引越しの見積もり

引越し見積もりで失敗しないコツ|営業マンを見極める5つのポイント

更新日:

引越し営業マンを見極める

ネットの普及とともに、最近は家族の引越しでも単身の引越しでも一括見積もりサイトを利用して引越し業者を選ぶ人が増えています。

かつて電話帳をめくりながら1件1件引越し業者に電話をしていたころと比べると、一括見積もりサイトは利用者にとって選択肢が増えた上に手間もかからないといいことづくめです。

ネットの一括見積もりを使えば、簡単に多くの引越し業者から相見積もりが取れるため、できるだけ料金の安い業者に頼もうとする人も珍しくありません。

しかし、安ければいいという引越し業者の選び方には落とし穴もあるんです。

このページでは引越しの見積もりからトラブル解決に至るまで、引越しの質に深くかかわる営業マンの重要性についてご紹介します。

相見積もりをしても安さだけで選ぶのはNG!

費用の安さだけを売りにしていて、作業の質が全然伴っていないという引越し業者も少なからず存在します。

営業マンは1件でも多くの引越しを取るのが仕事なので、調子のいい文句ばかりならべ、ときに次のようなセリフを話すこともあるでしょう。

何でも運びます!
追加料金はいただきません!

しかし、当日作業に来るスタッフには見積もりの際営業マンが約束をした、こちらの要望や事情が伝わっておらず追加料金が発生するというケースもあります。

追加料金を払って済めばまだいいほうで運んでもらえない荷物が大量に残された、新居まで運んだものの部屋に入れられない家具があったという例もあります。

私の作業員時代には実際、2階にキッチンがある家なのに営業マンが確認をしなかったために、冷蔵庫を2階に搬入することができなかったこともあります。

また、見積もりが極端に安い引越し業者の場合、本当の基本プランだけの値段を提示しておき、ちょっとした作業ですらオプション料金が発生してしまうようなケースもあります。

自分たちの引越しで本当に必要なサービスは何なのかよく考え、見積もりの安さだけに惑わされないように注意が必要です。

そして営業マンとの口約束はあてにならないと肝に銘じておきましょう。

営業マンの人柄チェックが大切なわけ

本当に信頼できる引越し業者か見極めるには、業者の顔とも言うべき営業マンの人柄チェックが有効です。

営業マンが引越し作業を担当するわけではありませんが、引越し当日にアクシデントがあった場合は、営業マンが解決の窓口になります。

引越し後に家具や荷物の破損がわかった場合も、トラブル解決や補償の窓口は見積もりを担当した営業マンです。

また、荷造りの最中に最初に思っていたよりも荷物が増えてしまって、プランを変更してもらいたい場合などもあるかもしれません。

訪問見積もりに来てもらった営業マンが、話していて嫌な気持ちになる、強引すぎるなど相性が悪いといった話はよく聞くものです。

『この営業マンになら自分の引越しを任せてもいい』と思えるようでないと、万が一トラブルが起きた時など不安になりますよね。

いい営業マンに出会うことができれば、引越しはほぼ成功と言っていいぐらい営業マンを見極めることは大切なことなんです。

いい引越し営業マンの特徴

『いい営業マンを選べばいいのはわかったけど、じゃあどうやって見極めるのさ?』となるかと思いますが、私が営業マン時代に会社から心得として教わったことをまとめています。

いい営業マンを見極めるチェックポイントは5つです。

基本マナーができている

引越しの営業マン云々の前に、まず社会人としての基本マナーがしっかりとできていること、これを確認することが何より大切です。

訪問見積もりは約束の時間通りに来てくれたか、最初の挨拶やきちんとした言葉遣いができているかなど、なかには当たり前のことができていない営業マンがいるかもしれません。

また、こちらの話を真剣に聞いてくれる人か、質問にきちんと答えてくれる人かも大切です。面倒くさそうにしたり、威圧的な態度を取るような営業マンはコミュニケーション能力に問題があるといえます。

引越しは荷造りや手続きなどただでさえやることが多く大変なのに、コミュニケーション能力の低い営業マンが担当ではスムーズな引越しとはいかなくなるかもしれません。

何より万が一のアクシデントが起こったとき、コミュニケーションがうまく取れないのであれば、その営業マンではほとんど頼りにならないでしょう。

他社の悪口ばかり言わない

訪問見積もりのとき他社と相見積もりをしているとわかったら、営業マンは一生懸命自社のアピールをしてくるものです。

引越しの見積もりは無料と決まっていますが、営業マンもボランティアで見積もりに来ているわけではなく、できればその場で契約をまとめて会社に戻りたいと思っています。

ですから、自社サービスの良さを他社と比較して利用者に説明するのは当然なのですが、あまりにも他社の悪口ばかり言うのは品位に欠けていると言えるでしょう。

本当に魅力ある自社のサービスを提供できるなら、営業マンはあえて他社の悪口を言う必要はないはずです。

転居先についてのヒアリングが細かい

いい営業マンは自社サービスのメリットだけでなく、引越し先の状況確認にも余念がありません。

ほとんどの場合、引越しの見積もりは旧居のみで行うため、営業マンが引越し先の下見をすることはまずありません。

旧居の作業環境や荷物の量から営業マンは見積もり費用を計算しますが、引越し先の状況は依頼主からきちんとヒアリングをしなければわかりません。

営業マンが依頼主からきちんと確認して作業スタッフに申し送りしていないと、引越し当日にトラブルになることもあります。

転居先が一戸建てなら部屋の間取りや廊下、階段の幅について詳しい情報が必要ですし、マンションであれば、荷物の運搬にエレベーターが使えるのかなどで、必要な作業員の数や費用が大きく変わります。

またマンションなどであれば共用部分への養生が必要か、作業届はいつまでに提出すればいいかなどを確認する必要があります。

引越し当日、家具類の吊り作業が必要なことがわかった場合など、見積もりには含まれない作業になるため追加費用が発生してしまうようなこともあります。

お客様思いのいい営業マンというのは、引越し当日すべての作業がスムーズに済むよう細心の注意を払います。

仕事を取ろうと調子のいいことを言う営業マンも確かにいますが、引越し当日に現実を突きつけられ困るのは依頼主です。

『何でも運びます!』『何でもやります!』と調子のいいことばかりを言う営業マンには注意が必要です。

引越運送約款を説明してくれる

約款(やっかん)とは何かの契約をする時に、お互いの責任の範囲を明確に書き定めた書類のことです。引越しでは見積もりの際引越し業者が『引越運送約款』を提示する決まりになっています。

引越し業者の中には見積もり書の裏面に約款を印刷しているところもあり、見積もり書を渡すことで約款の提示としているところもあります。

しかし、引越運送約款は細かい文字で一般になじみのない難しい言葉が使われており、すべてに目を通す方は少ないのが現実でしょう。しかし、約款は消費者の権利を守る大切な書類です。

お客様思いのいい営業マンというのは、普通の人が約款を読むのが苦手なことくらいきちんと心得ているものです。

全部を説明する時間はないとしても、特にトラブルになりやすい『キャンセル』や『荷物の追加』など、利用者にとって不利益になりやすい事項をわかりやすく説明してくれるはずです。

引越運送約款について何の説明もせず、ただ『読んでおいてください』というだけの営業マンよりも、あえて利用者が不利益を被らないようにアドバイスしてくれる営業マンのほうが断然信頼できますよね。

引越運送約款について提示も説明も一切ない営業マンというのは論外です。

こまめに連絡してくれる

万が一アクシデントが発生したとき、一番頼りになるのは見積もりを担当した営業マンです。

引越し業者に訪問見積もりに来てもらったものの、その場で即決せずにほかの業者の見積もりも聞いてから決めると返事をすることが多いと思います。

その後もこまめに進捗状況を聞いてくる営業マンは面倒見がいいと判断できます。

仕事を取りたいという思惑もあるはずですが、一度かかわったお客さんのその後を気にする営業マンは、万が一の際にも頼りになるものです。

他社に決めた後もしつこく連絡してくるというようでは困りますが、『ちょっとしつこいな』と感じるぐらいの営業マンがおすすめなんです。

引越しの見積もりは多めに

引越しの営業マンというのは歩合制の会社も多く、毎日が外回りのきつい仕事です。そのため一人前の営業マンになる前に辞めてしまうことが多い仕事でもあります。

私が引越し会社で働いてきた経験上、いい引越し業者の優秀な営業マンにはなかなか出会えないと思います。

最初に自宅にやって来た営業マンが、お客さん思いのいい営業マンではない可能性のほうが高いかもしれません。

いい営業マンに出会いたいのであれば、見積もりをたくさん取るしかありません。営業マンとの出会いが多ければ多いほどいい営業マンに出会う確率は高まります。

引越し一括見積もりサイトを利用すれば、いい営業マンに出会う確率も高まるはずです。引越しの見積もりは最初の1社で決めず、複数社を比較することが大事です。

訪問見積もりに呼ぶ引越し業者の数は4~5社が適当です。営業マンを見極める5つのポイントを忘れずにチェックしてみてください。

おすすめ一括見積もりサイト

複数業者の見積もり比較が手軽にできる一括見積もりサイトは数多くありますが、どのサイトを選んでも『一度に複数の引越し業者に見積もり依頼をする』という機能に大きな差はありません。

しかし、サイトによって登録されている業者数に大きな差があったり、家族の引越し向き、単身の引越し向き、長距離に強いなど業者の得意な引越しのタイプに偏りがあるサイトもあります。

引越し業者を選ぶ前に一括見積もりサイトを選ぶのに疲れてしまう、なんていうのは本末転倒です。このサイトではバランスの取れた一括見積もりサイトを2つご紹介しています。

LIFULL引越し

LIFULL引越しは登録業者数が約130社と多すぎず少なすぎず、サービス内容や料金の比較がしやすいのが特徴で、どの引越し業者を選べばよいのか迷うことがありません。

荷物の量や部屋の間取りなどわかりづらい項目の入力が任意となっており、初めて引越しをする方や初めて一括見積もりサイトを使う方でも利用しやすいサイトです。

また、送信画面で見積もりを依頼したい引越し業者を選ぶことができるので、業者から大量のメールが送られてくる、電話がひっきりなしにかかってくるといった心配がありません。

赤帽など軽自動車を使った格安引越し業者が登録されているのもLIFULL引越しの強みです。軽貨物業者から大手引越し業者まで幅広く見積もりを取ることができるバランスの取れた一括見積もりサイトです。

引越し業者が選べる見積もりサイト

LIFULL引越し

LIFULL引越しからの申し込み限定でお米やミネラルウォーターなどのプレゼント、費用割引などの特典を用意している引越し業者も多く、最大50%も費用が安くなるケースもあります。

おすすめLIFULL引越しで一括見積もりする!

SUUMO引越し

SUUMO引越しをおすすめする一番の理由は、電話番号の入力が不要なことです。メールだけで引越し業者からの見積もり提示もやり取りも完結します。

一括見積もりサイトを利用すると折り返し引越し業者から連絡が入りますが、対応が早い業者だったりすると見積もり依頼から数分後には電話がかかってくるようなこともあります。

また見積もり依頼送信時に、日中は電話対応が難しいため連絡はメールでと付け加えたにもかかわらず、電話で連絡してくる業者も少なからずあります。

電話で引越し業者と話すことが気にならないという方はもちろん、煩わしいやりとりはしたくないという方にもSUUMO引越しはおすすめです。

電話番号入力が必要ない見積もりサイト

SUUMO引越し

SUUMO引越しも見積もりフォーム送信画面で見積もりを依頼したい引越し業者が選択できます。業者からの連絡をメールに限定できるという、忙しい方にもおすすめの一括見積もりサイトです。

おすすめSUUMO引越しで一括見積もりする!

まとめ

引越しが成功するか失敗するかは担当する営業マンにかかっているといっても過言ではありません。引越し業者を選ぶというのは営業マンを選ぶことと言ってもいいでしょう。

いい引越し営業マンを見極めるべきポイントは以下の5つです。

  • 基本マナーができている
  • 他社の悪口ばかり言わない
  • 転居先についてのヒアリングが細かい
  • 引越運送約款を説明してくれる
  • こまめに連絡してくれる

いい営業マンと出会うためには多くの見積もりを取ってみることです。手間のかからない一括見積もりサイトをおすすめします。

営業マンを見極める5つのポイントを忘れずに、素敵な思い出の残る引越しをしてくださいね。

引越し業者おすすめランキング
引越し業者おすすめランキングTOP5|利用者の口コミと評価

みんながすすめる引越し業者を探しているなら、このページはお役に立てると思います! 引越し業者を選ぶとき、一括見積もりサイトでいくつかの業者を比較することが大事とよく言われますが、見積もりだけでは業者の ...

-引越しの見積もり

Copyright© 引越しのウラオモテ , 2018 All Rights Reserved.