引越し特殊作業

引越しの特殊作業

 

間取り図

 

引越し作業をしていると、「どうやってこの部屋に入れたんだ?」と頭をひねるような家具に出会うことがあります。部屋の入り口より、縦横いずれも幅のある一本モノのタンスなどで、古いものだと分解不可のものも多いのです。

 

最近の洋ダンスなどはよくできていて、天板、底板、サイド、扉などに細かく分解できるものが多く、よほど作業条件が悪くない限り搬出、搬入に困ることはありません。

 

ただ都心部などで見かけることの多い、限られたスペースに建つ3階建ての住居などは階段も踊り場も引越し作業をするには少し狭く、引越し屋泣かせの物件も多いものです。

 

玄関から入らない家具も多い

 

タンス

 

玄関が常に搬出、搬入に最適というわけではなく、一軒家などでは1階の広い部屋の窓をはずしたりして作業の効率と安全を確保したりもします。

 

一軒家の2階、3階の部屋については、部屋の入り口を使って直接搬出、搬入ができなくてもベランダを利用したり、屋根を利用したりといった方法もあります。家の中の階段を使って家具類の搬出、搬入ができないことも珍しくありません。

 

そういった場合には庭からベランダ、ベランダから庭、庭から部屋の窓、部屋の窓から庭といった具合に、ロープを使って吊り上げ、吊り下げ作業をするのが、多くの引越し業者では一般的です。もちろん人力になります。

 

引越し作業が困難な現場も多い

 

引越しの営業マン

 

私の記憶に残る経験では、お風呂場からしか入らなかった観音開き大型冷蔵庫。お隣の家の庭を借りての家具の吊り上げ作業。4人でやっと持ち上がる業務用冷蔵庫の3階への吊り上げ作業などがあります。

 

しかし、そもそも引越し作業が困難な現場というのも存在します。まるではしごのような階段を登った上にある4階の部屋や、人ひとりがやっと通れるだけの細い路地の先にある家など・・・。

 

ウチの会社は安さを売りにしているので、他社が断るようなそんな現場も多いのですが、作業効率と荷物、引越し作業の安全などを考えれば、大手が持っている特殊作業車がほしいところです。

 

引越しの特殊作業車

 

クレーン車

 

高層階と地上をつなぐ某社のフライングデッキ、スカイポーター、スーパーデッキ。リアゲートがカゴになって、3階まで垂直に上がる引越し車両など、引越しの特殊作業車にも色々と種類があります。

 

特殊作業車を呼ぶと引越し料金が跳ね上がりますので、ウチの会社では年に2、3件ぐらいしか使いません。寅さんではないですが「人力はつらいよ。」という感じでやってます。

 

特殊作業車は引越し業者によって色々呼び名があり、シューター、スライダー、シャトルなどと呼ぶところもあります。ピアノ屋さんが使うのはクレーン。自分は運よく作業がかぶったときに、家具を吊ってもらったりのお願いをすることもあります。

 

転居先の下見が必要なケースも

 

引越しでは見積もり時に営業マンが積み地は下見しますが、降ろし地を下見するのは稀。スペースの関係で転居先に設置できない洗濯機なんていうのもよくあります。

 

玄関、通路で切り返しのできない大きなベッドマットや、家具の部屋への搬入ができないケースもあります。これが高層マンションの上階だったりすると、特殊作業車を使うかそれらの家具の搬入をあきらめるかしかなくなるというケースもあります。

 

特殊作業車は当日には手配できないことが多く、何より費用が高くつくものです。特殊作業車を使わないと搬入できないことが当日わかった場合には、その請求はお客さんに行くことになるでしょう。

 

大型冷蔵庫や大型家具を新調もしくは持っていたり、転居先の引越し作業に障害がありそうだと思ったら、引越し営業マンに転居先の下見もリクエストすることをおすすめします。

 

関連ページ ⇒ 引越しの追加料金

 

この記事は当サイト管理人が引越し作業員として経験したさまざまな事柄を、個人的な主観、視点、思考に基づいて書いたものです。

 

記事に含まれる内容の再現性、可能性や、特定の引越し業者の推薦、批判をするものではありません。

 

安い引越し業者が見つかる!引越しの一括見積もり


ポイントを教える女性


同じ引越しなのに業者によって費用が違う!


だから、見積もりを比較することが大事なんです。


おすすめは引越し業者が選べるLIFULL引越し!


最短45秒サカイ、アート、アリさん、日通、クロネコヤマトなどへ見積もり依頼ができます。


引越し業者バナー

このエントリーをはてなブックマークに追加  
page top