引越しの見積もり

引越し見積もりを比較したいなら!一括見積もりサイトがおすすめ

更新日:

引越しの見積もり比較 おすすめ45秒のかんたん引越し見積もり

新居探しや荷造りなどやるべき事が多い引越し作業ですが、引越し業者の選定はもう済んでいますか?料金形態やサービス内容など、業者によって様々で迷ってしまう人も多いでしょう。

何かと物入りな引越しにおいて費用を抑え、満足出来る引越しを実現するには業者選びが重要なポイントとなります。

忙しい作業の中で効率的に良い引越し業者を見つけるには「引越し一括見積もりサイト」の活用がオススメです。

このページでは引越し一括見積もりサイトを活用するメリットとその利用方法を併せてご紹介します。

引越し見積もりを比較して安くて評判の良い業者を見つけるために

人生の中で引越しを数多く経験する人は少ないのではないでしょうか。忙しい作業や手続きの合間を縫って、慣れない業者選びに悪戦苦闘してしまう事もあるでしょう。

自分達の大切な荷物を任せる引越し業者ですから、安いだけでは無くしっかりとしたサービス品質が保たれている事も重要です。

このページでご紹介する引越し見積もり方法を用いる事で、効率的に安くて質の良い引越し業者を見つける事ができます。家族構成や荷物の量に合わせて最善の業者に依頼するようにしましょう。

複数業者から見積もりを取る重要性

世の中には様々な引越し業者が存在していますが、その料金設定は業者によってかなり開きがあります。できるだけ引越し費用を安く済ませる為には、複数業者の引越し料金を見比べてみる事が重要です。

複数の業者を見比べる事で業界の料金相場が見えてくるなどのメリットも挙げられます。相場が分かると引越し全体の予算を組みやすくなり、業者を選ぶ判断基準にもなるでしょう。

また、複数の業者から見積もりを取る際に利用される方法として「相見積もり」というものがあります。

相見積もりでは複数の引越し業者から見積もりを取った後、業者同士の競合によって「他社より安い費用を提示して引越しを取ろう」という業者がサービス料金を値下げし提示してくる場合があるのです。

相見積もりは利用者にとって特に値引き交渉をする必要もなく、業者同士の競合によって費用を安く抑えられるもっとも簡単な方法です。

複数業者から簡単に見積もりを取る方法

複数の引越し業者から見積もりを取ろうと思っても、各業者から個別に見積もりを出してもらっていては手間と時間がかかってしまいます。

何かと忙しいのが引越しですから、なるべく時間短縮できるポイントは効率的に済ませたい所でしょう。そこでオススメなのが「一括見積もりサイト」の活用です。

一括見積もりサイトは無料で利用する事が可能で、氏名や連絡先などの基本情報や引越し先や荷物の量といった希望条件を入力するだけで複数の業者へ見積もりの依頼ができます。

一回の入力で複数社への情報送信が済むので大幅な時間短縮になるでしょう。インターネットで受付を行っている為、24時間場所と時間を選ばずに利用できるというのもポイントです。

一括見積もりを依頼する準備

引越し料金というものは引越し先への移動距離や運ぶ荷物の量と質、作業内容による人件費など様々な要素が絡んで決まるものです。

従って一括見積もりを利用する前に、次のような内容を具体的に決めておく必要があります。

いつ引越しをするのか

引越し費用の相場は「いつ引越しをするのか」というポイントで敏感に上下します。

例えば引越しは一年のうちで就職や進学など、新生活をスタートさせる3、4月に集中する傾向があるので繁忙期であるこの時期は費用が高くなるのです。

また月の初めよりも月末、平日よりも土日や祝日の方が料金設定が高くなっている点にも留意しておきましょう。

引越し作業を行う時間帯も利用者側で朝からの作業を指定すると費用が高くつく場合があります。時間に少しゆとりがあるならば作業開始時間を業者に任せた方が引越し費用は安く抑える事ができるでしょう。

このように引越し費用は日程が1日違うだけでも、更には1日の内何時に作業を行うかによっても変動します。費用を安く抑える為には相場が安い日時や時期を把握した上でいつ引っ越すかを決める事も重要です。

どこに引越しをするのか

引越しの見積もりを依頼する際には「どこへ引っ越すのか」を明確に伝える事が大切です。

現住所から引越し先への距離で費用が変動する事はもちろん、引越し先が一戸建てなのかマンションの何階なのかも作業内容と費用に関わるからです。マンションの場合にはエレベーターの有無でも料金が上下する事にも注意しましょう。

引越し先の建物だけではなく、周辺地域の道路事情も正確に把握しておく事がスムーズに引越しを行う為のポイントです。例えば道幅が極端に狭い道路に面している家に引っ越す場合、業者のトラックが付近に横付け出来ない可能性があります。

こうした事情からも料金が上下するケースもあり、状況によっては引越し作業に支障を来たしてしまう事も考えられるのです。引越し先は物件だけでなく、周辺環境も正確に把握しておく事が重要になります。

何を運ぶのか

一括見積もりを出す前に「荷物の量」と「何を運ぶのか」を出来るだけ具体的に把握しておきましょう。引越し業者は運ぶ荷物によって使用するトラックの大きさや作業時間、作業人数などを算出して料金を設定しています。

その為、捨てるか新居へ運ぶか迷っているものも見積もりに出してしまうと、本来よりも高い料金が提示されてしまう事になるのです。見積もり前に荷物の断捨離は済ませておき、運ぶべき荷物だけを申告するようにしましょう。

また美術品や骨董品など取り扱いに注意が必要な貴重品や、ピアノなどの大型楽器が荷物にある場合は事前に伝えておく事が必要です。これらの荷物の運搬には特殊な梱包や搬入出方法が必要なので別途料金がかかり、事前に申告がないと最悪の場合運んでくれないケースもあります。

どんな作業をするのか

引越し時の作業内容によっても費用は上下します。引越し業者の仕事は基本的に「荷物の運搬」であり、それ以外の作業を依頼する場合にはオプション料金が発生する事が普通です。

例えば仕事が忙しくてどうしても荷造りが間に合わない場合には、前日あるいは当日に業者が有料で荷造りを手伝ってくれるサービスもあります。

素人では中々手が付けられないエアコンの取り外し・取り付け作業も有料で請け負っている業者が多いです。

その他にも車やバイクの運搬、ペットなど生き物の輸送、不用品回収やハウスクリーニングなどのオプションがある業者も存在します。見積もりの際に自分の引越しに必要なオプションサービスがあるかどうかをチェックしておくといいでしょう。

引越し一括見積もりサイトを利用する手順

便利な一括見積もりサイトがあるのは分かったけど、インターネットは苦手だし使い方が分からない・・・。

そんなふうに考えていませんか?

一括見積もりサイトの利用手順は、どのサイトも大きく分けてたったの3ステップです。なので、インターネットが苦手という方でも簡単に利用する事が出来ます。

一括見積もりサイトの利用手順を確認してみましょう。

step
1
内容を入力して一括見積もり依頼

まずは一括見積もりサイトで見積もりに必要な情報を入力します。必要事項はサイトによって多少異なる事もありますが、おおむね以下のような項目です。

  • 現住所
  • 新住所
  • 引越しの予定日
  • 氏名や電話番号
  • 荷物の種類と量
  • 希望する作業内容

建物のタイプやエレベーターの有無、道幅の広さなどの情報もこの段階で入力します。情報を入力し終わったら送信ボタンを押して依頼完了です。

その条件に対応できるすべての業者に情報が送信されるので、これ以上情報入力を繰り返す必要はありません。

step
2
引越し業者から見積もり連絡

見積もりが終わった業者から順番に連絡が来ます。メールで返信が来た後に電話で直接やり取りするケースが多いです。

あまり多くの業者に一括見積もりを依頼してしまうと、この返事を貰う段階で混乱してしまうので、見積もりを依頼する業者は多くても10社程度に収めておきましょう。

業者からの折り返し連絡は繁忙期でなければ即日、遅くとも2営業日以内にはメールか電話で返ってくるとみていいでしょう。

その際、より詳細な見積もりを出す為に訪問見積もりを提案される事が多いですが、訪問見積もりに来てもらう業者を予め3~4社程度に絞っておくと手続きがスムーズです。

step
3
料金やサービスを比較して業者を決定

見積もりを依頼した業者の返事が出揃ったら、料金やサービス内容を見比べて実際に依頼する業者を決定しましょう。

「サービスや雰囲気はこっちの方が良いけど、料金はあっちの方が安い・・・」という場合には臆せず電話で交渉する事がオススメです。「このお電話で即決していただけるなら」などの条件付きで値引き交渉に応じてくれる業者も少なくありません。

メールでもらった額面の良し悪しだけではなく、電話口で対応してくれた営業マンやオペレーターのフィーリングも大切です。実際に引越しを行うのは生身の人間なので、物腰の柔らかさや対応の早さなどをマメにチェックしておきましょう。

引越しの見積もりを取る時期

引越し業者が保有しているトラックには限りがある為、のんびりと引越し準備を進めて見積もりを後回しにすると、希望日に予約が取れないなんて事になりかねません。

単身者の引越しは予定日の3週間~4週間程度前から見積もりを依頼するケースが多いようです。

家族での引越しを行う場合は比較的大規模な作業が予想される為、単身引越しよりも少し余裕を持って1ヶ月前から見積もりを依頼しておくと安心です。

なお、3~4月は新生活に向けた引越し繁忙期に入るので、この時期に引越しを予定している場合は通常よりも早めの見積もり依頼を心がけましょう。

一括見積もりサイトの見積もり依頼は3ヶ月前から利用できるところもあり、予約状況が不安な場合は現状分かっている状況で見積もりを依頼するのもひとつの手段です。

訪問見積もりしてもらう際の注意点

メールでもらった見積もりを元に、気になった業者には訪問見積もりを依頼する事がオススメです。

訪問見積もりをしてもらう事でより詳細な費用の算出や不明点の質問などが可能になります。複数の業者を検討している場合には価格交渉の場にもなるでしょう。

ただし、いきなり料金を聞いたり価格交渉を行う事は避けましょう。正確な料金を算出する為に訪問している訳ですから、いきなり価格の話題を持ち出しても営業マンが困ってしまいます。

予め相場を把握しておく事も重要です。訪問見積もりが終了した段階で提示される料金が安いのか高いのかが自身で判断出来なければ、交渉のチャンスを逃してしまう事にもなるでしょう。

また、訪問見積もり前には部屋を片付けて荷物を整理しておくようにしましょう。散らかった状態で正確な荷物量が把握出来ないと適切なトラックや人員の手配が困難になります。

引越し費用を抑えるポイント

何かと色々な事にお金がかかってしまう引越しですが、引越しの費用は様々なポイントを押さえる事で安く済ませる事が出来ます。

ただ荷造りをして新居へ移動するのではなく、要所でしっかり費用を抑えてお得な引越しを実現させましょう。

ハイシーズンや人気の時期を避ける

引越し費用の相場はシーズンに敏感です。新生活の時期である3~4月にかけては引越し依頼が集中する為、業者側でも料金を高めに設定している事が一般的となっています。

1年の中で比較的引越し費用の相場が安くなっているのは7~8月にかけてと、会社の異動関係の引越しが落ち着く11月です。

引越し費用を抑えることを一番に考えるのであれば、3~4月の繁忙期をはずす、7~8月か11月に引越し予定日を設けるといいでしょう。

引越しの準備を自分で行う

ほとんどの引越し業者では有料オプションで荷造りや荷解きの手伝いを行っていますが、これらの作業は時間があれば利用者が自分で行えるものです。

自分でどの箱に何をしまったのかを把握しやすいというメリットもあります。自分で出来る荷造り・荷解きなどの作業は自分で行う事が引越し費用を抑えるポイントです。

スーパーやコンビニ、ホームセンターなどでダンボールを無料で調達するのも、費用を抑えるひとつの方法です。

不用品を処分する

運ぶ荷物の量によっても使用するトラックの大きさや必要な作業員の人数が変わる為、引越し費用は変動します。

積み込む荷物は少ない方が費用を安く抑えられるので、引越しは不用品を思い切って処分するいい機会でもあるのです。

処分方法は粗大ゴミや不用品回収で捨ててしまうのが簡単ですが、比較的新しいものやキレイなものはリサイクルショップなどで買い取ってくれるものが多いです。

ブランドものの服やゲーム機、CDや本など値段の付きそうなものは買取に出すことで相対的に引越し費用の削減に繋がります。不用品の量が多い場合には出張買取などのサービスも利用してみましょう。

またメルカリ、ラクマといったフリーマーケットサイト、ヤフオク!のようなオークションサイトも気軽に利用できることから、個人の不用品売買では人気があります。

おすすめの引越し業者

引越し業者の種類は多岐に及び、引越し慣れしていないとどの業者を選んでいいか迷ってしまう人も多いでしょう。

以下にそれぞれの業者の特徴を挙げながらオススメの引越し業者をご紹介します。業者選びの参考にしてみてください。

サカイ引越センター

サカイ引越センターは引越し専業のリーディングカンパニーとして30年以上の歴史を誇る老舗引越し業者です。安定した作業員品質と安心価格で2年連続で売上高・作業件数No.1を達成しています。

また、作業に使用されるトラックは全車両自社で管理しているものなので安心して荷物を預ける事が可能です。繁忙期を除いてLINEから簡単見積もりを申し込むと引越し費用が割引になるなど、IT環境に適応した独自の値引きシステムを用いているポイントも見逃せません。

おすすめサカイ引越センターに見積もり依頼!

アート引越センター

アート引越センターでは引越し後に出た不要ダンボールの引取や電気・新聞等の引越し手続き代行、家具の地震対策設置など無料提供サービスが充実しています。

引越し後1年以内の家具移動や再度の引越しに便利なマイページなど、引越し後の無料アフターサービスも豊富です。

作業員の質にも定評があり、利用者の新居では新しい靴下に履き替えて作業を行うなどキメ細やかな配慮がなされています。

ネット見積もりによる割引や、引越し実施日をおまかせにすると割引が適用される「引越待ち割キャンペーン」など、値引きにも積極的な業界大手の引越し業者です。

おすすめアート引越センターに見積もり依頼!

アーク引越センター

アーク引越センターは全国に200箇所もの拠点を構える大手の引越し業者です。どこに住んでいても手軽に利用出来る利便性の高さは大きなポイントと言えるでしょう。

また現場での引越し作業は委託従業員を利用せず、全て自社での専門教育を受けたプロフェッショナル達が担当しています。

その作業品質は折り紙つきであり、過去には人気テレビ番組である「TVチャンピオン」の引越し業者選手権で優勝を果たした経歴を持つ程なのです。

おすすめアーク引越センターに見積もり依頼!

アリさんマークの引越社

100%自社トラック使用、100%身元保証人付きの自社従業員だけで運営されているのがアリさんマークの引越社です。人も物も自社でしっかり管理されているので安心して荷物を預ける事が出来ます。

新居では新しい靴下に履き替えて作業をするなど、利用者の立場に立ったサービスもポイントです。

アリさんマークの引越社では、スマートフォンなどで撮影した画像を利用しての見積もりが可能で、訪問見積もりが難しい場合でも詳細な金額を提示してもらえます。

ネット割引やリピーター向けの割引などが充実している点も見逃せません。

おすすめアリさんマークの引越社に見積もり依頼!

ハート引越センター

ハート引越センターでは委託業者を使用せず、北は北海道から南は九州まで自社スタッフで現場作業・運営がなされています。

「スタンダード」「エコノミー」「パーフェクト」「エクセレント」の4つのプランが用意されており、利用者が必要としているサービスが分かりやすくパッケージングされているのが特徴です。

少子高齢化社会に適応した高齢者向けの引越しプランも充実しており、荷造りから不用品の仕分け、運搬後の荷解きまでオールパッケージでの引越しにも対応しています。

おすすめハート引越センターに見積もり依頼!

価格だけじゃない引越し業者比較のポイント

業者によって料金の開きがあるだけに、なるべく引越し費用は安く抑えたいものです。しかし、料金を見比べただけで安い業者へ依頼してしまう事にはリスクもあるのです。

重いものや高価なものを運ぶ際には補償内容が重要になってきますし、電話口や訪問時の対応でもその業者の実態が見えてくることもあります。

業者の実情を調べるには公式サイトよりも口コミサイトがおすすめです。もちろん全ての情報が真実であるとは限りませんが、実際に利用した人の情報は貴重なものです。

自分自身で情報を吟味しながら業者の良し悪しを見極めましょう。

おすすめの引越し一括見積もりサイト

複数業者の比較に便利な一括見積もりサイトにも様々な種類があります。「一度に複数の見積もりを出す」という基本的な機能にはそれほど差がありませんが、登録されている引越し業者のタイプや数に違いがあります。

家族の引越しに向いている業者、単身の引越しが安い業者、長距離に強い業者など、自分の引越しに合った引越し業者が多く登録されている一括見積もりサイトを選びましょう。

LIFULL引越し

LIFULL引越しは入力画面がシンプルで分かりやすく、初めて一括見積もりサイトを利用する人にも使いやすいデザインになっています。

見積もりを依頼する業者を任意で選択できるので、業者を厳選して効率的に見積もり作業を進める事が可能です。

お米やミネラルウォーター、梱包資材のプレゼントや費用の値引きなどLIFULL引越しでの申し込み限定でお得な特典を付与している業者が多いのも特徴となっています。業者によって特典内容は異なるので確認してみるといいでしょう。

おすすめLIFULL引越しで一括見積もりする!

SUUMO引越し

SUUMO引越しの特徴として、利用の際に電話番号入力が不要というポイントが挙げられます。

一括見積もりサイトを利用すると、引越し業者からの電話で具体的な打ち合わせを行う事になりますが、見積もりした業者が多い程電話も多くかかって来るということになります。

その点SUUMO引越しでは業者からの連絡をメールに限定出来るうえ、必要であればこちらから業者へ電話で問い合わせる事が可能となるのです。急ぎの見積もりでなければオススメのサイトと言えるでしょう。

SUUMO引越しの一括見積もりでも、任意の引越し業者を選んで見積もりの依頼を出す事ができます。

おすすめSUUMO引越しで一括見積もりする!

引越し価格ガイド

引越し価格ガイドは参加引越し業者が260社以上という、一括見積もりサイトでは最多の業者数を誇ります。最大10社から見積もりの提示を受けられるのが特徴です。

学生の引越しや単身パック、レディースプランやシニア向けプラン、家具だけの引越し見積もりなどライフスタイルに合わせた引越し見積もりが可能です。

利用者の95.2%が引越し価格ガイドをまた利用したいと回答していることから、使い勝手の良い一括見積もりサイトといえるでしょう。

おすすめ引越し価格ガイドで一括見積もりする!

引越し達人セレクト

14年以上のサイト運営歴を誇る引越し達人セレクトは、シンプルな見積もり構造が特徴的な一括見積もりサイトです。

「細かい打ち合わせは訪問か電話で行う」というスタンスから見積もりの入力画面は非常にシンプルで、「引越し予定日」と「連絡先」を入力するだけ問い合わせが完了します。

把握に時間がかかる「荷物量」の入力が不要となっているのは引越し達人セレクトだけです。入力の所要時間は30秒程度なので、取り急ぎ大雑把な見積もりだけ欲しいといった場合にオススメのサイトでしょう。

おすすめ引越し達人セレクトで一括見積もりする!

引越し侍

引越し侍は登録業者数246社と一括見積もりサイト屈指の数字を誇っています。膨大な引越し業者から自分の希望に合った業者を選定出来る事がメリットです。

また、「ネットで料金比較」と「一括見積もりスタート」という2パターンの見積もり方法が用意されている点も特徴となっています。

「ネットで料金比較」では口コミやオプション内容などを見比べたうえで、細かく情報を入力して見積もりを依頼します。じっくりと自分で業者を見極めたい時にオススメです。

「一括見積もりスタート」では自動的に複数社へ見積もり依頼が送信されるので、時間が無い場合や長距離の引越しの際に便利でしょう。

おすすめ引越し侍で一括見積もりする!

ズバット引越し比較

ズバット引越し比較は登録業者数220社の大型一括見積もりサイトです。見積もり依頼の際に細かい入力は必要なく、ザックリとした情報だけで複数社への見積もり依頼が可能な手軽さが魅力的となっています。

ズバット引越し比較は登録業者数が多い一括見積もりサイトなうえ、項目の入力が簡易であるため、業者からの折り返し電話が殺到する可能性もあります。

それだけ業者が見つけすいという事の裏返しにもなりますが、大量の折り返し電話が不要な場合には備考欄に「電話連絡不要」の旨を記載しておくと良いでしょう。

おすすめズバット引越し比較で一括見積もりする!

引越し見積もりを賢く比較して安くていい業者をみつけよう

シビアなスケジュールで引越し作業を進めなければならない事の多い現代人にとって、引越し一括見積もりサイトは魅力的なサイトと言えるのではないでしょうか。

ご紹介した一括見積もりサイトでは、特にLIFULLがオススメです。LIFULLであれば自分で見積もりを依頼する業者を選定出来るので、大量の折り返し連絡に悩まされる事もありません。

登録業者数も130社程度と多すぎず少なすぎず、自分の目でサービス内容や料金設定を判断しやすいです。

引越しは大切な荷物を新居へと移すデリケートな作業です。費用を抑えて新生活に備える事も大切ですが、口コミなどの情報も参照して、サービス内容や評判の良い業者を見つけて気持ち良く新居への引越しを行いましょう。

-引越しの見積もり

Copyright© 引越しのウラオモテ , 2018 All Rights Reserved.