荷物降ろし忘れ

荷物の降ろし忘れ

 

引越し作業

 

引越し荷物の中でも輸送に特に気を遣うのが、食器棚などに使われる比較的薄いガラス板。近場の引越しではテープ類を使ってガラス板が動かないよう固定して運ぶこともありますが、距離のある引越しではすべてはずして梱包するに限ります。

 

これらのガラス板は厚さがないうえ角があるので、少しのショックで角が欠けたり割れたりといった荷物事故につながりやすいものです。ガラス板専用の梱包資材というものはないので、引越し作業員が各々工夫して梱包することになります。

 

ガラスは破損してしまうと原寸合わせで作り直すケースがほとんどなので、デザインガラスなど特殊なものを破損してしまうと、同じものを作り直すことが難しいケースもあります。

 

ガラスの梱包にはダンボール

 

梱包

 

ガラスの梱包にウチの会社ではよくダンボールを使います。ガラス板より大きいサイズのダンボールにはさむという方法です。同じサイズのガラス板なら強度が増すように一枚より二枚と、ダンボールに重ねてはさんでダンボールは適当なサイズになるよう折り返します。

 

こうすることで板状のダンボールという荷姿になり、口が開かないようテープでしっかり梱包します。これを立てた状態でトラックに積み込めば、まず輸送中に破損することはないでしょう。

 

この梱包方法はまだ新人のころにベテラン引越し作業員に教わったのですが、ひとつ問題があります。荷姿が使用済みダンボールに似ていることです。

 

薄さゆえに忘れがち

 

ダンボール

 

ダンボールで梱包したガラスはトラックに積み込むときも、少しでもクッションになればと未使用や使用済みダンボールの間に積み込むこともあったせいで、これまでに2回降ろし忘れたことがあります。

 

さすがに洋服ダンスの扉がなければ、引越し作業員でもお客さんでもすぐに気がつくと思いますが、搬入設置の終わった食器棚となると、引越し作業員もお客さんも引越し作業終了直後は目が行かないかもしれません。

 

一度目は引越し後2、3日してから「食器棚のガラスがない。」と会社に連絡があり、二度目は帰庫してからの後片付けで出てきました。翌日、現場近くを走る車両に引き渡して配達してもらったのを覚えています。

 

一番最初に降ろすようにはしたものの・・・

 

引越し作業

 

以降、降ろし忘れがないようにと、このガラスを一番最初に降ろすべく荷室扉のすぐ内側に積むようになりました。ところがそうとは知らない引越し作業員が勢いよく荷室扉を開けて、ガラスを落下破損するという荷物事故になってしまったことがあります。

 

それからは荷室後方側面にガラス用のスペースを意識して残すようにし、「最初にガラスを降ろして。」と指示するようになりました。

 

引越し後にないと困る家具の部品

 

ダボ

 

上の写真にある棚ダボ。食器棚や洋服ダンスなどで棚板の位置を決めるストッパー器具のことです。

 

これも家具類につけっ放しでは輸送中にはずれてしまうので、よほどきつくてはずせないようなもの以外ははずして運搬します。これを工具箱に入れて持ち帰ってしまう引越し作業員がいました。はずした棚ダボはテープ類で家具に貼り付けて運ぶのが間違いないでしょう。

 

お客さんも食器棚や洋服ダンスの棚板の位置決めなんて引越し直後にはしないでしょうから、引越し荷物の整理をしながら追々それがないことに気づくものです。

 

引越し作業員が降ろすのを忘れやすい、食器棚のガラスと棚ダボ。引越し業者が帰る前に、これらがあるかを確認しておきたいところです。

 

関連ページ ⇒ 引越し当日の段取り
関連ページ ⇒ 荷物の破損・キズ・紛失

 

この記事は当サイト管理人が引越し作業員として経験したさまざまな事柄を、個人的な主観、視点、思考に基づいて書いたものです。

 

記事に含まれる内容の再現性、可能性や、特定の引越し業者の推薦、批判をするものではありません。

 

安い引越し業者が見つかる!引越しの一括見積もり


ポイントを教える女性


同じ引越しなのに業者によって費用が違う!


だから、見積もりを比較することが大事なんです。


おすすめは引越し業者が選べるLIFULL引越し!


最短45秒サカイ、アート、アリさん、日通、クロネコヤマトなどへ見積もり依頼ができます。


引越し業者バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加  
page top