引越しの荷造り

引っ越しで困らない!荷造りに必要な物と便利な梱包テクニック

このページには広告が含まれています。

荷造りに必要な物と便利な梱包テクニック

引っ越しの際、多くの人にとって荷造りは大きな課題となることでしょう。

しかし、適切な準備とテクニックがあれば、引越しの荷造りをずっとスムーズに進めることができます。

本記事では、荷造りに必要なアイテムと効率的な梱包方法をご紹介します。

電話番号入力なしでOK!

引っ越し荷造りの基本と準備

引っ越しの際には、荷造りが非常に重要です。

まず、新居に持って行くものをリストアップし、適切な箱や梱包資材を準備しましょう。

衣類や書籍、食器など、カテゴリーごとに分けて梱包することが効率的です。

また、壊れやすい物は特に丁寧に包んで、箱の中で動かないように固定することが大切です。

引っ越し当日に必要なものは、別のバッグに入れておくとスムーズです。

計画的に行うことで、引っ越しの荷造りは格段に楽になります。

引っ越し荷造りのために必要なもの

引っ越しの荷造りには、段ボール、ガムテープ、新聞紙やプチプチなどの緩衝材が必要です。

衣類や書籍を整理するためには、荷物に合ったサイズの段ボールを用意しましょう。

デリケートな物や割れやすい食器は、緩衝材やエアキャップで丁寧に包むことが破損を防ぎます。

また、荷物の識別を容易にするため、ガムテープで封をする前に内容物を記載したラベルを貼ることがおすすめです。

準備をしっかりと行うことで、引っ越し当日のストレスを大幅に軽減でき、スムーズな新生活が可能となります。

軍手

引っ越しの際、荷造りに軍手を使うとケガ防止に役立ちます。

家具や重い荷物を持つとき、手を保護するために軍手は非常に役立ちます。

また、滑り止めのついた軍手を使うことで、荷物が手から滑り落ちるのを防げます。

軍手は使い捨て可能なものから洗って繰り返し使用できるタイプまで多様なタイプがあります。

引っ越しの日に備えて、複数の軍手を準備しておくことをお勧めします。

手袋をしていると、細かな作業がしにくいこともありますが、安全を最優先に考えた方が良いでしょう。

工具

引っ越しの際には、荷造りに必要な工具がいくつかあります。

例えば、段ボールを開封するカッター、家具を組み立てるためのドライバーセットなどが挙げられます。

必要な工具を事前に揃えておくことで、スムーズに荷解きや家具の設置を行うことができます。

特に、引っ越し先で新たに家具を購入する場合、組み立てに必要な工具を確認することは重要です。

また、引っ越し後の生活を快適に過ごすためにも、基本的な工具は持っておくと便利です。

工具は使い方を間違えると危険なこともありますので、安全に注意しながら使用しましょう。

クラフトテープ、布テープ

引っ越しや荷造りには、クラフトテープや布テープが必要です。

クラフトテープや布テープは箱をしっかりと閉じるのに役立ちます。

特にクラフトテープは、その強度と粘着性で重宝されています。

布テープも耐久性があり、破れにくいため重い物を包む際に最適です。

荷物を安全に運ぶためには、適切なテープ選びが重要です。

市場にはさまざまなテープがありますが、用途に合わせて最適なものを選ぶことが肝心です。

引っ越しの際にはクラフトテープや布テープを活用して、荷物の損傷を防ぎましょう。

油性マーカー

引っ越しの荷造りで必要なもののひとつに油性マーカーがあります。

油性マーカーはダンボールに内容物や部屋名を書き込む際に非常に役立ちます。

油性マーカーのインクは水に強くにじみにくいため、たとえ雨の日に引っ越しを行っても文字が消える心配が少ないです。

また、様々な色があるため、色分けして書くことで荷解きの際にどの箱をどの部屋に運ぶべきか一目で分かりやすくなります。

引っ越しをスムーズに進めるためにも、油性マーカーを準備しておくことをお勧めします。

ハサミ

引っ越しの際、荷造りに必要なアイテムのひとつがハサミです。

段ボールを開封する際や、梱包資材をカットする際に非常に便利です。

また、ラベルやテープを使って荷物の整理をする際にもハサミは欠かせません。

引っ越し準備をする際には、ハサミを手元に置いておくとスムーズに作業が進みます。

さらに、新居での生活を始める際にも、ハサミは日常生活で頻繁に使用するため、すぐに使えるようにしておくことをお勧めします。

荷解きの過程で、突然必要になることも少なくありません。

ビニール紐

ビニール紐は、引っ越しの荷造りの際に非常に便利です。

ビニール紐は軽くて丈夫なため、箱や袋の口をしっかりと結ぶのに最適です。

また、ビニール紐は水に強い素材でできているため、雨の日の引っ越しでも荷物を安全に保護できます。

さらに、色々な長さや太さがあるので、用途に応じて選べる点も魅力的です。

必要なものをきちんと固定することで、トラック内で荷物が暴れるのを防ぎ、荷物の破損リスクを減らすことができます。

引っ越しの際には、ビニール紐が大きな役割を果たすことを覚えておきましょう。

掃除道具

引っ越しを機に掃除道具も見直してみましょう。

掃除機は狭いスペースもしっかり掃除できるコンパクトなものを選びましょう。

モップやほうきは床のタイプに合わせて選ぶことが大切です。

また、多目的クリーナーは様々な場所の汚れを効率的に落とせるため、ひとつ持っていると便利です。

道具を適切に揃えることで、引っ越し後のお掃除がぐんと楽になります。

新居での快適な生活を支えるために、ぜひ適切な掃除道具を選びましょう。

引っ越し荷造りのための梱包資材

引っ越しの際には、荷造りが非常に重要です。

まず、ダンボールは荷物の大きさに合わせて、サイズ別に用意しましょう。

小さいものは書籍用、大きいものは衣類用に適しています。

また、緩衝材として新聞紙やエアキャップを準備すると、壊れやすい食器なども安全に運べます。

テープは強力なものを選び、しっかりと封をすることがポイントです。

ラベルやマーカーを使って、どのダンボールに何が入っているかを明記しておくと、新居での荷解きが楽になります。

梱包資材を適切に使い、効率的な引っ越しを実現しましょう。

ダンボール

引っ越しの際、ダンボールは必要不可欠です。

荷造りを効率的に進めるためには、荷物にあったサイズのダンボールを適切に選ぶことが重要です。

本などの重い物は小さな箱に、服などの軽い物は大き目の箱に入れると良いでしょう。

また、リサイクルダンボールの使用も環境にも優しい選択肢となります。

引っ越しをスムーズに、そして可能な限り環境に優しいダンボール選びを心がけましょう。

新聞紙

引っ越しの際、新聞紙は荷造りにおいて非常に役立ちます。

繊細な食器やガラス製品を包む際に、新聞紙は衝撃から守るクッションとして機能し、割れ物が壊れるリスクを減らすことができます。

また、新聞紙はコストパフォーマンスも良く、リサイクルショップやスーパーマーケットで無料または安価で手に入れることが可能です。

さらに、使用後の新聞紙はリサイクルが容易で、環境にも優しい選択肢と言えるでしょう。

引っ越し準備で必要なもののひとつとして、新聞紙を上手に活用しましょう。

緩衝材

引っ越しの際、荷物を安全に運ぶためには緩衝材が欠かせません。

特に壊れやすい食器やガラス製品を包む際には、しっかりと緩衝材で保護することが重要です。

市販の緩衝材には、エアキャップや発泡スチロールがありますが、新聞紙やタオルを使用することもできます。

また、荷物の破損を防ぐためには、箱の隙間を埋めることがポイントです。

緩衝材で箱の隙間を埋めることにより、輸送中の荷物の動きを最小限に抑え、破損リスクを減らすことができます。

引っ越し時には、緩衝材を適切に使い分けることが、安全な荷物の輸送を実現する鍵となるでしょう。

ビニール袋

引っ越しの荷造りにおいて、ビニール袋は非常に便利です。

衣類や小物をまとめるのに最適で、水濡れからも保護します。

また、引っ越し先での整理もスムーズに行えるため、必要なものをすぐに見つけることが可能になります。

さらに、使い終わったビニール袋は再利用が可能で、エコフレンドリーな選択と言えるでしょう。

引っ越しの際にはビニール袋を活用することで、作業の効率化が図れます。

引っ越し荷造りの進め方

引っ越しの荷造りは計画的に行うことが重要です。

まず、荷造りに必要なものをリストアップし、段ボールやガムテープ、新聞紙などの梱包資材を準備しましょう。

衣類や書籍など、カテゴリーごとに分けて梱包すると効率的です。

壊れやすい物は新聞紙やプチプチで丁寧に包み、重たい物は小さめの箱に入れることがポイントです。

また、荷解きをスムーズにするために、箱に内容物と部屋名を記載しておくと便利です。

荷造りは事前に丁寧な計画をして、余裕を持って進めることで、引っ越し当日のストレスを大幅に軽減できます。

荷造りのステップとタイムライン

引っ越し準備における荷造りは計画的に行うことが重要です。

まず、必要なものをリストアップし、それを基に段ボールや梱包資材を準備しましょう。

荷造りを始めるのは引っ越し日の少なくとも2週間前が理想的です。

最初に使わない物から順に箱詰めしていくと効率的です。

重い物は小さな箱に、軽い物は大きな箱に入れることがポイントです。

また、壊れやすい物はしっかりとクッション材で保護し、箱の中で動かないように固定しましょう。

梱包が終わった箱には中身と開封優先度を記載すると、引っ越し後の整理がスムーズになります。

荷造りは玄関から遠い部屋から

引っ越しの際の荷造りは、玄関から遠い部屋から始めることが効率的です。

使用頻度の低い物や季節外の衣類など、すぐに必要ではないアイテムから梱包すると、引っ越しの日が近づいても慌てることがありません。

必要なものをリストアップし、リストに従って段ボールに詰めていく手順を踏むことで、荷造りがスムーズに進みます。

また、荷解きを考慮した荷造りをすることで、新居での生活を快適にスタートできるでしょう。

荷造りのコツは効率よく、そして忘れ物がないようにすることです。

不要な物を処分する

引っ越しの際は、荷造りをする前に必要なものと不要な物をしっかり分けることが重要です。

不要な物を処分することで、新しい住まいに持って行く荷物を減らし、整理整頓もしやすくなります。

また、不要な物を捨てることは心理的にもスッキリとし、新生活を清潔な状態でスタートできる効果があります。

物の選別には時間がかかることもあるため、引っ越し準備は早めに始めることをお勧めします。

不要な物を処分する際には、リサイクルや寄付も検討して、環境にも配慮した行動を心がけましょう。

使用頻度の低い物から梱包する

引っ越しの荷造りの際には「使用頻度の低い物から梱包する」ことをお勧めします。

使用頻度の低い物から梱包する方法は、引っ越し準備を効率的に進めるのに役立ちます。

たとえば、オフシーズンの衣類や使わない装飾品から始めると、必要なものがすぐに手に入る状態を保ちながら、段ボール箱を徐々に積み上げていくことができます。

また、使用頻度が低い書籍や食器も早めに梱包しておくと、引っ越しの日が近づいてきても慌てずに済みます。

使用頻度の低い物から梱包することで、引っ越し前の生活を最小限の不便で過ごせるようになり、新居での荷解きもスムーズに行えるでしょう。

冷蔵庫の整理

引っ越しの際には、冷蔵庫の中身を整理することが重要です。

まず、賞味期限が近い食材や使い切れない食品は処分するか、友人に譲るなどしましょう。

次に、荷造りがしやすいように、食品をカテゴリーごとに分け、必要なものだけを新居に持って行くようにしましょう。

必要なものだけを新居に持って行くことで、新しい環境での食生活もスムーズに始められます。

冷蔵庫を運ぶ際は事前に水抜きと霜取りを行い、内部を清掃しておくことが大切です。

家具や家電の引っ越し準備

家具や家電の引っ越し準備は計画的に行うことが重要です。

まず、家具や家電の大きさと重さを確認し、運搬用の資材を準備しましょう。

特に大型の冷蔵庫や洗濯機は輸送が困難なため、専用の台車を使用すると良いでしょう。

また、引っ越し前には、家具の引き出しや扉が開かないように、しっかりと固定しておくことがポイントです。

荷造りには、衝撃を吸収するエアキャップやクッション材が必要になりますので、事前に十分な量を準備しておくことが大切です。

適切な梱包をすることにより、家具や家電が傷つくリスクを減らし、安全に新居へと運ぶことができます。

山善(YAMAZEN) 軽がるキャリー 重量物 移動用 KGC-C6

山善(YAMAZEN) 軽がるキャリー 重量物 移動用 KGC-C6

1,936円(05/25 09:10時点)
Amazonの情報を掲載しています

アイテム別の詰め方

引っ越しの際、荷造りは非常に重要です。

アイテムごとに適切な詰め方を心がけることで、輸送中のトラブルを避け、効率的に新居での生活をスタートできます。

衣類は圧縮袋に入れることで収納スペースを節約し、壊れやすい食器は新聞紙やプチプチで丁寧に包みましょう。

重要書類や小物はクリアファイルや小さな箱に分類して、必要なものをすぐに取り出せるようにしましょう。

適切な梱包をすることで、引っ越しの荷造りがスムーズに進み、新生活を快適に始められます。

食器

引っ越しの際、食器の荷造りは特に注意が必要です。

まず、割れやすい食器は新聞紙や緩衝材でひとつひとつ丁寧に包み、箱に詰める際は重いものから下にして軽いものを上に重ねることが大切です。

また、箱の隙間はタオルや布でしっかり埋め、食器同士が動かないように固定しましょう。

引っ越し先で必要な食器の数や種類も事前にリストアップしておくと、荷解きもスムーズに行えます。

準備を怠ると、大切な食器が破損する可能性が高まりますので慎重に行いましょう。

引っ越しの際、荷造りには様々なポイントがありますが、特に靴の扱いは注意が必要です。

靴は形を崩しやすく、他の荷物に汚れをつける可能性もあるため、適切な梱包が求められます。

まず、靴底が汚れていないか確認し、必要ならばきれいに拭き取りましょう。

次に、靴が潰れないように、新聞紙や専用のシューキーパーを中に入れて形を保持します。

さらに、透明なプラスチックバッグに入れることで、他の衣類や物品を汚すリスクを防げます。

これらの小さな配慮が、新居でのスムーズな生活スタートにつながります。

引っ越しの際、荷造りで最も重要なのは、効率的な方法で必要なものを整理することです。

本や雑誌は重量がありますが、適切に箱に詰めれば運搬もスムーズになります。

まず、本は縦ではなく横に積むと箱の底に負担がかかりにくくなります。

また、箱が重くなりすぎないように、1箱に入れる本の量を調節しましょう。

重いものは小さめの箱に入れると持ち運びやすくなります。

さらに、大切な本はビニールで包むと湿気や汚れから守れます。

小物

引っ越しの際、荷造りにおいて重要なのは小物の管理です。

細かいアイテムを見失わないように、透明な袋や小さな箱に分類して収納しましょう。

特に、充電器やリモコン、筆記用具など日常的に使う小物は、すぐに取り出せる場所に保管すると便利です。

また、壊れやすいアクセサリーや時計は、クッション材で包んで別の小箱に入れることが推奨されます。

小物を効率的に管理することで、新居での生活開始がスムーズになります。

【大容量】ジップロック フリーザーバッグ M 90枚入

【大容量】ジップロック フリーザーバッグ M 90枚入

900円(05/25 09:15時点)
Amazonの情報を掲載しています

引っ越しの荷造りは多くの方にとって大きな課題でしょう。

特に、服の梱包は時間も労力も要する作業となるかもしれません。

しかし、効率的な方法を知れば、服の梱包作業をスムーズに進めることができます。

まず、必要なものだけを厳選し、季節外れの服や着用頻度の低い服はあらかじめ整理しておくことが重要です。

衣類用圧縮袋を使用すれば、スペースを大幅に節約できるだけでなく、服がシワになるのも防げます。

また、引っ越し先での生活を想像しながら、日常的に着る服と特別な場面で着る服を分けて梱包すると、荷解きも効率的に行えます。

引越し業者から貸し出されるハンガーボックスも、クローゼットから服をそのまま運べますので、服が多い方は活用しましょう。

引越/保管用ハンガーボックス(エコノミータイプ)

引越/保管用ハンガーボックス(エコノミータイプ)

1,730円(05/24 09:20時点)
Amazonの情報を掲載しています

引っ越し荷造りの効率化と注意点

引っ越しの荷造りは計画的に行うことが重要です。

まず、必要なものをリストアップし、不要な物は事前に処分することで、荷物の量を減らすことができます。

梱包資材は、衣類や食器用など、内容物に応じて適切なものを選びましょう。

重い物は小さな箱に、軽い物は大きな箱に入れると運搬が楽になります。

また、箱の外側に中身の概要とどの部屋へ行くかを明記すると、引っ越し先での荷解き作業がスムーズに進みます。

荷造りの際は、壊れやすい物には特に注意が必要です。

適切な梱包とマーキングで、効率的かつ安全に引っ越しを完了させましょう。

荷造りを効率よく進めるコツ

荷造りを効率よく進めるためには、引っ越しの際に必要なものをリストアップすることが重要です。

不要な物は事前に処分または寄付し、必要最低限の物だけを梱包しましょう。

箱には内容物と部屋名を明記して、荷解きがスムーズになるよう工夫します。

衣類は圧縮袋を使用して収納スペースを節約し、壊れやすい物はしっかりと保護材で包みましょう。

効率的な荷造りは、計画的に行うことが成功のカギです。

新居をイメージしながら荷造りをする

新居での生活を思い描きながら荷造りをすることは、引っ越しの準備を楽しく効率的に進めるコツです。

まず、各部屋ごとに必要なものをリストアップし、不要なものは処分または寄付を検討しましょう。

例えば、新しいキッチンではどのような調理器具が必要か、また寝室ではどのような寝具が適しているかを考えることが重要です。

また、荷物の梱包には、衣類や書籍、食器などを種類ごとに分け、明確にラベルを付けることが大切です。

荷物にラベリングすることにより、新居に到着した際にすぐに必要なものを見つけやすくなります。

玄関から遠い部屋の荷造りから始める

玄関から遠い部屋の荷造りを先に行うことには多くのメリットがあります。

まず、使用頻度の低いアイテムや季節外の衣類など、すぐには必要ないものが多く保管されているため、急いで整理する必要がありません。

玄関から遠い部屋の荷造りを先に行うことで、荷造りのプロセスを効率的に進めることができ、引っ越し当日の混乱を避けることが可能です。

さらに、必要なものだけを残しておくことで、最終的な荷解きもスムーズに行えます。

引っ越しの際は、計画的に行動することが重要です。

引っ越し後、すぐに使う物はまとめて梱包する

引っ越しの際、最初に必要となる物品をひとつの箱にまとめて梱包することは、新居での生活をスムーズにスタートさせるために非常に重要です。

新居で優先して荷解きをするものには、トイレットペーパーや食器、着替え、基本的な調理器具など、初日に必要なアイテムを含めるべきです。

荷解きが一段落するまでの間、生活必需品がすぐに手に入ることで、ストレスを大幅に軽減できます。

また、引っ越し当日に疲労や時間の制約で全ての箱を開けられない場合でも、生活に必要なものがすぐに利用できるため、計画的に荷解きを進めることが可能になります。

荷造りの仕方は、引っ越しを効率的かつ効果的に行うための鍵となります。

引っ越しの荷造り時の注意点

引っ越しの荷造りは計画的に行うことが重要です。

まず、必要なものをリストアップし、それに基づいて梱包資材を準備しましょう。

緩衝材やガムテープ、段ボール箱は必須の梱包資材です。

特に壊れやすい物は、しっかりと緩衝材で保護することが大切です。

また、荷物の重さも考慮し、ひとつの箱に入れる物の重量は持ち運びやすい程度に抑えることがポイントです。

衣類は圧縮袋を使用して収納スペースを有効活用しましょう。

引っ越し当日にすぐに必要なものは、「荷解き優先」として別にしておくとスムーズです。

貴重品を梱包しない

引っ越しの際、貴重品は梱包しない方が賢明です。

なぜなら、荷物の中に紛れると紛失や盗難のリスクが高まるからです。

また、引っ越し作業中に荷物が破損する可能性もあります。

貴重品は常に自分の管理下に置き、必要なものだけを携帯することが大切です。

荷造りの際は、日常使うものやすぐに必要になる物品を別にしておくと、新居での生活がスムーズに始められます。

引っ越しのプロセスを効率的に進めるためにも、貴重品の管理を念頭に置いて計画を立てましょう。

冷蔵庫の水抜きをする

冷蔵庫の水抜きは引っ越しの準備で重要な作業です。

冷蔵庫の水抜きを怠ると、輸送中に内部でカビや悪臭の原因となることがあります。

まず、冷蔵庫の電源プラグを外し、全ての食品を取り出します。

次に、内部の棚や引き出しを取り外し、温水と中性洗剤で丁寧に洗いましょう。

その後、ドレインパンを確認し、水が溜まっていれば適切に処理します。

最後に、ドアを開けた状態で数時間放置し、内部が完全に乾くのを待つことが重要です。

これで、新居での冷蔵庫の使用がスムーズになります。

粗大ゴミは早めに処分する

引っ越しの際、荷造りを進める中で出てくる粗大ゴミの処分は、早めに計画を立てることが重要です。

特に不要な家具や家電は、引っ越し前に適切に処理することで、新居でのスペースを有効活用できます。

また、粗大ゴミの収集日は自治体によって異なるため、事前に確認し必要な手続きを済ませておくことが肝心です。

あらかじめ粗大ごみを処分しておくことにより、引っ越し当日の混乱を避け、スムーズな作業を実現することができます。

不用品の処分を計画的に行うことは、新生活を快適にスタートさせるためにも、非常に重要なステップと言えるでしょう。

引っ越し荷造りのタイミング

引っ越しの荷造りは計画的に行うことが重要です。

まず、引っ越しの日程が決まったら、すぐに荷造りの計画を立て始めましょう。

必要なものをリストアップし、不要なものは事前に処分または寄付することが効率的です。

特に大型家具や家電は早めに梱包するか、専門業者に依頼すると安心です。

衣類や日用品は、引っ越しの数日前から少しずつ箱に詰めていくと良いでしょう。

また、重要書類や貴重品は自分で管理し、引っ越し当日には手元に置くことをお勧めします。

準備を計画的に進めることで、引っ越しのストレスを大幅に軽減できます。

引っ越しの荷造りはいつから始めるべき?

引っ越しの荷造りは、引っ越し日の約1ヶ月前から始めるのが理想です。

まずは、使わない季節の衣類やまれに使う家電から梱包しましょう。

必要なものリストを作成して、荷造りの優先順位を決めることが大切です。

不用品を処分することで荷物を減らし、荷造りを効率よく進めることができます。

また、引っ越し業者に依頼する場合は、見積もりを早めに取りましょう。

スムーズな引っ越しのためには、計画的に行動することが重要です。

引っ越し当日までに荷造りが終わらない場合の対処法

引っ越し当日、荷造りが終わらない場合は、まず落ち着いて対応策を考えましょう。

最低限必要なものだけを優先して梱包し、それ以外は後回しにすると良いでしょう。

また、引っ越し業者に連絡して状況を説明し、荷造りサポートやアドバイスを求めることも必要です。

友人や家族に助けを求めることも考えてみましょう。

予期せぬ事態には柔軟に対応し、計画を見直すことが大切です。

赤帽や宅配便を利用する

引越し当日、荷造りが終わらなかった場合、業者には大物家具など自分では運べない荷物を運んでもらい、小さな荷物は自分で運ぶという選択肢があります。

赤帽や宅配便を利用することで、引越し業者に運んでもらえなかった細々した荷物の輸送が可能になります。

ただ、赤帽や宅配便に依頼するにしても、荷造りを終わらせる必要はあります。

荷造り代行サービスを利用する

引っ越しの際、荷造りは意外と時間がかかる作業です。

荷造り代行サービスを利用することで、時間を大幅に節約できるだけでなく、荷物の破損リスクも低減します。

専門のスタッフが丁寧に荷物を梱包してくれるため、安心して荷造りを任せることができます。

また、必要な梱包資材もサービスに含まれていることが多く、自分で梱包材料を揃える手間が省けます。

荷造り代行サービスを利用する際は、サービス内容や料金を事前に確認し、信頼できる業者を選ぶことが大切です。

自力で運ぶ

自力で引っ越しをする際には、荷造りが重要なポイントとなります。

まず、必要なものをリストアップし、それに基づいて段ボールや梱包資材を準備しましょう。

衣類や書籍、食器など、カテゴリごとに分けて梱包することで、荷解きもスムーズに行えます。

また、重いものは小さな箱に入れ、持ち運びやすくする工夫も大切です。

引っ越しの際には、これらのポイントを押さえることで、効率よく、かつ安全に作業を進めることができるでしょう。

まとめ

引っ越しの準備で欠かせないのは、段ボール、ガムテープ、緩衝材などの梱包資材です。

段ボールはサイズを複数用意し、重い物は小さめのものに、軽い物は大きめのものに詰めると良いでしょう。

ガムテープはしっかりとしたものを選び、箱の底は特に丁寧に固定します。

緩衝材としては、プチプチや新聞紙が役立ちます。

特に壊れやすい物は、プチプチでくるんでから箱に入れると安心です。

また、荷物の整理にはラベリングが有効です。

箱に内容物やどの部屋へ行くかを明記しておくと、荷解きがスムーズになります。

良い引越しになりますように。

電話番号入力なしでOK!

-引越しの荷造り