引越しの見積もり

日通のリモミ。使える人はどんな人?訪問不要リモート見積もりの詳細

日通のリモミ利用条件と詳細

日本通運の引越し見積もりが、オンラインでできます。

引越は日通のリモート見積もり、略して「リモミ」

訪問見積もりをしなくても、オンラインでスタッフが部屋の様子などを確認して見積もり書を作成してくれます。

利用者はスマホやタブレットで部屋の様子などをビデオで撮影します。

このページでは、リモート見積もりを利用できる条件や詳細をお伝えします。

ゴールデンウィークの営業体制

【引越サービス】
休業日:2021年5月3日(月)~5月5日(水)

【単身パック(S・L)】
休業日:2021年5月3日(月)~5月5日(水)

集荷希望日:2021年5月1日・2日(土・日)に家財の引越し(集荷)を希望の場合、集荷及び発送は 5月6日(木)以降になります。

通常時期より輸送日数がかかります。

【長距離輸送を伴う引越し及び単身パック(S・L)】
5月6日(木)~5月8日(土)の間に新居への配達を希望する場合:
集荷は4月中に行うなど、通常時期より輸送日数がかかる場合があります。

リモミの利用条件

利用条件

一部対象外となるエリアにお住いの場合を除き、利用にあたっての条件は特にありません。

2020年にサービスが始まった当初、間取りや引越し人数の制限がありましたがそういった条件はなくなりました。(2021年3月現在)

元々訪問見積もりが不要でボックス単位での料金設定となる単身パックプランをご利用の場合を除き、単身で家財の多い方や家族プランをご利用の方を対象とした見積もりサービスです。

 

利用条件に当てはまれば、全国47都道府県で利用できます。
※一部対象外のエリアがあるそうです。

所要時間は、20~30分程となっています。

電話や訪問での見積もり同様、リモミも無料で利用できます。

※通信料は、利用者の負担になります。
WI-FI環境での利用が推奨されています。
(30分約0.3~0.5GB)

推奨環境
・iOs:Safari
・Android:Google Chrome

 

リモミって何するの?

電話かWEBで申し込み

申込み|リモミ日時を決める事前打ち合わせ。

「引越しは日通」のWEBサイト、または電話で「リモート見積もり(リモミ)を希望」する旨を伝えます。

WEBサイトからの申込みは、ご要望・記事欄に「リモート見積り希望」と記入。

見積もり日時を打ち合わせして決めます。

訪問見積もりを行う場合、日程の調整が必要ですが、リモートで行う見積もりのため、日程調整にかかっていた時間を短縮できます。

LINEで友達登録

引越しは日通LINE公式アカウントのお友だち登録をします。

引越しは日通の公式LINEアカウントのイメージ画像です。

引越しは日通LINE公式アカウント

アカウント名:引越しは日通
ID:@586zrrju
QRコード

引越しは日通のラインのQRコードです。

引用:引越しは日通Web サイト

リモート見積もり実施

見積もり希望日に引越しプランナーから連絡があります。

LINE公式アカウントのトーク画面メニューから「リモミご利用はこちら」をタップして接続します。

確認事項が諸々ありますので、内容をよく読んで同意の上申し込みます。

引越しプランナーから4桁の数字/接続画面の専用パスワードが送られますので、入力・送信して映像通信の同意確認画面で同意すると、引越しプランナーとオンラインで繋がります。

引越しプランナーからガイダンスがあるまで待ちます。

カメラ機能がオンになったら、部屋の様子をビデオで映して、引越しプランナーに確認してもらいます。

部屋の様子などを撮影している人です。

チェック項目

      • 荷物量や大きさ、個数の確認
      • 荷物を運ぶ経路(住宅内部、周辺)の確認
      • オプショナルサービスの手配、見積り内容・金額の確認

 

見積書が送付されます。

リモート見積もり完了です!

 

おわりに

リモート見積もりのイメージ画像です。

遠隔によるテレビ電話見積もりでも、スタッフが訪問して行う場合と同等な見積もりが可能ということです。

利用者は訪問見積もりに対応する負担が解消でき、従来必要だった見積もり日時の調整や見積もり提出までにかかっていた時間が短縮されることで、、利便性が向上するということです。

リモミ向き?

  • 非対面で見積もりを完了させたい。
  • 訪問に対応するのが負担。
  • 早く見積もりを出してもらいたい。
  • WI-FI環境が調っている。
  • LINEアプリをインストールしている。

訪問見積もり向き?

  • 対面で会話をすることで、しっかりとコミュニケーションを取りたい。
  • 訪問に対応する余裕がある。
  • 自宅の様子を撮影することに、セキュリティ面でどうしても不安。
  • WI-FIがない。
  • LINE?何それ?

どちらの項目が多くあてはまりますか?

 

従来、引越しプランナーが自宅へ訪問しての見積もり料金の提示が定石でしたが、訪問に対応するための日程調整や、知らない人を自宅に上げることへの抵抗感、対面による感染症への不安感の高まりなど、利用者のニーズは変化しているといいます。

 

リモート見積もりにはまだ間取りや引越し人数の制限などもありますが、非接触型のコミュニケーションツールの活用により、利用者の選択肢が広がってきていますので、利用条件に当てはまれば、活用を検討してみてはいかがでしょうか。

 

以上、『日通のリモミ。使える人はどんな人?訪問不要リモート見積もりの詳細』をお読みいただきありがとうございました。

-引越しの見積もり

© 2021 引越しのウラオモテ