に行こう』と考える人は今でも多いんですね。

給料日を数字の5や10がつくきりのいいゴトー日(5日、10日など)にしている企業は多く、特に月末の25日が給料日となっているところは多いですよね。

なので、友人の床屋さんには25日の夕方だとか、給料日以降月末にかけての夕方には会社帰りに散髪に来るお客さんが増えるということです。

散髪代と一緒で、家計のお財布に余裕があるうちに引越し費用を捻出しておけば、そのあとの生活が楽になりますよね。

そのため給料が入ってから引越しをしたいと考える人は多いんです。

この月末の給料日というのが賃貸物件の退去のタイミングとも重なって、月末の引越し需要を高める要因になっているんです。

最近ではクレジットカード払いに対応する業者も増えていますが、費用の支払いは現金のみという業者はまだまだ多いです。

まとまった現金での出費が必要な引越しは、多くの人にとって給料日以降の月末が最適なタイミングでもあるんです。

多くの人にとって都合がいいということは、それだけ引越しも集中することになり費用も高くなりやすいという背景が生まれることになります。

ポイント

  • 多くの人が家計に余裕のあるときに引越しをしたいと考える。
  • 月末の給料日以降、引越しが集中するため費用が高くなりやすい。

社員の引越しは月末に集中する

新社会人の就職や中途採用の新人の会社への配属は、多くの場合月の1日付で行われます。

つまり、入社月の1日に出社するために引越しが必要な新入社員は前月末までに会社の寮へ入ったり、通勤圏内に新居を構えることになるわけです。

しかも配属に伴う引越し費用は会社が負担してくれるケースが多く、費用にはシビアでないことがほとんどです。

そのため見積もりが高いからといって時期をずらしたり、価格の交渉をしたりすることもないため、費用が高くても月末に引越しをするという流れになるんです。

自分で引越し費用を払う必要がなければ、わざわざ見積もりを安くする交渉をしたり、安くなる日を選ぶ必要はありませんよね。

このような会社がらみの引越しでは、自分にとって都合のいい日を選ぶということになります。

多くの人にとって『自分にとって都合のいい日』というのは、言い換えると『自分が損をしないこと』が成り立つ日です。

『賃貸契約の家賃のしくみ』でもご紹介しましたが、現在賃貸物件に住んでいる人はすでに1ヶ月分の家賃を不動産管理会社に納めているわけです。

もしも、月の途中で退去すると1ヶ月丸々住んでいないわけですから、『支払った家賃の元を取っていない』という損得勘定が生まれることになります。

あらたに就職する会社が引越し費用を持ってくれるとしても、『ギリギリまで住んで払った家賃の元を取ろう』という考えが、月末に引越しが集中することにもつながっているんです。

賃貸物件の前家賃支払いという人の損得勘定にくわえ、新入社員の配属による引越しが重なり、月末の引越し需要はさらに高まることになるのです。

需要が高まれば業者にとっては安い見積もりを提示する必要がなくなるため、費用は高くなりやすいということになるんです。

ポイント

  • 賃貸物件の前家賃支払いという損得勘定から月末は引越しが集中する。
  • 月の1日付で出社する新入社員の引越しが月末に集中する。

月末の引越しを安くする方法

賃貸物件の前家賃との関係や給料日、企業の新人入社とのタイミングが合う月末に引越しが集中するのは、社会生活を営んでいれば必然と言えるかもしれません。

需要と供給のバランスで費用が変わるのが引越しなので、引越しが集中する月末は当然費用も高くなりやすい傾向にあります。

実は、少しの工夫で月末の引越し費用を安くすることもできるんです。

月末の引越し費用を安くする方法

  • 末日をはずす
  • 最終週の土日をはずす
  • 日割りやフリーレントを活用する

末日をはずす

月末の中でも30日、31日といった月の最終日は『この日までに転居を完了しなければいけない』人たちの引越しが一気に集中する日です。

土日、平日にかかわらず月の末日は3月、4月の繁忙期並みの忙しさになる業者も少なくありません。

特に賃貸物件の前家賃で損得勘定をする人の多くが月の末日での引越しを考えるため、業者が手配できないケースもあるほどです。

また30日、31日といった月の末日が週末とも重なるような日取りの場合には、休みを利用して引越しをしようと考える人も加わることになり、引越し需要はさらに高まることになります。

当然費用も安くはなりづらいため、月の最終日をはずすことが値段を抑えるポイントです。

費用を安くするポイント

  • 30日、31日といった月の最終日をはずす。

最終週の土日をはずす

会社や学校を休んで引越しをしようと考える人よりも、休みを利用して引越しをしようと考える人のほうが圧倒的に多いんです。

そのため月末に限らず土曜日、日曜日といった週末には引越しが集中することになります。

特に人気のある日程が25日の給料日以降の週末です。

年間を通して引越しが一番集中するのは、どの月も最終週の土日なんです。

業者も月の最終週末に引越しが集中することを見越しての受注をするので、当然料金も高くなりやすいんですね。

月末の引越しでは、月の末日とも最終週の土日とも重ならない、月の下旬の平日がねらい目なんです。

費用を安くするポイント

  • 月の最終週の土日をはずす。
  • 費用が安い月の下旬の平日がねらい目。

日割りやフリーレントを活用する

入居するときは家賃を入居日からの日割り計算にしてくれる大家さんは多いですが、退去するときに家賃を日割りで返してくれる大家さんは少ないのが現実です。

しかし、月の初旬に退去予定だとか、引越しの予定が数か月前にわかっている場合などは、不動産管理会社などにダメもとで家賃の日割りを相談してみるのも手です。

また入居後数か月分の家賃が無料になるフリーレント物件などを選べば、月の途中の退去であっても新居と旧居の家賃二重払いを防ぐ手段のひとつと言えます。

このように退去時の家賃の日割りやフリーレント物件などをうまく活用すれば、月末であってもトータルで引越し費用を抑えることが可能になるんです。

費用を安くするポイント

  • 不動産管理会社や大家さんに退去時の家賃の日割り計算を相談する。
  • 数か月分の家賃が無料になるフリーレント物件を選ぶ。

相見積もりで引越し費用を安くする

月末の引越し費用を安くするときに活用したいのが、複数業者の見積もりが比較できる一括見積もりサイトです。

簡単に複数の業者比較ができるネット見積もりが普及した現在、業者も利用者があらかじめ相見積もりをすることを前提に費用の提示をしてきます。

つまり、引越し業者が最初から最安値を出すことはないと思ったほうがいいんです。

言い換えると、いくつかの業者の見積もりを比べることなく1社の見積もりのみで契約をするというのは、相場よりも高い価格で業者を選ぶことになりほぼ確実に損をすることになります。

これは月末に限ったことではなく、現在引越し業者を選ぶとき一括見積もりサイトを使わない人のほうが少ないんですよ。

なぜなら、一括見積もりサイトは複数の業者の見積もりが取れることから、業者を選ぶツールとしてだけではなく、自分の引越し費用の相場を知ることができるツールでもあるためです。

ただ、無料で便利なのはわかっていても一括見積もりサイトの利用に次のような不安を持つ方も少なくありません。

見積もりサイトのココが不安

  • 見知らぬ業者から大量のメールが送られてくるんじゃないか。
  • ひっきりなしに業者から電話がかかってくるんじゃないか。

たしかにサイトによっては10通ものメールが業者から届いたり、短時間の間に電話が集中してかかってくるというところもあります。

また複数の見積もりサイトを同時に利用したりするとメールや電話の量も増えるため、人によっては迷惑メール、電話攻撃という印象を受けるかもしれませんね。

管理人
一括見積もりサイトの利用はひとつで十分ですよ。

おすすめ一括見積もりサイト

このサイトは2004年から運営していて、これまで多くの一括見積もりサイトを見てきましたが、現在自信を持っておすすめできるのはたったの2つ、以下のようなサイトです。

おすすめする見積もりサイトの特徴

  • 見積もりが欲しい引越し業者だけを選ぶことができる。
  • メールのみで完結。業者から電話がかかってこない。

LIFULL引越し

LIFULL引越しは登録業者数が約130社と多すぎず少なすぎず、サービス内容や料金の比較がしやすいのが特徴で、どの引越し業者を選べばよいのか迷うことがありません。

荷物の量や部屋の間取りなどわかりづらい項目の入力が任意となっており、初めて引越しをする方や初めて一括見積もりサイトを使う方でも利用しやすいサイトです。

また、送信画面で見積もりを依頼したい引越し業者を選ぶことができるので、業者から大量のメールが送られてくる、電話がひっきりなしにかかってくるといった心配がありません。

赤帽など軽自動車を使った格安業者が登録されているのもLIFULLの強みです。軽貨物業者から大手業者まで幅広く見積もりを取ることができるバランスの取れた一括見積もりサイトです。

引越し業者が選べる見積もりサイト

LIFULL引越し

LIFULLからの申し込み限定でお米やミネラルウォーターなどのプレゼント、費用割引などの特典を用意している業者も多く、最大50%も費用が安くなるケースもあります。

おすすめLIFULL引越しで一括見積もりする!

SUUMO引越し

SUUMO引越しをおすすめする一番の理由は、電話番号の入力が不要なことです。メールだけで引越し業者からの見積もり提示もやり取りも完結します。

一括見積もりサイトを利用すると折り返し業者から連絡が入りますが、対応が早い業者だったりすると見積もり依頼から数分後には電話がかかってくるようなこともあります。

また見積もり依頼送信時に、日中は電話対応が難しいため連絡はメールでと付け加えたにもかかわらず、電話で連絡してくる業者も少なからずあります。

電話で引越し業者と話すことが気にならないという方はもちろん、煩わしいやりとりはしたくないという方にもSUUMOはおすすめです。

電話番号入力が必要ない見積もりサイト

SUUMO引越し

SUUMOも見積もりフォーム送信画面で見積もりを依頼したい引越し業者が選択できます。業者からの連絡をメールに限定できるという、忙しい方にもおすすめの一括見積もりサイトです。

おすすめSUUMO引越しで一括見積もりする!

まとめ

月末に引越し費用が高くなるのは以下のような要因があるためです。

月末に引越し費用が高くなる理由

  • 賃貸物件の前家賃支払いの関係で、元を取ろうと月末ギリギリまで旧居に住む人が多い。
  • 家計の財布に余裕ができる給料日以降に引越しをしようという人が多い。
  • 月の1日付で配属される中途採用や新入社員の引越しが月末に集中する。

月末の引越し費用を安くするには以下のような方法があります。

月末の引越し費用を安くする方法

  • 末日をはずす
  • 最終週の土日をはずす
  • 日割りやフリーレントを活用する
  • 一括見積もりサイトを活用する

多くの方にとって都合がいいのは月末の引越しになりますが、その理由の多くが人の損得勘定です。

ちょっと日程をずらすなどして、月末でも上手に引越しができればいいですね。

無料の一括見積もりをする

以上、『引越し費用はなぜ月末に高くなる?|家賃、給料日、新入社員との関係』を最後までお読みいただきありがとうございました。

このページが役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

-引越し費用

Copyright© 引越しのウラオモテ , 2018 All Rights Reserved.