引越し費用

同棲の引越し費用|彼氏彼女の荷物を2ヶ所で一度に積んだら安上がり?

同棲するための引越しの計画を立てているカップルです。

結婚はまだ先の話にしても、彼氏彼女の関係になったらお互いをもっと深く知るために一緒にいる時間を増やしたいですよね。

生涯を共に過ごすパートナーになるわけですから、結婚前のお試し期間ということで同棲を選択するカップルも多いんです。

しかし、ふたりで暮らすとなると生活用品も二人分になり、これまでそれぞれが暮らしてきた部屋に二人で住むには狭いかもしれません。

ならば広い部屋へ引越そうと、カップルで引越しをするケースも多いものです。

同じ日に同じ引越し業者に頼めば費用が安くなるんじゃない?

このように考える方も多いのではないかと思います。

それは半分正解、半分はケースバイケースということになるかと思います。

このページでは、同じ日に同じ引越し業者が荷物を複数の場所から積んで引越しをしたら、別々に依頼するよりトータル費用が安くなるのかをご紹介します。

私の彼女の引越しの場合

この記事を書いている私も現在結婚はしていないのですが、彼女と一緒に暮らしています。

もちろん、彼女にはお嫁さんになってもらうつもりでいるのですが、彼女もそう思ってくれていることを願うばかりです。

引越し業者を紹介するサイトを作っておきながら、彼女に家に来てもらうときには軽自動車を使って自力引越しをしました。

私はもともと引越し作業員なので、自力引越しにしたのは引越し業者を利用するほどの物量ではないという判断からです。

その時の様子も記事にしてありますので、ぜひご覧になってみてください。

後方視界の確保
自家用車を使った自力引越し実践編|失敗しない引越し作業のコツ

お金をかけずに引越しをする究極の方法は、ずばり自力で引越しをしてしまうことです。 車の免許を持っていない私の友人の中には、なんと電車ですべての荷物を運びきった猛者もいます。 さすがに大きな家具やベッド ...

 

2ヶ所積み、2ヶ所降ろし

1台のトラックが別々の場所で荷物を積んで引越し先に向かうことを、業界では2ヶ所積みなどと言います。

逆に転居先で使わない家具類等を別の場所へ降ろすことを、2ヶ所降ろしなどと言います。

引越しの現場では2ヶ所積みや2ヶ所降ろしは特殊なケースでなく、ごく普通に行われていて、その費用も驚くような高い金額になることはありません。

 

2ヶ所積みのメリット

たとえば荷物を積む場所が複数個所あっても、転居先までがそう遠く離れていない場合、引越しを別々に依頼するよりも費用は安くなる傾向にあります。

業者にとっては片道分の経費で2件分の引越しが受注できることになり、多少の値引きをしてもトータルでは利益増となるためです。

利用者にとっても1回の引っ越しで二人分の荷物が運べるため、日程の調整や業者の手配も一度で済むため楽というメリットがあります。

 

2ヶ所積みのデメリット

荷物を積む1ヶ所目と2ヶ所目、転居先までが遠く離れていたり、大きな回り道になってしまうようなケースでは、それぞれの引越しを別々に発注したほうがトータルで費用を抑えられるケースもあります。

荷物の量が少なければ赤帽など軽貨物業者を利用したり、大手の単身パックを利用したほうが安く済むケースも少なくありません。

また、それぞれ別々に見積もりを取ってみない限りはトータルで費用が安くなるのかがわかりづらいため、営業マンの言い値で料金が決まりやすい点には注意が必要です。

 

2ヶ所積みで費用は安くなるのか?

引越し業者にとっては一度に2件分の引っ越しが受注できることになるので、多くのケースで料金は安くなると考えていいでしょう。

しかし、営業マンに自ら2ヶ所積みを提案する前に、LIFULL引越しなど一括見積もりサイトで参考料金を把握しておくことは大切です。

また、引越し料金は運ぶ荷物の量と輸送距離で決まるため、不用品を処分するなどして業者が運ぶ荷物の量を減らすことも費用を抑えることにつながります。

運ぶ荷物の量と輸送距離で、どれぐらい費用が変わるのかは当サイトの引越料金計算機を使うとシュミレーションできます。

 

どのぐらい安くなるのか?

業者にとって1回で2件分の引越しが受注できる2ヶ所積みの場合、おおむね1件分の引越し費用の半額程度が割引されると考えていいと思います。

つまり彼氏彼女の引越しを別々に依頼すると、それぞれ5万円かかるとします。

このふたつの引越しを同じ日、同じ業者に依頼すると、1件分の半額程度、つまり2万5千円程度が割引されると考えていいでしょう。

もちろん、荷物の量や作業環境、輸送距離によって割引額は変わってきますが、まるまる2件分の費用を見積もりに提示してくることはまずないでしょう。

 

費用を安くする方法

これまで別々に暮らしていたカップルが同じ部屋で暮らし始める場合、同じ家具や家電がふたつはいらないといった状況になるはずです。

そういった不用品を処分して運ぶ荷物を減らすことが、一番簡単にできる引越し費用の節約方法になります。

不用品もただ捨てるのではなく、ヤフオクやメルカリなどオークションやフリマサイトを活用すれば、引越し費用の一部に充てることもできます。

私も不用品の処分にヤフオクやメルカリなどを活用していて、不用品処分のカテゴリーに記事をまとめていますので、ぜひご覧になってみてください。

 

カップルの引っ越しにおすすめの業者

一人暮らしの標準的な量の荷物を新居に運ぶのであれば、コストパフォーマンスの高い赤帽など軽貨物業者の利用がおすすめです。

ただ、カップル二人分の荷物を一度に運ぶとなると、軽トラック1台では積める量が限られるため、複数台の赤帽車を利用するよりは2トン車などの一般的な引越し業者を選ぶ必要があります。

また、一人暮らしの標準的な物量の引っ越しであれば、大手業者の単身プラン、単身パックも料金が手ごろなので検討する価値ありです。

 

赤帽の見積もりを取るには?

赤帽など軽貨物業者の引越し費用は、およそ30km圏内、作業時間2時間以内では1万円を切るケースもあり、カップルがそれぞれ別に利用したとしても、一般の引越し業者よりお得になることが多々あります。

ただ、積める荷物の重量がトータルで350kg以内に限られること、背の高い家具や大型ベッドが積みこめないというデメリットがあります。

また赤帽など軽貨物業者が参加できる一括見積もりサイトが、現在LIFULL引越しのみとなるため、いくつかの赤帽から見積もりを取るには直接連絡を取る手間がかかります。

コストパフォーマンスが断トツの赤帽での引越しを検討されるのであれば、ぜひ複数の赤帽から見積もりが取れるLIFULL引越しを利用してみてください。

 

ふたりの引っ越しに最適な業者を探す

二人暮らしを始めると楽しいことばかりでなく、生活費もひとりで暮らしていた時よりも多くかかることになります。

新しい部屋を借りると敷金礼金など最初にまとまったお金も必要です。

二人暮らしを始めるなら、とにかく生活資金に余裕を見ておくことが安心につながります。

そのためには二人の引越し費用を少しでも安く抑える方法も、ぜひ真剣に考えてみてほしいと思います。

引越し費用は業者の言い値になることが多く、あらかじめ相場料金を知っておくことが損をしない秘訣です。

引越しの一括見積もりサイトは複数業者の見積もり比較が簡単にできるツールです。

自分の引越し、パートナーの引越し費用の平均価格を調べておけば、高すぎる料金で業者と契約してしまうというリスクを排除できます。

このサイトでおすすめしているLIFULL引越しは、手当たり次第に業者へ見積もり依頼をするのではなく、希望する業者にのみ見積もり依頼をすることができます。

そのためほかの見積もりサイトではよく問題になる、業者から電話が殺到するというようなことにはなりません。

また、コストパフォーマンスの高い赤帽など軽貨物業者が参加する唯一の一括見積もりサイトであることも、おすすめする理由のひとつです。

以上、『同棲の引越し|彼氏彼女の荷物を2ヶ所で積んだら費用は安上がり?』を最後までお読みいただきありがとうございました。

このページが役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

-引越し費用

Copyright© 引越しのウラオモテ , 2019 All Rights Reserved.