引越し繁忙期

引越し繁忙期の現実

 

カレンダー

 

繁忙期・・・

 

引越し作業員にはまず歓迎されない言葉でしょう。毎年3月半ばぐらいから4月の初旬にかけては、会社の人事異動や就職、入学の時期でもあり、新天地での生活の準備に追われる方々が一年で最も多いことから、いわゆる引越しの繁忙期とも呼ばれます。

 

引越し作業を終えて会社に帰ってくるのが日付が変わってからという日が続くため、家に帰る時間があるなら少しでも寝たいと、ウチの会社にはこの時期会社に寝泊りする作業員もいます。

 

朝9時スタートの現場に向かうには、やはり朝7時前後には出社する必要があり、通勤の時間を考えると家に帰るのが億劫になるものです。事務所で少し飲んでバタンキューという作業員も少なくありません。

 

アルバイトは即戦力

 

引越し作業員

 

多くの引越し業者にとって、この引越し繁忙期は一年に一度の書き入れ時です。現場の引越し作業員の悲鳴をよそに、多少のクレームは覚悟で一件でも多くと会社はなりふり構わず引越しを受注します。

 

よってウチのような零細引越し業者では、この時期慢性的な人手不足に陥ることになるわけです。アルバイトを一切使わないと謳う引越し業者もありますが、現実的にそれはかなり厳しいでしょう。ウチの会社なら面接当日即採用、即現場行きとなります。

 

この時期のアルバイト情報誌を見れば、引越しアルバイト募集広告ばかりが目につきます。仕事はきついですが日払い可で、日給1万円程度を稼げるアルバイトはなかなかないでしょう。ウチの会社には休みごとにやってくる学生のアルバイトも多いです。

 

引越し未経験の作業員も・・・

 

引越し作業員

 

困るのは引越し作業員の手配がどうにもつかず、派遣の作業員を使う現場です。彼らは色々な場所へ出向いて対面慣れしていることもあるのか、とにかく挨拶や返事はすばらしいです。ですが、引越し作業は初めてという者も多いのが悩みの種。

 

自分がもっとも苦労したのは、自分と派遣の作業員ふたりを連れての新築二階建て一軒家の引越しです。途中の駅でふたりを拾って現場へ向かうことになりました。幸いふたりとも引越し作業の経験はあるといいます。

 

しかし、会社の作業着を着ているのは自分だけで、このふたりはトレーナーにジーパンというまったくの普段着。ふたりとも年齢は若く、学生ではないように見えますがフリーターといった感じでしょうか。この状況をお客さんにどう伝えるべきか悩みながら現場に到着となりました。

 

できれば避けたい繁忙期の引越し

 

アドバイス

 

とりあえず、このふたりが作業着を着ていない件は、お客さんに指摘されるまでノリで押し切ることにしました。二階建て一軒家の現場は2トン車1台のピストンが必要な物量でした。会社からは、この一件だけ今日中になんとか終わらせて来いという指示がありました。

 

いざ作業を始めてみると、やはりふたりは素人、きっとお客さんもそう思っているに違いありません。が、とにかくこのメンバーでやるしかありません。開き直って家具の持ち方など教えながらゆっくり確実に作業を進めるしかありません。

 

運がいいのでしょうか、吊り作業も重たい冷蔵庫もなく、新築家屋を傷つけるようなこともなく、この引越しは無事に終わりました。作業着を着ていない素人ふたりについても、お客さんに指摘されることもありませんでした。むしろ三人分のご祝儀をいただくのが心苦しいほどでした。

 

引越し作業員の見地からすると、もしもスケジュールが許すのであれば、繁忙期での引越しは避けたほうが無難であることは間違いないと言えるでしょう。

 

関連ページ ⇒ アルバイトと正社員
関連ページ ⇒ 引越し屋さんのアルバイト

 

この記事は当サイト管理人が引越し作業員として経験したさまざまな事柄を、個人的な主観、視点、思考に基づいて書いたものです。

 

記事に含まれる内容の再現性、可能性や、特定の引越し業者の推薦、批判をするものではありません。

 

安い引越し業者が見つかる!引越しの一括見積もり


ポイントを教える女性


同じ引越しなのに業者によって費用が違う!


だから、見積もりを比較することが大事なんです。


おすすめは引越し業者が選べるLIFULL引越し!


最短45秒サカイ、アート、アリさん、日通、クロネコヤマトなどへ見積もり依頼ができます。


引越し業者バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加  
page top