引越し費用

前払い?後払い?引越し料金支払いの適切なタイミングとは?

更新日:

支払い おすすめ45秒のかんたん引越し見積もり

引越し料金の支払いは引越し作業前にするところ、引越し車両への荷物の積み込み完了時にするところ、引越し作業がすべて完了した後にするところと、引越しの現場では引越し業者によって様々です。

本来、引越し料金はいつ支払うものなのでしょうか。

引越し契約に関するルール、引越運送約款によると引越し料金の支払いについての定義は、引越し業者は「荷物を受け取るときに見積書に記載された支払方法により、荷送人から運賃等を収受する。」とあり、少し曖昧なものとなっています。

この引越運送約款によると、少なくとも引越し業者は引越し作業がすべて完了する前に引越し料金を収受することに問題はないといえます。

宅配便などの荷物を運送業者に引き渡す際に、運賃を先払いするのと同じと考えられます。

引越し料金は原則前払い

「手持ちがないので途中でお金をおろして、引越し料金は引越し先で支払います。」といったケースも引越しの現場ではありますが、本来はルール違反であることを知っておかねばなりません。

しかしながら、引越し業者がやってきて挨拶もそこそこに「先に引越し料金のお支払いをお願いします。」となったら、利用者としてはどうでしょうか。

引越運送約款によって認められているとはいえ、あまり気分のいいものではないでしょう。

そのような利用者の心理からすると、引越し料金支払いの適切なタイミングは、引越し車両への荷物の積み込み完了時と考えられます。

実際多くの引越し業者ではそのような引越し料金の収受をしているようです。

引越し業者にとって後払いはリスク

引越し先で引越し料金を支払うという約束で引越し業者が荷物を預かり、その後荷主と連絡が取れなくなるといった引越しを装った家財処分詐欺のような事例もあることから、多くの引越し業者で引越し料金は前払いが鉄則となっています。

仮に2トン車両1台分の引越し荷物や家具類を廃棄するとなると、その費用は軽く引越し1件分の費用を超えてしまうものです。

引越し業者のそのようなリスクへの懸念と利用者の心理からすると、引越し料金支払いの適切なタイミングは、引越し車両への荷物の積み込み完了時、つまりトラックが転居先へ向かう前といえるでしょう。

クレジットカードは使える?

引越し料金は現金で支払う利用者が圧倒的に多いようですが、キャッシュレス化と相まって、クレジットカードを使いたいという利用者も増えているようです。

引越し料金は金額が大きいものなので、還元されるポイントもカード利用者が増えている要因でしょう。

引越し料金のクレジットカード払いに対応した引越し業者は多くありますが、クレジットカード会社へ支払う手数料の関係から、まだまだ引越し料金の支払いは現金のみといった引越し業者も多いようです。

引越し料金の支払いには現金、クレジットカードの他に銀行振込に対応した引越し業者もあり、現金以外で支払いをしたい場合には事前に確認するのがいいでしょう。

-引越し費用

Copyright© 引越しのウラオモテ , 2018 All Rights Reserved.