引越しの見積もり

家族(3人・4人・5人)の引越し見積もり|失敗しない業者選びの注意点

4人家族 引越 見積り 3人家族 5人家族も

家族全員が順調に新生活をスタートさせるには、計画的に引越しの準備を進めることが大切です。

引越し見積もりでよくある失敗を避け、信頼できる業者を選び出すためのポイントを押さえることが引越しの成功につながります。

3人、4人、5人家族に合わせた、費用の目安と無駄を省く見積もり術をご紹介します。

電話番号入力なしでOK!

家族(3人・4人・5人)の引越し費用の目安

距離3人4人5人
30km以内(近距離)85,000円100,000円140,000円
50km以内(県内)95,000円125,000円160,000円
250km以内(隣県)110,000円140,000円195,000円
500km以内(近県)150,000円180,000円235,000円
長距離(500kmを超える)200,000円240,000円345,000円

数値は当サイト調べの平均値です。表示されている料金での引越しをお約束するものではありません。

家族の引越し費用を抑えるための基本知識

日々の暮らしの中で身の回り品は知らずのうちに増えてゆくものです。

家族の人数が多いほど運ぶ荷物の量も増えますので、引越し費用が想像以上に膨らむことこともあるかもしれません。

引越し費用は荷物の量や移動距離、サービスの内容によって大きく変わりますが、プランの選び方で大幅な節約に繋がることも少なくありません。

業者選びに加えて、引越しの時期や曜日、時間帯をうまく選ぶことで費用を抑える工夫ができるのです。

引越し費用のしくみを理解する

引越し費用を抑えるためには、そのしくみをきちんと理解することが第一歩です。

一般的に引越し費用は荷物の量と移動距離、作業の難易度に基づいて算出されます。

これにエアコン作業などのオプションサービスの料金が加わることになります。

例えば、荷解きや家具の配置、家電製品の設置など便利なサービスもありますが、それらを利用すると費用が上がります。

また、引越しの繁忙期である春や週末、月末などは、料金が割高になる傾向があります。

これらの点を念頭に置き、できる限り無駄なサービスは削減し、また繁忙期を避けるなどの方法で費用を抑えることができるようになります。

複数業者の見積もりを比較する

賢く引越しをするために重要なのが、複数の引越し業者から見積もりを取り比較することです。

ひとつの業者だけでなく、複数の業者から見積もりを出してもらうことで、おおよその相場を知ることができます。

また、同じようなプランであればより安い業者を選択することができます。

見積もりを取る際には荷物の量を正確に伝え、万が一にも引越し当日に荷物が積み切れないといったことが起こらないようにします。

複数業者の見積もりを比較することで、業者のサービスの違いや料金の違いを把握し、家族にとって最も適した業者を選ぶことができるようになります。

一括見積もりサイトの利用をおすすめする理由

引越しをするのであれば、一括見積もりサービスを利用することを強くおすすめします。

一括見積もりサイトはインターネット上で簡単に複数の引越し業者に見積もりを依頼できるサービスです。

一社一社に連絡を取る手間が省けるだけでなく、複数業者を比較するのに適した見積もりが手に入ります。

また、引越し業者も多くの競争相手と見積もりを競うことになるため、より良い条件を出してくる可能性が高くなります。

時間の節約にもなり、引越し費用の節約にも繋がることは間違いありません。

一括見積もりサービスは無料で使えますので、利用しない手はありません。

引越し業者の選び方と重要なポイント

引越しをする際には多くの業者から選ぶことができますが、どの業者にすべきか選ぶのは簡単ではないでしょう。

引越し業者の選び方には、いくつかの重要なポイントがあります。

サービスの質、料金、口コミ、対応の速さなど、様々な要因を考慮する必要があります。

特に家族が多い場合は、家族全員のニーズに合わせたサービスを提供している業者を見つけることが大切です。

例えば、子供のいる家庭なら荷物量が多いので大手の業者が良いかもしれませんし、高齢者がいる家庭なら細やかなサービスを心がけている地元の業者が適しているかもしれません。

口コミの活用で信頼できる引越し業者を探す

引越し成功の鍵は信頼できる引越し業者を見つけることです。

引越し業者を選ぶ際には、インターネットやSNSなど、業者の口コミも参考になります。

実際にその業者のサービスを利用した人たちの声は、信頼度の高い情報源となり、実際の業者の対応を知ることができます。

インターネット上には多数の口コミサイトや掲示板があり、各々の引越し業者の評価を比較することが可能です。

また、SNSで直接利用者に聞く方法もあります。

しかし、口コミはあくまで個人の感想であるため、ひとつの意見に偏らないよう、多くの口コミ情報を総合的に判断することが重要です。

引越しプランの選び方と家族のニーズに合ったサービス

家族のニーズに合わせて適切な引越しプランを選ぶことが、引越し成功のカギとなります。

引越し業者はさまざまなプランを提供しており、オプション作業などの選択肢も豊富です。

例えば、荷造りから荷解きまで含めた、全てを任せられるフルサービス型のプランは、時間のない方や小さなお子さんがいる家庭にはおすすめです。

また、荷物の梱包を自分たちで行い、運搬のみを業者に任せるスタンダードプランは、もっとも多く利用されているコストパフォーマンスの良いプランです。

予算が限られている場合は、トラックを借りて自分たちで運搬するレンタルプランなどもあります。

家族構成や予算、引越しで重視するポイントに合わせて、最適なプランを選ぶことが、無駄を省いて効果的な引越しを行うためのコツになります。

見積もりの裏に隠れた引越し業者の追加料金

引越し業者を選ぶ際には、見積もり内容をしっかりと確認することが大切です。

引越し業者が見積もり書に記載されていない作業を行う場合、追加料金が発生する場合があります。

例えば、あるはずのエレベーターが使えない場合の階段作業料金や、アクセスの悪い場所への追加運搬料金、重い家具や特殊な梱包が必要なアイテムに対する追加料金などです。

荷物が積み切れなかった場合にも、積み切れなかった荷物を運ぶのであれば追加で費用が発生することになります。

こうした追加料金を避けるためには、業者に見積もり時に可能な限り詳細な情報を提供し、追加料金が発生する可能性のある項目については慎重に確認しておくことが必要です。

説明がわかりやすく、透明性の高い見積もりを提供する業者を選択することで、後々のトラブルは防げるでしょう。

家族全員の引越しチェックリストを作成する

日頃から整理整頓を心がけていても、日常生活の中で予想外に荷物は増えてしまうものです。

特に家族が多いほど家全体の荷物は増えることになり、スムーズな引越しをするためには、家族全員がチェックリストを作成することをおすすめします。

家族全員がチェックリストを作成する場合、どのような項目をリストに入れれば良いのでしょうか。

家族の引越しを成功させるためのチェックリストの作成方法について解説していきます。

引越し準備を効率化するためのガイド

引越し準備は早めに計画を立てるのが吉です。

最低でも引越し予定日の2週間前には、荷造りをスタートさせないと日程的に厳しくなるでしょう。

家族全員が支障のない引越しの日程を確定させることが、引越し準備のスタートになります。

家族各々が何を持っていくのか、何を処分するのかを決め、不要なものは売却や寄付、リサイクルすることを検討します。

荷造りでは品物や物量に応じた梱包資材を用意し、日々の生活に必要な最低限のもの以外は早めに箱に詰めていくことがコツです。

また、荷造りの際には各箱に誰の荷物か、内容物と部屋名を記入すると、新居での荷ほどきが楽になります。

引越し業者との事前の打ち合わせでは、運ぶ家具の大きさや重量、搬出入の条件などを正確に伝え、必要な機材や人員を確保してもらうことが重要です。

引越し当日は家族全員で役割分担をして、スムーズに作業を進めていくことで引越し作業を効率化することが可能です。

事前の荷造りでスムーズな転居を

事前の荷造りと準備は引越しの成功を左右する重要なポイントです。

荷造りは引越しの2週間前には始めておきたいところです。

家族全体の持っていく物をチェックし、不用品は処分またはリサイクルするのがおすすめです。

荷物の量を減らすことは荷造りが楽になるうえ、引越し費用の節約につながります。

荷造りを開始する順番は、すぐに使わない物、玄関から遠い部屋からです。

洗面具や台所用品など、直前まで使うものは最後に荷造りします。

また、玄関から遠い部屋から荷造りを開始すれば、廊下などの通り道が荷造りの終わった段ボールで埋まってしまうようなことがなくなります。

壊れ物には「割れ物注意」といった具体的な注意事項を目立つよう、赤マジックなどで大きく書いておきましょう。

荷造りの終わった段ボールには、どの部屋へ行くかを示すラベル等を貼っておくのがおすすめです。

引越しの手続き

引越しに関係する諸手続きも忘れてはいけません。

お子さんがいる場合には転校手続き、車やバイクの住所変更、電気、ガス、水道等のライフラインの移転手続きも必要です。

賃貸物件にお住まいの場合、引越しが決まったら真っ先に行うべきことは、大家さん、もしくは管理会社への退去連絡です。

不動産管理会社や大家さんへの退去連絡が遅れると、不要な家賃1ヶ月分を支払わらわなければならなくなるケースもありますので、絶対に覚えておいて欲しいと思います。

引越し当日のチェックリスト

家族全員で確認できる引越し当日のチェックリストを準備しましょう。

引越し当日は特に忙しくなるため、準備が不十分だと重要なことを見落とすことがあります。

引越し当日のリストには、朝の確認事項から始まり、業者が到着してからの作業、新居での荷解きまでを時間別にリストアップします。

特に大切なのは作業の障害になるものの移動、貴重品の管理です。

引越し作業は業者の作業員が行いますので、家族の各部屋で作業員に持っていく荷物、持って行かない荷物を正確に伝えることがスムーズな作業につながります。

それぞれの家族がチェックリストを手元に置いておくのがいいでしょう。

知っておくべき引越し手続きとは

「荷物を移動するだけで終わり。」とはいかないのが引越しです。

家族全員の住所変更の手続きやさまざまな公共機関への届出、さらには電気・ガス・水道といったライフラインの移転手続きなど、チェックしなければならないポイントは多々あります。

これらの手続きをいつ、どこで、どのように進めればいいのかをあらかじめ知っておくことがスムーズな引越しにつながります。

特に、家族が多いほど必要な手続きの量も増えるため、十分な下調べが必要です。

転居に伴う必要な手続き一覧

転居先で新しい生活を始めるためには、必要な手続きをきちんと実施しなければなりません。

例えば、役所へ出向く必要がある手続きには転入届・転出届、国民健康保険の手続き、年金の住所変更などがあります。

また、子どもがいれば学校や保育園の転校・転入手続きなど、家族構成に合わせた手続きが必要になります。

さらには、郵便物の転送手続きやクレジットカード、携帯電話など契約中のサービスの住所変更も忘れてはなりません。

これらの手続きは、新しい住まいへの移転日から特定の期間内に実施する必要がある場合がほとんどです。

事前にチェックリストを作成し、二度手間にならないよう期限内に丁寧にこなしていきましょう。

忘れがちな引越し手続き

家族の引越しにおいては、意外と見落としがちな手続きがあります。

例えば、運転免許証の住所変更や、車の登録(車庫証明を含む)の変更も重要な手続きのひとつです。

また、銀行口座の住所更新や定期購読している新聞・雑誌の手続き変更も忘れがちです。

さらに、ペットを飼っている場合は、環境変化に伴うペットのストレス管理と住所変更の届出も忘れてはなりません。

大切な家族の一員として、ペットの引越しもしっかりサポートしましょう。

郵便局への転居届(転送サービス)

引越しが決まったら忘れずにしておきたいのが、郵便局への転居届(転送サービス)の手続きです。

引越してからでも手続きはできますが、届くはずの郵便物が届かない・・・なんて慌てることにならないよう、引越し前に手続きをしておくと安心です。

郵便物の転送サービスは無料で利用でき、期間は届出日から1年間です。

期間の延長(更新)は、再度届け出ることで何度でも可能です。

最適な引越しプランを選択するためのアドバイス

家族の人数や生活スタイル、予算に合わせた最適な引越しプランの選び方は、ストレス少なく転居をするための重要なポイントです。

引越し業者それぞれが提供しているサービスの内容は異なり、その中から家族全員のニーズに合ったプランを選ぶべきでしょう。

たとえば、自分で荷物の梱包を行う場合、料金は下がりますが時間や労力がかかることになります。

一方で、荷造りから運搬、荷ほどきまで全てを業者が行うプランを選べば、料金は高めですが引越しにかかる時間と手間は大きく削減されます。

オプションサービスを上手く利用することで、よりスマートな引越しができることを頭に入れておきましょう。

家族のニーズに合わせた引越しプランの考え方

家族構成や引越しにかけられる時間、予算は人それぞれに違うため、全ての家族に共通した最良の引越しプランというものはありません。

例えば、小さい子供がいる家庭では、引越し作業中の子供の見守りが必要になるでしょう。

引越し作業をプロに任せ、保護者は子供のケアに集中できるようプランを検討することも大切です。

逆に、時間に余裕がある場合や引越しにかける予算を最小限に留めたい場合には、自分自身で梱包作業を行い、搬出、搬入、輸送のみを業者に依頼するなどの選択肢があります。

また、引越し日が柔軟に設定できるなら、引越し業者の繁忙期を避けることで割安な料金でサービスを受けられる場合もあります。

余裕を持ったスケジュール設定の重要性

引越しのスケジュールは、余裕を持って計画することが重要です。

特に大家族や小さな子供がいる場合、想定外のトラブルに柔軟に対応できるように計画を立てるべきです。

例えば、自分たちで荷造りをするのであれば、期間は最低でも2週間は見ておきたいところです。

さらに、新居での生活をスタートさせるために必要な手続きにかかる時間も考慮しておく必要があります。

理想的なスケジュールは、引越しの数日前にはあらかた準備を終えて、当日は引越し業者を待つのみとしておきたいものです。

引越しに適した包装資材

引越しの際に適切な梱包資材を使用することは、荷物を安全に運搬する上で非常に重要です。

多くの引越し業者が推奨する梱包資材には、強度の高いダンボール箱や緩衝材、ガムテープなどがあります。

梱包資材は引越し業者から購入することもできますし、プランによっては一定数無料で提供されることもあります。

ただ、業者から提供される梱包資材は引越し費用に含まれますので、自身で梱包資材が調達できるのであれば、その分の値引き交渉は可能かと思います。

衣類用のハンガーボックスやガラス製品用の緩衝材など、特殊な梱包資材は業者が用意するものを使うのがいいでしょう。

引越しをスムーズに進めるコツ

家族の引越しの場合、大人だけでなく子供たちのニーズも考慮しなければなりません。

スムーズに引越しを進めるためには、すべての家族が納得できる計画を立て、それぞれの役割を明確にすることが大切です。

荷造りの段階から家族全員が協力しながら、前向きな気持ちで引越し作業に臨むことがスムーズな引越しにつながります。

家族のニーズに合わせた引越しプランの考え方

家族の引越しプランを考えるにあたり、家族全員のニーズを聞き出すことから始めましょう。

子供がいる場合、学校の近くであったり、遊び場が充実しているエリアを選ぶことが重要でしょう。

また、通勤や通学ルートも考えながら、最適な住まいを探していくことが大切です。

家全体の荷物の量を把握し、引越し業者への見積もりを依頼する際には、正確な情報を提供することで無駄なコストを避けることができます。

家族全員が満足できるようなプランを立てるためには、しっかりとコミュニケーションを取りながら、それぞれの要望を反映させていくことが重要になるのです。

余裕を持ったスケジュール設定の重要性

引越しにおいては余裕をもったスケジュール設定は非常に重要です。

慌てずに準備をすることができるように、可能な限り前もって引越し日を決め準備を始めます。

特に、家族が多いと荷造りに時間がかかりますので、余裕をもって計画を立てることが大切です。

予期せぬトラブルが発生しても対応できるように、時間的な余裕を持つことで心にゆとりを持って引越し作業ができるでしょう。

また、子供たちの生活リズムを崩さないようスケジュールを調整し、ストレスを減らすことも重要なポイントです。

引越し前日までに完了しておくべき事項

引越し前日までには、洗面具や身の回り品を除く荷物の荷造りをすべて終わらせておくことが望ましいです。

荷物の梱包はもちろん、不要品の整理、住所変更の手続きなど、忘れがちな事項もこの機会にチェックしておくとよいでしょう。

身の回りの必要な物は、すぐに取り出せるように別にまとめておくと、引越し当日に困ることがありません。

電気や水道などのライフラインの切り替えや、新居でのインターネットの設定確認なども、前日までに済ませておくと安心です。

万全の準備で引越し当日を迎えるためには、チェックリストの作成がおすすめです。

引越し費用削減の裏技とは

家族の引越しは一人暮らしやカップルに比べ規模が大きく、費用も高くなりがちです。

引越し費用の捻出に頭を悩ますこともあるのではないでしょうか。

特に、家族が3人、4人、5人と増えるにつれ、その費用はさらに上がることになります。

少しでも引越し費用を下げるための「裏技」をご紹介します。

オフシーズンを狙った引越し

引越し業界には3~4月の繁忙期とそれ以外のオフシーズンがあります。

繁忙期は引越し費用が高くなりがちですが、オフシーズンは業者も仕事を確保したいため、割安な価格を提示することがあります。

引越しの日程を繁忙期からずらすことで、非常にリーズナブルな価格で引越しを行うことができる可能性があります。

ただし、この方法は日程に融通が利くケースに限られるため、家族全員に支障がないかの確認が必要になります。

いくつかの日程候補を決めて、複数の業者から見積もりを取り比較検討することをおすすめします。

業者にとって都合の良い日程を聞いてみるのもよい方法です。

午後便、フリー便の活用

丸一日かかってしまうような規模の大きな引越しでは、朝一番から作業を始める午前便が、どの業者でもスタンダードプランです。

家族の引越しの場合、多くがこの午前便扱いになるでしょう。

しかし、夫婦のみ、または夫婦と子供ひとりといった家族構成で荷物量も比較的少ないケースでは、業者の都合で作業開始時間が変わる午後便、またはフリー便といったプランが利用できる可能性があります。

午後便、またはフリー便は業者が他の引越し作業を終えた後に作業を開始するプランです。

そのため、何時に業者がやってくるのかは、当日の業者のスケジュール次第ということになります。

しかしながら、午後便、またはフリー便の料金は、同じ規模の午前便の半額程度にまで安くなることもあり、検討する価値は大いにあると言えるでしょう。

不要品をお金に変える

引越しは要らないものを整理する絶好の機会でもあります。

不要品を処分する際、フリーマーケットやオークションで売ることで、お金を生み出すことができます。

また、リサイクルショップへ持ち込んだり、近隣のコミュニティでのバザーへの参加も有効な方法です。

少しの手間をかけることで、引越し費用の一部を賄ったり、新しい生活のための資金の足しにすることができるのです。

不要品を賢く活用し、経済的な引越しを実現しましょう。

まとめ

家族の引越しでは、家族全員が協力して準備を進めることが成功の秘訣です。

家族全員にとって都合の良い日程を選び、必要な手続き等はチェックリストを作成して管理するのがおすすめです。

荷物を減らすことも引越し費用削減につながりますので、不用品の処分も積極的に検討してみましょう。

まずは複数業者の見積もりを取ることからはじめてみてください。

良い引越しになりますように。

電話番号入力なしでOK!

-引越しの見積もり