一斉入居

一斉入居

 

引越し作業

 

新築マンションのまわりが引越し屋さんの大きなトラックで埋め尽くされているという光景を見たことがあるでしょうか。引越し業界でいうところの一斉入居というものです。長くこの仕事をしていても、聞いたこともないような引越し業者と出会う機会でもあります。

 

マンションも大きなものになると一棟に数百戸というものもあります。新築マンションを購入したオーナーや賃貸の契約をした住人としては、少しでも早く入居したいと思うのが心情でしょう。

 

しかし、これら数百戸が無秩序のままに一斉に引越してくるとなると、引越し従事者でなくともその混乱ぶりは想像にたやすいのではないでしょうか。

 

一斉入居を管理するのは幹事会社

 

養生作業

 

数百戸の引越し作業に耐えられるようエントランス、通路、エレベーターはじめ住居の共用部分には保護が必要。遠方からの入居が多いのも新築マンションの一斉入居の特徴。そのため引越し車両の待機場所確保といった問題もあります。

 

何より1日2日で終わるような規模ではないため、新築マンションへの引越しには入居者全戸の引越しスケジュールや、作業全体を管理する幹事会社というしくみがあります。

 

この幹事会社というのは、新築マンションを管理する不動産会社と全国規模の大手引越し業者の1社独占契約であることがほとんどです。

 

幹事会社は多くの引越し受注が見込める見返りに、入居者全戸の引越しスケジュール管理、住居の共用部分の保護作業、到着した引越し車両の管理、引越し作業全体の管理など面倒な仕事を不動産会社に代わって引き受けることになります。

 

希望日時に引越しができないことも

 

カレンダー

 

新築マンションの一斉入居では、すべての入居者が希望通りの日時に引越しができるわけではありません。やはり土日祝日での引越しを希望する入居者が多いのは通常と変わりません。

 

人気のある日時は抽選になりますが、幹事会社利用の引越しがこの抽選においても、他の引越し業者利用よりも優遇されるというメリットもあります。

 

幹事会社利用はお得?

 

営業マン

 

新築マンションの一斉入居には、幹事会社を引越し業者に選ばなければいけないという決まりはありませんが、入居説明会などでは新築マンションを管理する不動産会社も幹事会社での引越しを薦めることになるでしょう。

 

また幹事会社の見積もりもおそらくバーゲンセール的な料金になることが多いものです。
多くの入居者は幹事会社利用の引越しを選択するため、幹事会社は一斉入居で大量の引越し受注ができるからです。

 

反面、幹事会社としては思い切った値引きを提示しなくても入れ食い状態で引越し受注ができるため、あえて値引きには応じないという一面もあります。そんなおこぼれ的な引越しがウチのような零細企業に回ってくることになるようです。

 

幹事会社利用のメリット

 

引越し作業員

 

幹事会社での引越しは引越し当日にも色々と優遇されるものです。いずれの引越しにも入居者に引越し日時が幹事会社から指定されますが、幹事会社での引越し作業優先、他の引越し業者はその隙間待ちということになるケースがほとんどです。

 

多くはエレベーター作業を伴うことになる新築マンションの一斉入居。ただでさえ時間がかかるうえ、他社引越し作業との同時進行。作業をする側としてはまったく時間が読めないのが耐えがたいストレスになります。

 

時に数時間も待たされる新築マンションの一斉入居。気の短い引越し作業員が多いウチの会社の場合、30分も待ちきれず「階段でやっちゃおうぜ!」と10階あたりまでの部屋なら、幹事会社が許可してくれれば待ちきれずに作業開始となることも多いです。

 

いずれにしても、まずスムーズには作業が進まない新築マンションの一斉入居。前日に担当することが分かってしまうと、憂鬱になる引越し作業員も多いのではないかと思います。

 

この記事は当サイト管理人が引越し作業員として経験したさまざまな事柄を、個人的な主観、視点、思考に基づいて書いたものです。

 

記事に含まれる内容の再現性、可能性や、特定の引越し業者の推薦、批判をするものではありません。

 

安い引越し業者が見つかる!引越しの一括見積もり


ポイントを教える女性


同じ引越しなのに業者によって費用が違う!


だから、見積もりを比較することが大事なんです。


おすすめは引越し業者が選べるLIFULL引越し!


最短45秒サカイ、アート、アリさん、日通、クロネコヤマトなどへ見積もり依頼ができます。


引越し業者バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加  
page top