引越し本

本の部屋

 

本

 

引越し屋泣かせの荷物のひとつに本があります。ウチの父親もそうなんですが、読書が趣味という人には本を捨てるという概念はまずないらしいです。

 

先日、母親の友人宅の家の2階の床が抜け落ちたという話を聞きましたが、原因は読書が趣味である旦那さんのコレクション本の重さということでした。

 

引越し作業にも本のダンボールはつきものですが、たまに「勘弁してくれ。」というぐらいの本コレクターの引越しに出会うこともあります。

 

部屋の中は本の山

 

本の山

 

この日は前日から翌日の現場の話を聞いていたので、心の準備はできていました。2トンロング1台と2トンワイド1台、積み地階段3階、降ろし地階段5階、本だけの引越しで家具類の引越し作業は後日行うというもの。階段作業があるので引越し作業員は6名となりました。

 

「どんだけ本好きなお客さんなんだ?」と引越し作業員みんなで話しながら、積み地の本の部屋を見せてもらいます。

 

圧巻!

 

部屋には入り口から人ひとりがやっと通れるぐらいの通路が壁に沿ってできています。部屋の大きさは8畳、本が積まれている高さは180cmの自分の背より少し高いぐらい。これまでに見たことのない恐ろしいほどの本の数です。

 

素晴らしい梱包に感謝

 

梱包

 

しかし、素晴らしいのはウチの会社の本用ダンボールを使ってくれていること。自分の背より高く積まれた本のダンボールが、これほど安定することはめったにありません。お客さんがいかに本を大事にしているかがわかります。

 

ダンボール箱を積み重ねても上の重みでつぶれないように、きっときっちりと隙間なく梱包したに違いありません。ダンボール箱にはひとつひとつ、おそらく引越し先での配置に使うであろう記号が書いてあるのがわかります。

 

ウチの会社の本用ダンボールにびっしり本を詰めると、その重さは1個大体10〜15kg。引越し作業員が全員男の場合には、これをふたつ重ねて運ぶことがほとんど。ふたつ重ねだと腕と胸でダンボールを支えることができるため、走りながらの作業でもダンボールを落とすことはありません。

 

降ろし作業は階段5階・・・

 

引越し作業

 

ただ、この搬出作業は階段くだりだからまだマシです。階段5階の降ろし作業は考えるだけでも億劫になります。階段くだりの搬出作業といえど、運んでも運んでも一向に減らない本の部屋を見るたびに終わりのない道を歩いているような気になります。

 

トラックへの積み込みも、天井まで積んでしまえば1台で済む物量ですが、重心が高くなり危険だろうということで1台あたり七分積みぐらいにしようということになりました。

 

自分たちとしては予想外に多い物量だったため、会社に連絡して降ろしには応援を頼んでおきました。積み込みに半日かかりましたので、おそらく階段5階の降ろし作業にはこの人数だとさらに時間が必要と思われます。

 

引越し先はまるで図書館

 

本棚

 

引越し先の本の部屋も凄いことになっています。10畳の部屋にまるで図書館のような天井まであるスライド式本棚が3列に並んで設置してあります。表と裏の両方から本が取り出せる本格仕様です。

 

「○○と書いてある箱はこの列の前に置いてください。」と、先ほどのダンボールに書いてある記号がここで活躍することになります。

 

階段5階の引越し先への搬入作業を始めてまもなく、午後便を終わらせた応援部隊が到着、総勢9名の頼もしい階段作業となりました。

 

引越しは終わったものの・・・

 

不安

 

新たな本の部屋に整然と積まれた本のダンボールを見て、子供のように嬉しそうな顔をしているお客さんの姿が印象的でした。きっと本を本棚に収めていく過程が楽しいんでしょうね。

 

ただ、どれぐらいの重さがあるか知っているだけに、この本の部屋の床が抜け落ちないことを祈らずにはいられません。

 

関連ページ ⇒ ダンボール箱のサイズと入れるべき荷物

 

この記事は当サイト管理人が引越し作業員として経験したさまざまな事柄を、個人的な主観、視点、思考に基づいて書いたものです。

 

記事に含まれる内容の再現性、可能性や、特定の引越し業者の推薦、批判をするものではありません。

 

安い引越し業者が見つかる!引越しの一括見積もり


ポイントを教える女性


同じ引越しなのに業者によって費用が違う!


だから、見積もりを比較することが大事なんです。


おすすめは引越し業者が選べるLIFULL引越し!


最短45秒サカイ、アート、アリさん、日通、クロネコヤマトなどへ見積もり依頼ができます。


引越し業者バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加  
page top