引越し業者

おすすめ引越し業者は条件と時期で変わる!|引越し作業員が解説

更新日:

引越し作業員が、条件ごとにおすすめの引越し業者を紹介しています。

引越し業者を決めるとき、何を基準に選べばいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

費用の安さで業者を選ぶというのもひとつの方法ではありますが、あなたの荷物を安全に運んでくれる業者であるかか重要です。

評判の良い引越し業者を選べば間違いないと思いがちですが、ほかの人がすすめる業者があなたにとっても最適な業者とは限らないのです。

このページでは、荷物の量や輸送距離、時期によって選ぶべき引越し業者のタイプが変わること、引越しのおすすめ時期について引越し作業員が解説しています。

おすすめ引越し業者の選び方

引越業者選びをどうしようか考えている人です。

引越し業者を選ぶとき、気になるのはその業者を実際に利用したユーザーの評価、口コミといったことではないかと思います。

ただ、2chの掲示板などに見られる『○○引越センター最悪!』といった書き込みについては、良い噂より悪い噂のほうが広まりやすいといった視点で見ておくのが無難でしょう。

一括見積もりサイトなどには実際に利用した人でないと書き込めないレビューページなどもあり、信頼性の高い評価や口コミも多いのではないかと思います。

しかし、多くの人が『良い』と評価する引越し業者が、あなたにとっても良い業者になるとは限らないのです。

なぜなら、あなたとまったく同じ条件での引越しがほかにはないからです。

また荷物の量や輸送距離、引越しをする時期によって業者にも向き不向きがあり、それが費用に反映されることになります。

 

近距離のおすすめ引越し業者

近距離の引越しに向いた業者は、荷物の量によって2通りの選択肢があります。

1つ目は圧倒的なコストパフォーマンスを誇る赤帽など、軽トラックを使用する軽貨物業者です。

そして2つ目が地域に根差した地元の運送屋さんとなります。

いずれも引越し専業とは限りませんが、年間を通して費用が安定しているという特徴があります。

 

赤帽など軽貨物業者がおすすめの理由

 

赤帽のトラックのイラストです。

荷物の少ない近距離の単身引越しであれば、赤帽など軽貨物業者のコストパフォーマンスは断トツです。

軽トラックとはいえ、2ドア冷蔵庫やダブルベッドなど大型家具も積める引越し専用車両などもあり、料金が1万円を切るケースもあるほどです。

複数台の車両を使ったり、ピストン輸送(往復)することで、アパートなどの家族の引越しには対応することもできます。

しかし、赤帽など軽貨物業者の多くは個人経営であるため、参加できる一括見積もりサイトは限られており、現在対応しているのはLIFULL引越しのみとなっています。

荷物が少なく近場の引越しであれば、まずは赤帽など軽貨物業者の利用を考えてみてください。

 

地元の運送屋さんもおすすめ

地元の引越し会社のチラシを見ている人です。

コストパフォーマンスがいいからと、軽貨物業者を何台も使用してのおおがかりな家族の引越しは、逆に効率が悪すぎて現実的ではありません。

そんなときに活用したいのが、地域密着型業者などと呼ばれる地元の運送屋さんです。

なぜ地元の運送屋さんなのかというと、知名度のある大手業者よりも日程などに融通が利き、年間を通して費用が安定しているためです。

たとえば私の住んでいる横浜では、東京、神奈川、埼玉など南関東発着の引越しに限定しているムービングエスという引越し業者があります。

トラックをできるだけ空荷で走らせないように経費を削る分、費用に還元することで安い引越しを実現している業者です。

あなたの住む地域にも、このような地域に根差した引越し屋さんがあるはずですが、一括見積もりサイトに登録されていないケースが多いです。

電話帳やホームページを検索してみると、身近に引越しをしてくれる運送屋さんがあったりするものです。

また、普段宅配便を配達に来る運送屋さんに声をかけてみるのも、地元で安い業者を見つけるひとつの方法です。

ポイント

荷物が少ないなら赤帽など軽貨物業者の利用を検討する。
大手よりも地元の運送屋さんのほうが融通が利き費用も安上がり。

 

長距離のおすすめ引越し業者

荷物量と輸送距離を比較しています。

引越し専業で全国へのネットワークを自社で保有しているのは、アート引越センター、サカイ引越センターなど一部の業者のみです。

アリさんマークの引越社などは全国への引越しに対応はしていますが、支店のない地域に関しては提携業者が対応することになります。

実は、アートやサカイなど引越し専業会社の長距離輸送にかかるコストは、一般貨物と混載して輸送する運送会社に比べてとても割高なのです。

 

車両輸送以外でコストを下げる業者も

鉄道コンテナとコンテナ船のイラストです。

荷物の量にかかわらず、距離のある引越しでネックになるのが輸送コストです。

なので、業者の中にはJR鉄道コンテナや海上コンテナを利用して、主要都市間の輸送コストを抑えたプランを提供するところもあります。

JR鉄道コンテナや海上コンテナを利用すると、車両での陸送に比べて3割程度の輸送コストの削減ができるのです。

 

自社路線便を持つ大手運送業者がおすすめ

自社の路線便を持っている大手運送業者のトラックです。

長距離の場合、1件の引越し荷物を1車貸切で運ぶことほどコストの悪い輸送方法はありません。

そのため、自社定期便を利用することで輸送コストを抑えることができる、大手運送会社の引越しは人気があります。

大手運送会社の引越しプランは近距離、長距離問わず利用することができますが、特に長距離での費用対効果が高いサービスです。

たとえば宅配大手のクロネコヤマトや日通、運送大手の佐川急便などでは、ほぼ毎日全国への定期便を運行しているため、引越し荷物も一般貨物との抱き合わせ輸送をしています。

このような運送大手を選べば、長距離の引越し費用は安く抑えることが可能になります。

一括見積もりサイトを利用すると、多くの大手運送会社の見積もりを比較することができ便利です。

ポイント

引越し専業会社の長距離輸送は、全国への路線便を持つ運送大手に比べると割高。

長距離の引越しでは一般貨物と混載輸送をするヤマト、日通、佐川といった運送大手がコスト面では有利。

 

単身引越しのおすすめ業者

単身で引越しをする人です。

引越し屋さんが使用する車両は最大積載量が2トン以上であるものが多く、単身の引越しなどでは大きすぎることがほとんどです。

引越し費用は車両の大きさに比例して高くなりますので、軽トラックなど小さなサイズのトラックが利用できれば費用を抑えることが可能になります。

また、大手運送会社の中にはあらかじめ運ぶ荷物の容積の決まったプランを用意しているところもあり、ほかの荷物と混載輸送をすることで安価な費用を実現しています。

 

最安は赤帽など軽貨物業者

赤帽のアイコンです。

荷物の少ない一人暮らしやカップルの小さな引越しなどでは、軽トラックを使用する赤帽など軽貨物業者の利用ができれば費用はもっとも安く収まります。

軽トラックは維持費も安く、有料道路の通行料なども安いため、業者の必要経費も少なく済むのです。

そのため近場の引越しなどでは1万円を切るような価格もあり得るのですが、小さな車両ゆえ最大350kgまでしか荷物が積めないというデメリットもあります。

しかし、転居先まで荷主の同乗可としている業者もあり、交通費の節約を目的とした引越しができるというメリットもあります。

ただ、長距離については赤帽など軽貨物業者を利用した場合、実質の作業料金よりも高速道路の通行料のほうが費用の多くを占めてしまうことになります。

下の項でご紹介する大手運送会社の単身パック、単身プランと見積もりの比較をしてみるといいでしょう。

見積もりの比較には、大手運送会社と赤帽など軽貨物業者の見積もりが同時に取れるLIFULL引越しが便利です。

 

大手の単身パック、単身プランを利用する

近距離、長距離にかかわらず、荷物の量が決められたサイズに収まれば、お得に利用できる単身パックや単身プランを用意している引越し業者は多いのです。

荷物の量は限られますが、全自動洗濯機や2ドア冷蔵庫なども運んでもらうことができ、足りなければ専用のボックスを複数個契約することもできます。

日通(WEB割引2,000円を適用した場合)
単身パックS 15,000~
単身パックL 16,000~
ハトのマークの引越センター
小鳩パック 名古屋~東京 22,000円
大阪~東京 24,000円
福岡~札幌 45,000円
青春引越便 要見積もり
サカイ引越センター
小口引越便コース 要見積もり
佐川急便(WEB割引6,300円を適用した場合)
単身カーゴプラン 東京23区内 21,000円~
愛知県~東京23区 30,100円~
大阪府~東京23区 32,00円~
福岡県~札幌市 53,550円~

上記はシーズン期間外で割引適用、割増その他オプション無しの料金です。正確な料金の比較には、日時や輸送距離を引越し業者に伝えて見積もり依頼をする必要があります。

ポイント

荷物の少ない近場の引越しなら、赤帽など軽貨物業者を利用したい。
長距離の一人暮らしの引越しには大手運送業者の単身パック、単身プランを活用したい。

 

家族の引越しおすすめ業者

家族で引越しをする人たちです。

荷物の少ないひとり暮らしの引越しでは、家具も少ないため専用資材を持たない運送業者であっても、毛布などを代用すればなんとかなるものです。

しかし、運ぶ家具の数が多くなってくると、輸送中にほかの荷物と干渉したり、搬出搬入作業中に壁などをこする可能性も高くなるため、専用資材を使った梱包が必要になります。

荷物や家具の多い家族の引越しでは、業者の選択が作業の質を大きく変えてしまう可能性があるといえます。

 

業者の種類によって作業は変わる

業者には引越し業務のみを行う専業会社と、普段は一般貨物輸送などを行っていて引越しも業務の一環として請ける兼業会社があります。

アート、サカイ、アリさんマークなどが引越し専業会社としては有名です。

運送会社としては引越しだけで経営するのは難しく、宅配や一般貨物輸送などをおもな事業にしているところがほとんどです。

引越しにおいて専業と兼業の大きな違いは、車両と作業員、使用する梱包資材に顕著に表れます。

 

車両の違い

専門業者と兼業業者のトラックです。

引越し専業会社のトラックには家具が直接触れても傷がつかないよう内張がされていますが、兼業会社のトラックはそのような仕様にはなっていません。

また、兼業会社のトラックが普段運ぶ荷物の種類は様々です。

たとえば、臭いの残る生鮮食品を運ぶこともあれば、汚れが付きやすい工業製品などを運ぶこともあります。

兼業会社を選んだ場合、そのような車両に引越し荷物を積み込むことになるのです。

 

作業員の質

引越しを熟知した作業員と、配送は熟知しているけれど、引越しはあまり経験のない作業員です。

専業会社の作業員は引越し作業のみを行うため熟練といえますが、兼業会社の場合、普段は配送業務などがメインであるため、作業員が必ずしも引越し作業を熟知しているとは限らないのです。

引越し作業に慣れた作業員に当たればいいのですが、ほとんど経験のないような作業員に当たることもあります。

また、赤帽など軽貨物業者の多くも普段は宅配やルート配送などを行う専業業者で、年配のドライバーが多い傾向にあります。

 

梱包資材

専業会社が使用する梱包資材は、まさに引越しのために作られた専用資材であるため、家具類の適切な梱包をすることができます。

たとえば、専業会社が使用するキルティング素材などは、タンスなどを梱包するのに欠かせない資材ですが、毛布などと違って高価なものです。

兼業会社でこのような引越し専用の梱包資材を持つところは少なく、安価な毛布などで代用することになります。

 

家族の引越しには引越し専業会社がおすすめ

家族の引越しに自信がある引越し専業業者です。

もしも、あなたが業者に完璧な作業を求めるのであれば、アート、サカイ、アリさんマークの引越社といった引越し専業会社を選ぶべきです。

引越し作業の習得には現場での長い経験が必要ですが、専業会社の多くは独自の研修施設を持ち、最低限の教育課程を経てから作業員を現場に送ります。

対して引越しをおもな業務としない兼業会社の場合、現場での作業経験のない作業員をいきなり現場に出すようなこともあります。

つまり、専業会社による引越し作業には最低限の質が担保されますが、兼業会社の作業の質は作業員のあたりはずれによる部分が大きいと言えるでしょう。

特に家族の引越しのように家具や荷物が増えれば増えるほど、梱包の仕方や運搬の仕方など人為ミスによる破損の確率も上がることになります。

餅は餅屋という言葉もありますが、使用する梱包資材の質も含めて、引越し専業会社と兼業会社の作業の質には差があるものです。

費用の安さも引越し業者選びでは大事な要素のひとつではありますが、家具や荷物を安全に運んでもらうことを重視するのであれば、アート、サカイ、アリさんマークの引越社といった引越し専業会社の利用をおすすめします。

引越し専業会社の見積もりを一度に比較するには、業者が選べるLIFULL引越しが便利です。

ポイント

家具や荷物の量が多い家族の引越しは輸送中、運搬中の破損リスクも高くなる。
作業の質を重視するならアート、サカイ、アリさんなどの引越し専業会社を選びたい。

 

女性におすすめの引越し業者

単身女性プラン気になること

一人暮らしの女性やご主人が留守をしている家の主婦の中には、引越しの見積もりとはいえ初対面の男性を部屋の中に入れることに抵抗のある方は多いものです。

特に、訪問見積もりで男性の営業マンとふたりきりになるなどという状況には、不安を覚える方は多いのではないでしょうか。

また、下着などデリケートな衣類を異性に触られるのは、特に気持ちのいいものではないはずです。

引越し業界は男性社会のイメージが強い傾向がありますが、女性スタッフのみで作業を行うなど、女性専門のサービスを提供している業者もあるのです。

 

アート引越センター

アート引越センター

全体の数で言えば少ないものの、多くの引越し業者に女性作業員は在籍しているものです。

特に荷造りを専門に行う梱包作業員には、女性の比率が高い傾向にあります。

実は、アート引越センターにはすべての作業を女性スタッフが行うレディースパックというプランがあるのをご存知ですか?

トラックの運転、家具や荷物の搬入、荷造りをする梱包作業まで、すべて女性スタッフが担当するので、引越しをする女性が心細い思いをすることはないでしょう。

ただし、訪問見積もりにやってくるのが女性の営業マンとは限らないところが、唯一の懸念ポイントではあります。

そのような場合には、訪問見積もりでお友達に同席してもらうという方法もあります。

 

レディースパックの詳細
コース 内容
基本コース 荷造り、荷ほどきは利用者が行い、荷物の搬出搬入は女性スタッフが行う。
フルコース 荷造り、荷ほどき、荷物の搬出搬入も女性スタッフが行う。
ハーフコース 荷造り、荷物の搬出搬入は女性スタッフが行い、荷ほどきは利用者が行う。

 

SGムービング

SGムービングのアイコンです。

宅配や企業間輸送のイメージが強い佐川急便にも、引越しに特化したSGムービングという部門があります。

このSGムービングの中に作業のすべてを女性スタッフが行う、レディースムービングというプランがあります。

レディースムービングのおすすめポイントは、作業スタッフだけではなく、家に訪問見積もりにやってくる営業マンも女性であるということです。

一人暮らしやご主人のいない部屋に、初対面の男性営業マンと二人きりなどのシチュエーションは、女性からすると不安を感じるのではないでしょうか。

レディースムービングを利用すれば、そのような不安からは解放されるでしょう。

また、レディースムービングでは『整理収納アドバイザー』という資格を持ったスタッフが、引越し前の荷物整理から新しい部屋作りまでをサポートしてくれます。

はじめて引越しをされる方や、片付けが苦手という方には心強いプランになるはずです。

 

荷物が少ない女性には単身パック、単身プランもおすすめ

単身パックと単身プランの違いです。

訪問見積もりで男性営業マンと部屋に二人きりになることに不安があるのであれば、訪問見積もりの必要がない単身パックや単身プランを利用するのもおすすめです。

単身パックや単身プランはあらかじめ輸送できる荷物の容積が決まっているため、訪問見積もりを行わない業者がほとんどです。

ダブルベッドなど特に大きな家具があったり、極端に荷物の量が多いのでなければ、単身パックや単身プランの利用を考えてみましょう。

荷物の引き取りには作業員が部屋に入ることにはなりますが、一人暮らしの荷物であればあっという間に終わります。

ポイント

男性の営業マンや作業員に抵抗があるのであれば、女性専用プランを利用する。

家具や荷物が少ないのであれば、女性には単身パックや単身プランもおすすめ。

 

引越しのおすすめ時期

住民基本台帳による月別人口移動者数

上のグラフは政府が公開している月別人口移動者数のデータを加工したものですが、年間に引越しをする人の3割強が3月4月に集中しているのです。

その商品を求める人が多いほど値段が上がるのと同じように、引越しも需要が増えると料金が高くなる傾向にあります。

3月4月に引越し費用が高くなるのは、需要が多くても業者の絶対数が増えるわけではなく、サービス提供側の売り手市場になってしまうためです。

3月4月に引越しをする方の多くが新社会人、入学、人事異動による転勤など、どうしてもこの時期に転居する必要がある人たちです。

つまり、たとえどんなに高い費用を業者に提示されたとしても、引越しをする必要があるわけです。

 

引越しの安い時期

3月4月の引越し費用がほかの月に比べてどれぐらい高くなるのか、サカイ引越センターの例をご紹介します。

サカイ引越センター家族の長距離引越し費用年間相場

サカイ引越センターの家族の長距離引越しの場合、年間でもっとも安いのは1月です。

1月と比較して3月では2倍以上、4月では約2倍にまで費用は高くなってしまうのです。

引越しする時期を自由に選べる人は多くはないと思いますが、3月4月に費用が高くなるのは毎年同じなので、この時期をずらすだけでも費用に大きな差が生まれるはずです。

住民基本台帳による月別人口移動者数と、サカイ引越センターの家族の長距離引越しの年間相場を見てみると、いずれも1月、6月、9月にグラフが谷を形成しています。

つまり、1月、6月、9月の引越し費用は安いという見方をすることができます。

ポイント

需要が高いと引越し費用も高くなる。

年間で引越し費用が安くなるのは1月、6月、9月。

 

時期で変わるおすすめ引越し業者

3月4月は引越しの繁忙期で、ときに業者の手配ができずに引越し難民という社会問題を生み出すこともあります。

しかし、3月4月の繁忙期にすべての引越し業者が忙しくしているわけではなく、普段と変わらない営業をしているところもあるのです。

また、引越し専業会社の料金は時期に合わせて変動幅が大きいものですが、引越し以外の仕事も行う兼業会社の場合、年間を通して料金が安定しているという利点があります。

 

通常期なら引越し専業会社がおすすめ

引越し専業会社というのはアート、サカイ、アリさんマークの引越社のように、業務として引越しだけを行う会社のことです。

専用の梱包資材を使い、専用の施設で教育されたスタッフが作業にあたるので、質の高い引越しを期待することができます。

しかし、様々な荷物を運ぶことで収益を安定させる一般の運送会社と違い、収益の柱が引越し一本であるため単価が高くなってしまうのです。

特に3月4月といった引越し繁忙期には、専業会社の料金は通常期の2倍から3倍にも高騰することがあるのです。

3月4月以外の通常期であれば、作業のクオリティの高さから引越し専業会社はおすすめできると言えます。

 

繁忙期でも安いのは引越し兼業会社

運送会社で引越しだけを行うところは少なく、あらゆる荷物を運ぶなか、引越しも業務の一環として扱うというのが一般的です。

大手ではクロネコヤマト、日通、佐川急便などが有名ですが、町の運送屋さんのほとんどが引越し兼業会社と考えて問題ありません。

引越し兼業会社のメリットは収益の柱が引越しではないため、専業会社のように費用が高くない点です。

繁忙期であっても専業会社のように引越し依頼が殺到するわけではなく、対応できなければ断るというスタンスなので、引越しで大きな収益を上げる必要がないのです。

そのためアート、サカイ、アリさんマークの引越社など、引越し専業会社の費用が著しく高くなる3月4月の繁忙期であっても、業者のスケジュールが空いていれば普段と変わらない費用で引越しができるのです。

ポイント

通常期なら費用が高騰することがないため、引越し専業会社がおすすめ。

3月4月の繁忙期には、普段と変わらない費用で引越しができる兼業会社がおすすめ。

 

まとめ

最適な引越し業者は荷物の量と輸送距離、時期によっても変わるものです。

荷物の少ない引越しなら、赤帽など軽貨物業者の利用を検討してみましょう。

近距離の引越しには、地元の運送屋さんを当たるのもひとつの方法です。

長距離の引越しなら、自社路線便を持つ大手運送会社を利用すると輸送コストが抑えられ、費用の削減につながります。

また、年間で引越し費用が安くなるのは1月、6月、9月です。

男性の営業マンや作業員に抵抗がある女性には、女性専用プランを用意している引越し業者がおすすめです。

あなたの引越しが素敵な思い出になりますように。

以上、『おすすめ引越し業者は条件と時期で変わる!|引越し作業員が解説』を最後までお読みいただきありがとうございました。

無料の一括見積もりをする

このページが役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

-引越し業者

Copyright© 引越しのウラオモテ , 2019 All Rights Reserved.