引越し費用

引越しの相場価格を知る2つの方法と公開されている参考料金など

更新日:

引越しの相場価格を知る

引越しの見積もりを検討するとき、一番気になるのは業者に提示された料金が高いのか安いのかといったことではないでしょうか。

少しでも費用を抑えたいと考えるのは当然の心理です。

「○○の引越しが安かった。」や「○○引越センターならもっと安いんじゃない?」など、引越し経験者からのアドバイスを耳にする機会もあるでしょう。

自分の引越し費用を知るには2つの方法があります。

引越しの相場価格を知る方法

引越しの見積もりをいくつかの業者に依頼してみるとわかりますが、同じような価格帯にまとまることもあれば、最安値と最高値に2倍ほどの開きがあることもあります。

土日祝日の引越しは平日に比べ、費用が2割程高くなるのも引越し独特の相場価格といえます。

また、引越し繁忙期といわれる3~4月の見積もりと、繁忙期ではない時期との見積もりにも大きな差が生まれることもあります。

引越しの相場価格を知る方法のひとつが 一括見積もりサイト 、もうひとつが全日本トラック協会などが公開している統計資料です。

一括見積もりサイトで相場を調べる

引越し費用については、「この引越しは○○円でやりなさい。」といった決まりがありません。

引越し業者が利用者に対して、「○○円ならやりますよ。」という逆オークション形式になっています。

年配の方に多いのが、「わざわざ来てもらったんだし・・・。」という引越し営業マンへの気遣いですが、その気遣いを否定するわけではありません。

しかし、営業マンの言い値で契約してしまうのはもったいないのです。

特にネットの普及した現在、一括見積もりサイトの台頭などもあり、複数業者の見積もり比較も簡単にできるようになりました。

そう、営業マンも複数業者の見積もり比較ありきの費用を利用者に提示する時代なんです。

つまり、あらかじめ値下げの余地がある費用を業者は最初に提示してくるのです。

この値下げの余地がどれくらいあるのかを、あらかじめ知ることができるツールが一括見積もりサイトです。

いくつかの業者の見積もりを取り平均を知ることで、費用の相場とすることができます。

この相場よりも高い費用を提示してくる業者には、値下げの余地があるということになります。

一括見積もりは無料のサービスで、どこかの業者と契約しなければいけないといったこともありません。

ぜひ上手に活用してみてください。一括見積もりを利用して相場を確認している人です。

公開されている統計資料と比較する

引越し業者のホームページや一括見積もりサイトなどでも、単身や家族などプラン別費用を参考として公開しているところはあります。

しかし社内での編集であったり、参照元データがあいまいであったりするため、利用者からすると信頼度に欠ける一面もあります。

第三者機関が公開する統計資料としては、各地方運輸局や全日本トラック協会などのホームページに引越し費用の参考例があります。

単身の引越し

作業環境 1F→1F
間取り 1K~1DK
輸送距離 100km程度
車両 2トン車1台
作業員 運転手1名、作業員1名
費用 50,000~60,000円

メモ

・大物類の荷造り、荷解き及び搬出、搬入は業者が行う。
・ダンボール箱10~20枚をセット。
引用:関東運輸局

家族の引越し

作業環境 1F→1F
間取り 2DK~3DK
輸送距離 100km程度
車両 4トン車1台
作業員 運転手1名、作業員2~3名
料金 100,000~120,000円

メモ

・大物類の荷造り、荷解き及び搬出、搬入は業者が行う。
・ダンボール箱30~40枚をセット。
引用:関東運輸局

大阪から京都へ

引越し日 平日
家族構成 大人2人、子供2人
輸送距離 100km未満
車両 4トン車1台、2トン車1台
作業員 運転手1名、作業員4名
費用 149,500円

メモ

・エアコン脱着などのオプション費用は含まず。
引用:近畿運輸局

大阪から東京へ

引越し日 平日
家族構成 大人2人、子供2人
輸送距離 570km
車両 4トン車1台、2トン車1台
作業員 運転手1名、作業員4名
費用 304,500円

メモ

・エアコン脱着などのオプション費用は含まず。
引用:近畿運輸局

オプション費用

引越し費用には基本作業料金とは別に、エアコンの取り付け取り外しやピアノの運搬などといった、引越しに付帯する作業についての有料オプション費用があります。

付帯作業については引越し業者が自社で行うところ、提携業者に委託するところがあり費用にも幅があります。

全日本トラック協会のホームページに、全国平均をまとめた統計資料、つまり利用者にとっての相場価格が公開されています。

ピアノ運搬料

ピアノはデリケートな楽器であるため、運搬には専門の知識を持つ作業員と機材などが必要となり、専門業者に委託している引越し業者は多いです。

最低 10,000円未満
最高 60,000円
最多 40,000~45,000円

メモ

引用:全日本トラック協会

エアコン脱着

エアコンの取り付け取り外し作業を行う引越し業者もありますが、専門の知識と機材などが必要なため提携業者に委託する引越し業者も多いです。

エアコン取り付け
最低 5,000円未満
最高 40,000円
最多 10,000~15,000円
エアコン取り外し
最低 5,000円未満
最高 25,000円
最多 5,000~10,000円

メモ

引用:全日本トラック協会

まとめ

ピアノやエアコンの専門業者は自分で安いところを探して手配することもできます。

しかし、引越し当日の時間調整やエアコン、ピアノ自体の輸送は引越し業者が行う必要があるなど、スムーズな引越しとはならなくなってしまうケースもあります。

オプション作業については引越し業者に任せるのが賢明といえるでしょう。

-引越し費用

Copyright© 引越しのウラオモテ , 2018 All Rights Reserved.