自分で引越し

自分で引越し 記事一覧

引越し費用の究極の節約法は自力での引越しになりますが、引越しを専門に行う運送会社がなかったひと昔前までは、そういった形での引越しは珍しいものではありませんでした。またご自身や知り合いが運送会社に勤めていたりすると、引越しを自分たちでやってしまおうと考えることもあるでしょう。金銭的に余裕がない場合には、そうせざるを得ないこともあるかもしれません。しかし、現在ではトラックをレンタルする費用よりも安く引...

引越し作業が相当ハードな肉体労働であることは想像にたやすいと思いますが、そのような引越しを1日に何件もこなす引越しのプロたちは、はたして全員が体力自慢のスーパーマンなのでしょうか。引越し作業に毎日従事するようになると、何より体力が人並み以上につくものです。しかし、引越し作業員としてある程度の経験を積んでくると、何よりも無駄のない動きを引越し作業に求めるようになるものです。そのような引越しのプロであ...

引越し荷物をトラックに積み込む際には、輸送中の振動で荷物が落下したり、荷台の中で荷物が暴れたりしないように、しっかりと積み込みをすることが大切です。輸送中の家具や荷物には、振動のほかにもトラックの急発進や急ブレーキによる加重、右左折時の遠心力などがかかり、積み込みには前後のバランスや左右のバランスにも気を配る必要があります。特に高速道路などを使う距離のある引越しの場合には、荷物の落下などは重大事故...

新居へ到着したらいきなり荷降ろしを始めるのではなく、荷物の搬出と同じく安全に効率よく荷物の搬入ができるよう準備を整えることが大切です。荷物の搬入口は必ずしも玄関である必要はなく、庭に面した部屋から荷物を運び入れるほうが、玄関からよりも作業が楽になるケースなどはとても多いものです。玄関から荷物を搬入する際、扉が閉まってしまわないようロープなどで固定しておくと安心です。また部屋などから搬入する場合には...

引越しのプロ、引越し業者でさえ、時には搬出や搬入が困難な家具であったり、部屋であったり、引越し作業に困難を強いられることがあるものです。しかし、分解をすれば搬出や搬入ができる家具や、複数の入り口や窓がある部屋などは、搬出や搬入経路を変えることで対処できるようなケースも少なくありません。家具類の搬出や搬入といった引越し作業には、物理的に不可能な場合を除いては何らかの方法があるものです。分解できるもの...

page top