引越し費用

引越し費用が安いのは何曜日?月曜と金曜の料金が高くなる理由とは?

更新日:

引越しって曜日によって値段が変わるって知ってました?

同じ引越しをするなら、安いほうがいいに決まってますよね。

賃貸契約の家賃支払いの関係で月末に引越しが集中するというのは、聞いたことがことがあるんじゃないかと思います。

なので、引越しをしたいと思う人が多い月末には業者も強気の値段を設定するんですね。

だから、月末の引越しは高いとよく言われるんです。

実は、平日にも引越しをしたいと考える人が多い曜日というのがあるんです。

それは月曜日と金曜日で、やはり月末と同じように引越し需要があることから、ほかの平日に比べると値段が高くなりやすい傾向があるんですよ。

このページでは月曜日と金曜日の引越し費用が高くなる背景と、平日に安い引越しをするコツについてご紹介します。

月曜と金曜の引越し費用が高くなる理由

引越し費用は需要と供給のバランスで決まる傾向が強く、最低運賃と最高運賃については引越運送約款で決まってはいるものの、作業員の人件費などを含めた全体の費用については業者が独自に決めていいことになっています。

そのため利用者にとっては標準料金といった指標がないため、引越し費用のしくみはとてもわかりづらいものとなっています。

引越し費用は基本的に運ぶ荷物の量と輸送距離で決まるのですが、業者が忙しい時期と暇な時期では値段が違ってくるという、ほかのサービスでは考えられないような仕組みがあるんです。

引越し費用の基本的な仕組みについては、以下のページをご覧になってみてください。

引越し費用はどう決まる?|引越し費用のしくみ

引越しが集中する日程

月曜と金曜の引越し費用が高くなる理由は、引越しが集中する日程を考えるとわかりやすいです。

引越し日で一番人気のあるのは土曜日、日曜日といった週末です。

祝日を絡めた連休なども人気がありますが、その理由は会社や学校などの休みを利用して引越しを終わらせたいと考える人が多いためです。

週末、そして連休に引越しが集中するもうひとつの理由が、新生活の準備をする時間が確保しやすいためなんです。

土日の引越しは新生活の準備がしやすい

たとえば土曜日に引越しをすれば、日曜休みの人にとっては丸一日を荷解きや新生活の準備をする時間に充てることができます。

日曜日の午前中に引越しが終われば、午後を荷解きや新生活の準備をする時間に充てられるというわけです。

なので、三連休などは初日や中日のほうが、連休最終日より引越し日としては人気があります。

連休最終日の引越しでは、荷解きや新生活の準備をする時間が短くなってしまうためですね。

つまり、週末では日曜日よりも土曜日、連休であれば最終日よりも初日や中日のほうが費用も高くなりやすいんですよ。

月末の引越し費用が高くなるのは賃貸契約の家賃支払いに関係するもので、以下のページで詳しくご紹介しています。

引越し費用はなぜ月末に高くなる?|家賃、給料日、新入社員との関係

有給休暇を取る人が多いのが月曜と金曜

実は、わざわざ引越しのために休みを取るというのは少数派なんですよ。

その少数派が休みを取るのが月曜日と金曜日なんです。

つまり、月曜日と週末を絡めたり、金曜日と週末を絡めて連休にして引越しに臨むんですね。

月曜日と金曜日に休みを取って引越しをする人は、週末に絡めて荷解きや新生活の準備をする時間を確保するんです。

土曜日もしくは日曜日、いずれか1日しか休みのない人が自ら連休を作り出して、荷解きや新生活の準備をする時間を確保しやすいのが月曜と金曜なんですね。

なので、ほかの平日に比べると月曜と金曜の引越し需要は高くなり、価格も下がりづらいという背景が生まれることになります。

週末の引越し費用が平日よりも高い理由や、土日なら日曜が安い理由については以下のページで詳しくご紹介しています。

週末の引越し費用が平日より高い理由|土日なら日曜日が安くなるワケ

平日の引越しが安いのは火曜、水曜、木曜日

学校や会社から休みを取って連休にしようと考える人が多い月曜日、金曜日は土日ほどではないにしろ引越し費用は高くなりやすいんです。

引越し費用は需要と供給のバランスで決まるからですね。

私の友人に床屋さんがいて月曜、火曜定休なのですが、そもそも平日休みの方って少ないですよね。

引越し業者も平日の件数獲得には苦労することも多く、平日なら同じ規模の引越しが土日料金の半額程度になるなんてこともあるんですよ。

ただ、私の営業マンとしての経験では、やはり月曜日、金曜日の引越しは取りやすかったと記憶しています。

つまり、そんなに値引きしなくても件数が取れたということになります。

逆に火曜~木曜についてはアルバイトに休んでもらうこともあるほど、件数獲得に苦労することもありました。

相当安い見積もりを提示しても他社に逃げられてしまうとか、まず即決してもらえないことが多くありました。

火曜、水曜、木曜日の引越しなら、営業マンから安い見積もりを引き出せる可能性は高いですよ。

営業マンから安い見積もりを引き出す値下げ交渉のコツについては、以下のページをご覧になってみてください。

引越し営業マン直伝!安い見積もり費用を引き出す値下げ交渉のコツ

平日の引越し費用を安くするには?

平日なら月曜、金曜をはずして火曜~木曜の引越しがねらい目なのがわかったところで、さらに費用を安くする方法をご紹介します。

上の項でお話した通り、転居先での荷解きや新生活の準備をする時間の確保に焦点を当てると、費用を安くするポイントが見えてきます。

また、万人向けではありませんが、多くの人が縁起が悪いと敬遠する日柄を選ぶという方法もありますよ。

合わせて、複数業者の見積もりを比較するためには、一括見積もりもはずせない引越し業者選びのツールです。

平日の引越し費用を安くする方法

  • 午後便、フリー便を利用する
  • 縁起が悪い日を選ぶ
  • 一括見積もりサイトを利用する

午後便、フリー便を利用する

午前便とフリー便

引越しプランでもっとも人気があるのは、業者を問わず朝一番から作業をスタートする午前便です。

午前便なら夕方までには引越し作業が終わることが多いため、新居での荷解きや翌日の準備をする時間に余裕があるためです。

荷物の多い規模の大きな引越しなどでは、作業時間の関係から午前便しか選択肢がないこともあります。

明るいうちに引越しを終わらせたいと考える方は多いのではないでしょうか。

そのため引越しの午前便は価格の設定も高く、荷物の少ない引越しなどでは割高感があることも少なくありません。

特に荷物の少ないひとり暮らしの引越しなどでは、料金設定の高い午前便を選ぶメリットは少ないでしょう。

荷物の量がそんなにはなく、転居先での荷解きや翌日の準備をする時間が短くなっても構わないというのであれば、午後便やフリー便はおすすめできます。

費用が午前便の半額程度にまで安くなることもありますが、作業時間が読めないといったデメリットもあり、3月、4月の繁忙期には作業が深夜に及ぶことさえあります。

午後便、フリー便の利用では作業時間が読めない、転居先での荷解きや翌日の準備をする時間が確保できないかもしれないといったリスクを受け入れる必要があります。

午後便、フリー便の費用が安くなるしくみについては、以下のページで詳しくご紹介しています。

安い引越し午後便(フリー便)費用のからくり|午前便との違い

縁起が悪い日を選ぶ

六曜

私自身は大安や仏滅など、イベントで六曜を気にすることはないのですが、私の父親は結婚式などおめでたい行事は絶対に大安を譲ろうとしません。

私が営業で回っていたころも、引越し日に大安を選ぶ方は多かったと記憶しています。

引越しで六曜といった日柄や縁起を気にする人は、費用にかかわらず縁起の良い日を選ぶんですよ。

なので、大安の日に最初から高い見積もりを提示する営業マンがいてもおかしくはないですよね。

私の営業経験でも、大安を指定してきたお客さんには値引きをしなくても取れるという印象がありました。

つまり、訪問見積もりで『大安の日で』なんて営業マンに話したらダメですよ。

引越しで縁起を気にする人がどれぐらいいるのか気になりますよね。

このサイトでもアンケートを取ったことがあるんです。

引越しで六曜は気になる?

およそ2割程度の方が、引越しで縁起を気にするという結果になりました。

引越しで縁起を気にする人がいる以上、需要と供給のバランスに当てはめると費用に影響はあるはずです。

また、営業マンの視点からすると、大安の日にわざわざ値引きをする必要はないということになります。

同じ値引き交渉をするなら、圧倒的に日柄の悪い日のほうが有利なのは間違いありません。

縁起の悪い日というのは引越し業者も件数を確保しづらく、価格を下げてでも多くの件数確保を優先することもあるからです。

大安のほかにも引越しに向いた六曜や、縁起の悪い日を縁起の良い日に変える方法などを以下のページでご紹介しています。

引越しは大安が吉日?縁起の悪い仏滅はダメな日?|引越しと六曜

一括見積もりサイトを利用する

複数の見積もりをとりましょう

平日の引越し費用を安くするときに活用したいのが、複数業者の見積もりが比較できる一括見積もりサイトです。

簡単に複数の業者比較ができるネット見積もりが普及した現在、業者も利用者があらかじめ相見積もりをすることを前提に費用の提示をしてきます。

つまり、引越し業者が最初から最安値を出すことはないと思ったほうがいいんです。

言い換えると、いくつかの業者の見積もりを比べることなく1社の見積もりのみで契約をするというのは、相場よりも高い価格で業者を選ぶことになりほぼ確実に損をすることになります。

これは平日の引越しに限ったことではなく、現在業者を選ぶとき一括見積もりサイトを使わない人のほうが少ないんですよ。

なぜなら、一括見積もりサイトは複数の業者の見積もりが取れることから、業者を選ぶツールとしてだけではなく、自分の引越し費用の相場を知ることができるツールでもあるためです。

ただ、無料で便利なのはわかっていても一括見積もりサイトの利用に次のような不安を持つ方も少なくありません。

見積もりサイトのココが不安

  • 見知らぬ業者から大量のメールが送られてくるんじゃないか。
  • ひっきりなしに業者から電話がかかってくるんじゃないか。

たしかにサイトによっては10通ものメールが業者から届いたり、短時間の間に電話が集中してかかってくるというところもあります。

また複数の見積もりサイトを同時に利用したりするとメールや電話の量も増えるため、人によっては迷惑メール、電話攻撃という印象を受けるかもしれませんね。

管理人
一括見積もりサイトの利用はひとつで十分ですよ。

おすすめ一括見積もりサイト

このサイトは2004年から運営していて、これまで多くの一括見積もりサイトを見てきましたが、現在自信を持っておすすめできるのはたったの2つ、以下のようなサイトです。

おすすめする見積もりサイトの特徴

  • 見積もりが欲しい引越し業者だけを選ぶことができる。
  • メールのみで完結。業者から電話がかかってこない。

LIFULL引越し

LIFULL引越しは登録業者数が約130社と多すぎず少なすぎず、サービス内容や料金の比較がしやすいのが特徴で、どの引越し業者を選べばよいのか迷うことがありません。

荷物の量や部屋の間取りなどわかりづらい項目の入力が任意となっており、初めて引越しをする方や初めて一括見積もりサイトを使う方でも利用しやすいサイトです。

また、送信画面で見積もりを依頼したい引越し業者を選ぶことができるので、業者から大量のメールが送られてくる、電話がひっきりなしにかかってくるといった心配がありません。

赤帽など軽自動車を使った格安業者が登録されているのもLIFULLの強みです。軽貨物業者から大手業者まで幅広く見積もりを取ることができるバランスの取れた一括見積もりサイトです。

引越し業者が選べる見積もりサイト

LIFULL引越し

LIFULLからの申し込み限定でお米やミネラルウォーターなどのプレゼント、費用割引などの特典を用意している業者も多く、最大50%も費用が安くなるケースもあります。

おすすめLIFULL引越しで一括見積もりする!

SUUMO引越し

SUUMO引越しをおすすめする一番の理由は、電話番号の入力が不要なことです。メールだけで引越し業者からの見積もり提示もやり取りも完結します。

一括見積もりサイトを利用すると折り返し業者から連絡が入りますが、対応が早い業者だったりすると見積もり依頼から数分後には電話がかかってくるようなこともあります。

また見積もり依頼送信時に、日中は電話対応が難しいため連絡はメールでと付け加えたにもかかわらず、電話で連絡してくる業者も少なからずあります。

電話で引越し業者と話すことが気にならないという方はもちろん、煩わしいやりとりはしたくないという方にもSUUMOはおすすめです。

電話番号入力が必要ない見積もりサイト

SUUMO引越し

SUUMOも見積もりフォーム送信画面で見積もりを依頼したい引越し業者が選択できます。業者からの連絡をメールに限定できるという、忙しい方にもおすすめの一括見積もりサイトです。

おすすめSUUMO引越しで一括見積もりする!

まとめ

多くの人が会社や学校を休まずに引越しをしたいと考えるため、週末に引越しは集中することになります。

転居先での荷解きや新生活の準備をする時間を確保するために、月曜日、金曜日に休みを取って週末に引越しをする人も少なくありません。

そのため、月曜日、金曜日はほかの平日に比べ引越し需要が高くなり、費用も下がりづらいという背景があります。

平日の引越しなら火~木曜日が安く、午後便やフリー便の利用、縁起の悪い日を選ぶなどでより安くなる可能性もあります。

まずは一括見積もりサイトで自分の引越し費用の相場を知ることが、業者選びのスタートです。

以上、『引越し費用が安いのは何曜日?月曜と金曜の料金が高くなる理由とは?』を最後までお読みいただきありがとうございました。

このページが役に立ったらシェアしていただけると嬉しいです!

-引越し費用

Copyright© 引越しのウラオモテ , 2018 All Rights Reserved.