引越しダンボール

ダンボール箱のサイズと入れるべき荷物

 

ダンボール

 

持ち上げれば底が抜けるダンボール、到底普通の人間の力では持ち上げることが不可能と思われるほど物が詰め込まれた大きなダンボール。

 

「お客さん、あなたコレ持てますか?」

 

引越しの現場でさすがに口にはしないものの、こんな感じでキレる寸前の引越し作業員は少なくないはずです。

 

たしかに日々の作業で鍛えられているだけに、いわゆる世間一般の方々に比べたら引越し作業員は力持ちかもしれません。しかし、スーパーマンじゃないんです。普通の人が持てない物は引越し作業員も持てない可能性が高いです。

 

冷蔵庫やタンスなんかの家具はまた別の話。ちゃんと運び方も道具もあります。

 

引越しの作業員泣かせのひとつ、。ひと昔前はレコードもそうでしたが、読書が趣味のお父さんの家の引越しで、積み降ろしともに階段作業なんて現場はまさに引越し屋泣かせ。

 

そう、その本の荷造りですが、大きなダンボールに入れちゃいけません。重量的に持てないというのもありますが、そもそもダンボールにはそんなに強度がないんです。

 

ダンボールってサイズごとに用途が決まっているんです

 

荷物

 

多くの引越し業者が用意するダンボールにはサイズがあって、それぞれ用途が印刷されている親切なものもあります。ウチの会社の例をとってみます。

 

S:本、食器
M:小物類
L:衣類

 

白地の箱に赤い文字で、積み重ねたときに見やすいように箱の両側に印刷してあります。

 

なぜSが本、食器なのかにはちゃんと理由があるんです。本、食器ひとつひとつが他のものにくらべて重いがゆえ、1箱あたりの重量を小さくするため。強度との兼ね合いもあります。

 

Mに本、食器などの重いものを入れると、箱を持ち上げることはできても底が抜ける、箱がこわれるといったことにつながります。Lに本、食器などを入れるなんてのは論外です。

 

箱詰めは隙間なくがコツ

箱詰め
また、重いものを下にという引越し車両への積み込みの関係上、ダンボールは重ねて積む必要があることから、特に本、食器類のダンボールは隙間なく梱包したいところです。

 

本、食器類のダンボールはテープで閉じる前に上から押しても側面から押してもへこまないように、隙間には新聞紙などを入れてやるのがおすすめです。

 

そして気をつけたいのが本、食器類を梱包する際の向き。ダンボールには積み重ね時に上からの重量がかかるので、本、食器類は立てて梱包するのが正解です。

 

食器類の梱包にはエアーマット、ミラーマットなんて高価なものを使わなくても、新聞紙で充分代用できます。新聞紙は軽くもみほぐしてクッションのようにして使うのがコツです。

 

「大事な食器だから・・・。」と衣類やタオルでくるんだ食器類をMLなどひとまわり大きいダンボールに入れるのも良くありません。そんなものが入っているとは思わないで荷扱いする引越し作業員がほとんどです。

 

特に慎重に扱ってほしい荷物があるときは、たとえ引越し作業員が忙しそうにしていても、呼び止めてお願いしておくのが間違いありません。

 

箱詰めは積み重ねを意識する

 

ダンボールの積み重ね

 

MLなど大きめのダンボールには基本的に何を入れてもかまいませんが、ダンボール箱は基本的に重ねて積まれるという前提で梱包し、自分で持ち運びができる重量、状態であるかを確認しておきたいところです。

 

ダンボール箱を組むときに、ガムテープを使わずに底を十字に編む方法がありますが、これもいけません。気の利いた引越し作業員なら上下ひっくり返して補強したりするもしますが、そのままだとほぼ間違いなく引越し作業のどこかでお店を開く羽目になります。

 

ダンボール箱を組む際は底をきっちり折ってガムテープ止めが基本です。

 

ダンボール箱のサイズと入れる荷物を考えるとき・・・

 

重いものは小さい箱に、軽いものは大きい箱に

 

です。

 

関連ページ ⇒ 引越しの荷造り
関連ページ ⇒ 重ねないでください?

 

この記事は当サイト管理人が引越し作業員として経験したさまざまな事柄を、個人的な主観、視点、思考に基づいて書いたものです。

 

記事に含まれる内容の再現性、可能性や、特定の引越し業者の推薦、批判をするものではありません。

 

安い引越し業者が見つかる!引越しの一括見積もり


ポイントを教える女性


同じ引越しなのに業者によって費用が違う!


だから、見積もりを比較することが大事なんです。


おすすめは引越し業者が選べるLIFULL引越し!


最短45秒サカイ、アート、アリさん、日通、クロネコヤマトなどへ見積もり依頼ができます。


引越し業者バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加  
page top