自分で引越し

引越しは自分でできる?自力引越しに必要なものとは?|自分で引越し

更新日:

自分で引越し。必要なもの。

もっと安く引越しをする方法はないものか・・・。

究極の引越し費用節約法は自分で引越しをしてしまうことです。

自分や知り合いが運送会社に勤めていたりすると、引越しを自分たちでやってしまおうと考えることもあるでしょう。

今でこそあまり見かけませんが、引越しを専門に行う運送会社がなかったひと昔前までは、自分たちで引越しをするのは当たり前のことでした。

しかし、現在ではトラックをレンタルする費用よりも安く引越しを行う引越し業者もあるぐらいなので、引越しを自分たちでと考える方は多くはないようです。

自力引越しに必要なもの

引越しは必要なものと段取り、人手さえ揃えば自力で行うことは充分に可能だといえます。

しかし、トラックのレンタル費用、手伝ってもらう友人などとの日程の調整、荷造り用のダンボールの調達など、かなりの時間と手間は必要になります。

荷物の量や家具の大きさなどによっては、赤帽などの軽貨物引越し業者で費用が10,000円を切るような格安引越し業者も存在します。

それでも自力での引越しを考えるのであれば、必要なものを揃えて引越し業者のやり方をまねるのが最良の方法といえます。

トラック

レンタカーを借りるのが手っ取り早い方法ですが、知り合いに運送会社に勤める方がいたり、ご自分の会社などにトラックがあれば、会社の休日などに貸してもらえるようお願いするのもひとつの方法です。

普段乗用車しか運転しない方の場合、トラックの大きさは2トン程度までのものをおすすめします。

右左折時のいわゆる内輪差には慣れが必要で、4トンなどの大きなトラックを初めて運転するようなことはおすすめしません。

荷台はシートをかけるような平ボディーというタイプではなく、パネル型のトラックだと荷物の落下の心配がなく、雨が降っても安心です。

トラックレンタル費用の相場

2トンクラスのトラックを1日(12時間)レンタルすると、費用はパネル型トラックで10,000円前後、平ボディータイプのトラックで7,000円前後が相場のようです。

レンタカートラックは多くのレンタカー屋さんで時間ごと、半日などでも借りることができますが、作業時間には余裕を見ておくことをおすすめします。

人手

普段の人付き合いがものを言いますが、引越し作業は人海戦術と同じで、とにかく人数が多いほうが楽です。

力のない女性でも荷物や部屋の片付けなど、引越しには人それぞれにできることがたくさんあるものです。

特に冷蔵庫やタンスなど、大きくて重い家具類の運搬には体力自慢のお友達が欠かせません。

家具類をひとりで無理して運ぶと、時に壊してしまうばかりか怪我をしてしまうこともあります。

引越しのアルバイト経験のあるお友達がいれば、大変心強い引越しになることは間違いないでしょう。

梱包資材

冷蔵庫やタンスなど家具類を運搬するときや、トラックに積み込むときにキズが付かないよう保護するために使います。

要らない毛布や布団が5枚程度あれば何とかなるでしょう。

毛布や布団で家具類を覆ったら、ノリが残っても目立ちにくい裏面にガムテープなどで固定すると、運搬作業中に家具類にキズがつきにくくなります。

荷造りにはダンボールとガムテープ、食器類などのワレモノの梱包には新聞紙などがあると便利です。

工具類、部品

家具類の分解、組み立てに必要な工具を用意します。

一般的にはドライバー、六角レンチなどで事足りると思いますが、ものによっては備え付けの専用工具が必要だったりします。

タンスは天板、底板、扉に分割、ベッドなども分解できるものはとにかく分解したほうが重量が軽くなり、運搬が楽になることから結果キズをつけるリスクが少なくなります。

また本棚や食器棚の棚板をはずしたら、棚板の高さ位置を調整するストッパー器具、下の写真のようなダボという部品もなくさないようにはずしておきましょう。

ダボ

荷造りロープ

冷蔵庫やタンスなどの家具を覆ったり毛布を縛ったりするのに使うほか、平ボディーと呼ばれる屋根のないタイプのトラックを使用する時に、荷台に荷物を固定するのに使います。

平ボディータイプのトラックを使用するのであれば、荷物の落下防止や雨対策としてブルーシートなどで覆い、荷造りロープで固定しておけば安心です。

自力引越しの注意点

一番に気をつけていただきたいのは、怪我をしないことです。

特に冷蔵庫やタンスなどを階段から降ろすとき、下で支える人は足を踏み外さないよう、滑らないよう十分に気をつけてください。

また、重いものを持ち上げるときはきちんと腰を落として、体全体で持ち上げるようにしないとぎっくり腰を誘発します。

あとは、せっかく引越し費用を安上がりにしても、引っ越し祝いで逆に高くついてしまった・・・なんてことのないようにしてくださいね。

-自分で引越し

Copyright© 引越しのウラオモテ , 2018 All Rights Reserved.