引越しの見積もり

引越し業者別おすすめ単身パックの費用相場|運べる荷物やサイズなど

更新日:

単身パック おすすめ45秒のかんたん引越し見積もり

一人暮らしなど荷物の少ない引越しでは、大きなトラックを使う通常のプランだと午後便やフリー便を利用しても割高になってしまうことがあります。

そんなとき検討してみたいのが大手引越し業者のお得な引越しプラン、単身パックです。

単身パックは専用ボックスに荷物を積み込み、複数件をまとめて輸送したり、ほかの荷物との混載輸送をすることでコストを抑えるプランです。

また、専用ボックスに収まるだけと運ぶ荷物の量が限られるため、単身パックでは訪問見積もりを行わないのが一般的です。時間を取ることが難しく荷物の少ない方向けのプランともいえます。

このページでは荷物の少ない引越しを予定されている方向けに、賢い単身パックの選び方をご紹介します。

単身パックの賢い選び方

  1. 各引越し業者のホームページなどで詳細を調べ、比較検討をする。
  2. 一括見積もりサイト を利用する。

自分でできることは自分でする。引越し費用を抑えるためには大切なことです。

でも自分に合ったプランを選ぶのって、大変なんですよね。

どうして自分に最適なプランを選ぶのが難しいのでしょう。

  • 利用できる条件や制限がいろいろあって、比較しにくい。
  • 引越し料金の相場がわかりにくい。

ホームページなどで提示されている金額は魅力的です。

でも、単身パックの利用には、距離の制限があったり、エリアが限定されていたりして比較がしにくいのです。

そもそも引越しの料金は、時期・距離・荷物の量など、すべてケースバイケースによるものなので、相場がわかりにくいシステムですよね。

結局のところ見積もりを依頼しないと、料金がはっきりしないのです。

時間と手間をかけずに安い単身パックを見つけるには、一括見積もりサイトを活用するのが近道です。


ですが、一括見積もりサイトを使うのはちょっと・・・という方もいますよね。

そんな方に、単身パックを利用した引越しを比較検討するお手伝いをいたします。

単身パックとはどんなプラン?

はじめに、単身パックがどのようなプランなのか確認しましょう。カーゴ台車

専用のボックス(カーゴ台車)に荷物を積みます。

スーパーの裏などで目にすることもありますよね。

依頼主一人の荷物量が少ないので、トラック1台に同じ方面に荷物を送る複数人の荷物を積んで輸送します。

混載便といわれる輸送方法です。

トラック1台を貸切って、旧居から新居に最短距離で輸送する引越し(チャーター便)とは異なります。

トラック、ドライバー、どちらの面でもコストを抑えることができるわけです。

業者にとってもメリットがありますから、荷物の少ない人向けに割安で提供されているプランです。

新居に荷物が届くのは、近距離であっても基本、翌日以降です。

新居に持って行く荷物が少ない場合、日数に余裕がある場合ぜひとも検討に入れたいプランのひとつですね。

引越しの条件をリストアップ

まず、自分の引越しの条件をはっきりさせておきましょう。

  • 旧居から新居までの距離
  • 引越し予定日時
  • 荷物の輸送以外に、やってもらいたい作業

旧居から新居までの距離

Google マップを利用すると、簡単に調べられます。

車での移動が何㎞なのか、所要時間も確認しておきます。

引越し予定日時

日数の余裕はありますか?

引越しの希望日が決まっていますか。希望日は1日だけですか。それともある程度日数に余裕がありますか。

時間の余裕はありますか?

積み込み・受け取りをできる時間が限られているのか、ある程度余裕があるのかどうか。

荷物の輸送以外でやってもらいたい作業

  • エアコンの取り外し・設置
  • 洗濯機の取り外し・設置
  • コード類の配線
  • 荷造り・荷解き
  • 不用品の処分・買取などなど

単身パックでは、家具や家電の梱包はしてもらえても、基本的な内容は荷物の輸送のみです。

ダンボールなどの梱包資材も、自分で用意する必要があります。

輸送以外に希望する作業があれば、オプションで対応してもらえるかどうか要確認です。

荷物量を把握する

新居に持って行く荷物は決まっていますか?

家具や家電以外のの荷物は、箱に詰めたらどのくらいになりそうですか?

箱詰めした量のイメージができないようであれば、訪問見積もりを依頼するのが賢明です。

ご自分の荷物を見渡して、『荷造りが大変だな』と思うくらいの荷物があるようでしたら、単身パック向きの量ではないかもしれません。

単身パックを利用するには専用のボックスに入りきらないといけませんから、荷物が多いとボックスを2個3個と複数利用することになるかもしれません。

単身パックの料金はボックス単位で設定されているので、金額も2倍3倍と膨れ上がります。

単身パック以外のプランを利用したほうが安くなることもありますよ。

どのくらいの荷物量なら単身パックがお得なのか?

どのくらいの量の荷物なら、お得な単身パックを利用できるのでしょうか。

各引越し業者が紹介している、ひとつのボックスに積める荷物の目安をご紹介します。

日通

単身パックS
冷蔵庫(2ドア109リットル)
薄型テレビ(20インチ)
テレビ台(小)
電子レンジ
掃除機
カラーボックス(3段)
姿見
布団
ダンボールM 4個(517mm×343mm×343mm)
単身パックL
冷蔵庫(2ドア109リットル)
薄型テレビ(20インチ)
テレビ台(小)
電子レンジ
掃除機
カラーボックス(3段)
姿見
布団
洗濯機(4キログラム)
衣装ケース(39cm×53cm×23cm)
ダンボールM 5個(517mm×343mm×343mm)

クロネコヤマト

単身引越サービスmini
ダンボール箱 約15箱(350mm×430mm×310mm)
布団袋 1袋
スーツケース 1個
単身引越サービス
冷蔵庫(2ドア)
全自動洗濯機(4kg)
電子レンジ
ダンボール箱 約10箱(350mm×430mm×310mm)
ふとん袋 1袋
スーツケース1個

ハトさんマークの引越センター

小鳩パック
例その1
冷蔵庫(2ドア・120リットル)1台
テレビ(小)1台
ビデオデッキ 1台
ミニコンポ 1台
衣装ケース(小)1台
例その2
段ボール24個
MサイズW500×H250×D350(mm)
青春引越便
冷蔵庫(2ドア・109リットル)
洗濯機(4キログラム)
薄型テレビ(20インチ)
テレビ台(小)
電子レンジ
掃除機
カラーボックス(3段)
衣装ケース(39cm×53cm×23cm)
姿見
布団
ダンボールMサイズ

佐川急便

単身カーゴプラン
テレビ
ミニコンポ
掃除機
パソコン
カラーボックス
座卓
ダンボール 5個程度

サカイ引越センターの荷物量の目安は記載がありませんでした。
ホームページでは、2ボックスの荷物量の見本写真が掲載されています。

ご自分の荷物を当てはめてみてください。

サイズオーバーです

お気づきかもしれませんが、単身パックで運べる荷物にベッドはありません

一般的なベッドのサイズは、長さが195cmくらいあるため、専用ボックスに積み込めません。

折り畳み式であれば積めるかもしれません。

もう少し具体的に、専用ボックスの容量とサイズを比較してみましょう。

プラン名 容量 サイズ(内寸)
幅×奥行×高さ(m)
ハトさんマークの引越しセンター
青春引越便
1.98m3 1.05×1.05×1.8
日通
単身パックL
1.97m3 1.08×1.04×1.75
クロネコヤマト
単身引越サービス
1.83m3 1.04×1.04×1.70
ハトさんマークの引越しセンター
小鳩パック
1.49m3 1.1×0.8×1.7
クロネコヤマト
単身引越サービスmini
1.40m3 1.04×1.04×1.30
日通
単身パックS
1.24m3 1.08×0.74×1.55
サカイ引越センター
小口引越便コース
1.13m3 1.05×0.75×1.44
佐川急便
単身カーゴプラン
1.08m3 1.00×0.75×1.45


容量(小数点第3位以下切り捨て)

容量の大きい順に並べてみました。

床にサイズを測って印をつると、より専用ボックスのサイズがイメージしやすくていいですね。

高さは、ご自分の身長と比べてみましょう。

手元にメジャーを用意できるといいのですが、新聞紙でもかまいませんよ。

見開きにした新聞紙の大きさは、縦が約54cm横が約81cmです。

日通の単身パックなら、幅はちょうど新聞紙2枚を広げた大きさで、奥行きは、【単身パックS】なら、新聞紙の横が7cmはみ出るくらい。

【単身パックL】なら、もう20cm新聞紙からはみ出るくらいの大きさです。

大きい荷物がある場合、高さや奥行きの各サイズに注意して選ぶ必要があります。

ご自分の荷物量に合ったプランが絞れてきたでしょうか。

単身パックは訪問見積もりが不要

単身パックはボックス単位で料金が設定されているため、電話やメールで見積もり、申し込みが完了できます。

引越しの準備で忙しい中、事前に訪問見積もりのために拘束される時間がありません。これは単身パックならではのメリットです。

しかし、引越しに慣れていない人が荷物の量を正確に把握することは難しく、当日荷物が積み切れないといったトラブルにつながる可能性もあります。

単身パック専用ボックスに積みきれなかった荷物は運んでもらえず、改めて別の輸送方法を検討しなくてはなりません。

単身パック申し込みの際には、引越し業者に自分の荷物量を正確に伝えることが大切です。荷物の量によっては、ボックスを複数利用する必要があるとか、別のプランの提案を受けることができるでしょう。

単身パックの料金と相場

各引越し業者の単身パック料金と相場は以下のようになっています。

クロネコヤマト(関東エリアで同一市内 最大3種の割引を適用した場合)
単身引越サービスmini 11,000~
単身引越サービス 12,000~
日通(WEB割引2,000円を適用した場合)
単身パックS 15,000~
単身パックL 16,000~
ハトさんマークの引越センター
小鳩パック 名古屋~東京 22,000円
大阪~東京 24,000円
福岡~札幌 45,000円
青春引越便 要見積もり
サカイ引越センター
小口引越便コース 要見積もり
佐川急便(WEB割引6,300円を適用した場合)
単身カーゴプラン 東京23区内 21,000円~
愛知県~東京23区 30,100円~
大阪府~東京23区 32,00円~
福岡県~札幌市 53,550円~

上記はシーズン期間外で割引適用、割増その他オプション無しの料金です。正確な料金の比較には、日時や輸送距離を引越し業者に伝えて見積もり依頼をする必要があります。

単身パックの利用条件

参考金額を見ると、もう少し荷物を減らして、プランか業者を変えてみようかな?

そんな風に思うこともあるかもしれません。ですが、割安のプランにはあれこれ制限があります。

時期の限定・割増

発作業・着作業どちらか一方でも期間内の場合、割増になります。

クロネコヤマト

3/20~4/10(シーズン期間)単身引越サービスminiは利用できません。

単身引越サービスも、シーズン加算として1ボックス5,000円の割増があります。

日通

3/22~4/5の間は、単身パックSとLは1ボックスあたり5,000円の割増です。

エリアの利用制限

クロネコヤマト

単身引越サービスminiは、発着地によっては利用できない地域もあります。
取扱い可能エリアはホームページから確認できます。

ハトさんマークの引越センター

小鳩パック・青春引越便が適用されるのは、片道200km以上からとなっており、遠距離引越しの方用です。

サカイ引越センター

小口引越便コースの対応エリアは、関東から関西、あるいは関西から関東のどちらかです。

関東エリア 関西エリア
東京都
神奈川県
千葉県
埼玉県
大阪府
京都府
兵庫県
滋賀県
奈良県
和歌山県(一部の地域)

時間の制限

荷物を積んでから新居で受け取るまで、早くて翌日以降だったり、期日を指定できなかったり、時間も業者任せになることがあります。

料金を抑えられる要素のひとつですね。日数に余裕のある方に向いています。

引越し作業に日数や時間の余裕がない方は、割安単身パックの利用はあまり向いていません。

到着期日を定められるサービスを提供してくれる業者や、受け取り時間も融通が利くプランを検討しましょう。

配達時間

クロネコヤマト


単身引越サービス(フルサイズおよびmini)は、受け取り時間を4つの時間帯で選べます。(追加料金なし)

『時間帯サービス』

3/20~4/10のシーズン期間は、『午前』『午後』『フリー』の3つの時間帯指定です。

待つ時間がない方は、1ボックスあたり3,000円の追加料金で、『約束時間お届けサービス』(前後30分の猶予時間あり)を利用できます。(シーズン期間は時間指定をできません)

時間帯サービスや、約束時間お届けサービスに対応していない地域もあります。

日通


単身パックS・Lも、4つの時間帯で選べます。

地域によっては、『午前』『午後』の2区分になります。

3/17~4/8の期間は、地域にかかわらず『午前』『午後』の2区分になります。

割増料金がかかる場合

夜間配達(18~21時) +2,000円
土・日・祝日配達 +2,000円
土・日・祝日の夜間配達 +4,000円
3/22~4/5の期間 +5,000円

ハトさんマークの引越センター


小鳩パックは、日・祭日は、1件につきプラス5,000円。

時間指定は別途5,000円で利用できます。(発地、着地ごとに必要です)

割引サービス・キャンペーン

複数ボックス割引
クロネコヤマト、日通、ハトさんマークの引越センター
WEB割引
クロネコヤマト、日通、佐川急便
エリア割引
JAL・ANAのマイレージ、Ponta・楽天のポイントが貯まる
日通
LINE見積もり割引
訪問見積もり・お友達紹介キャンペーン
Ponta・WAON・楽天のポイントが貯まる
サカイ引越センター
平日割引・早期申込割引
クロネコヤマトシーズン期間(3/20~4/10)外

割引サービスやキャンペーンなどの有無は、見積もりを依頼する前に確認しておきましょう。

自分が希望する引越しの条件で利用できるプランは限られるでしょうから、ここからいくつかのプランに目星をつけて、直接見積もりを依頼するのもいいでしょう。

インターネットで申し込むと、割引が適用されるプランもありますからね。

まとめ

引越し業者が用意する単身プランは、お得に引越しできる選択肢のひとつです。

一人暮らし、単身赴任、実家から家具付きの部屋に引越しされるなど、荷物の量が少ない方におすすめのプランです。

荷物の量が少なくても、日数や時間に余裕がない方は時間指定ができる単身パックプランを選ぶか、通常の引越しプランを検討する必要があるでしょう。単身パックの利用にはあまり向いていません。

単身パックのプランを検討していたけど、荷物の量が多すぎたりしてかえって割高になることがわかったら、「自分が考えていた引越しとは違う。もっといいプランがあるんじゃないか。」と思うかもしれません。

そんなときこそ、ぜひ 一括見積もりサイト を活用して引越し業者の比較検討をしてみてください。

あなたの希望に合った内容で、納得できる料金で、思い出に残るお引越しができますように。

-引越しの見積もり

Copyright© 引越しのウラオモテ , 2018 All Rights Reserved.