引越しの見積もり

引越し費用を抑える!WEB見積もりの活用法とポイント解説

引越しのWEB見積もり

引越しは新生活への大事な第一歩です。

特に、はじめて引っ越しされる方には準備や費用が心配なのではないでしょうか。

そんな不安な気持ちをお持ちであれば、WEBでの引越し見積もりサービスが役に立つはずです。

少ない労力で複数社の見積もりを比較でき、賢い引越し計画が立てられます。

WEB見積もりを使いこなし、万全の態勢で引越しに臨みましょう。

電話番号入力なしでOK!

WEBで引越し見積もりをするメリット

引越しでは準備にかけられる時間が限られているため、事前に計画を練ることは極めて重要です。

時間が限られているからこそ、ウェブで引越し見積もりをするメリットは計り知れません。

スマートフォンやパソコンから手軽に情報が入力でき、瞬時に見積もりを受け取ることができるのが、WEB引越し見積もりの最大のメリットです。

ウェブ見積もりには時間の節約はもちろん、引越しにかかる費用の予測が立てやすい、複数社との比較が容易で理想的な会社を見つけやすいなど、多くの利点があります。

引越し準備は時間との戦い

引越し準備と一言で言っても、その内容はとても幅広いものになります。

具体的には荷造り、手続き、ライフラインの変更など、思いのほか多くのやるべきことがあります。

短期間で沢山のタスクをこなす必要がある引越し準備において、ウェブでの見積もりは隙間時間を使い効率的に引越し業者を探す手助けをしてくれるでしょう。

WEB見積もりの利用は限られた時間を有効に使うことができ、効率的に引越しの準備を進めることができるようになります。

ウェブ見積もりは費用節約の第一歩

ウェブ見積もりを活用することで得られる一番のメリットは、引越し費用の節約にあります。

ウェブでの見積もりは時間を気にすることなく、自分の都合の良いときに依頼ができます。

また、一度に複数の引越し会社の料金を比較することができるのも、ウェブ見積もりならではの利点といえます。

複数業者の見積もりを比較することで、最もコストパフォーマンスの良い業者を見つけることが可能になり、結果として引越し費用を抑えることに繋がります。

引越し会社との比較が容易に

引越し業者選びにおいて、複数業者の見積もりを比較することは、費用を節約したいのであれば必須ともいえます。

ウェブ見積もりなら複数社の見積もり比較が容易に行えます。

異なる会社から提示されたサービス内容や料金を横並びで比較することで、自分のニーズに合った業者を選びやすくなるのです。

また、特定の引越し業者に限らず、全国規模の業者の見積もり比較も容易ですし、ユーザーレビューを参考にすることもできます。

オンライン見積もりサービスの概要

引越しのオンライン見積もりサービスは、インターネットを通じて必要情報を入力し、引越し会社から見積もりを取得できる便利なツールです。

一括見積もりサービスの場合、複数の会社の見積もりを同時期に比較検討できるため、時間や労力を大きく節約することが可能になります。

オンライン見積もりサービスは引越し費用の相場感を掴むこともできるため、予算設定にも役立つでしょう。

また、オンラインから申し込むことによる割引や特典が提供されることもありますので、賢く活用することで引越し費用を抑えることができるでしょう。

引越し一括見積もりサイトのしくみ

多くの引越し会社が加盟する一括見積もりサービスは、簡単な入力操作で複数の引越し会社から見積もりを取得することができるシステムです。

ユーザーは引越しの日程、荷物量、移動距離といった基本情報を入力するだけで、複数の引越し会社に情報が送られ、各社から見積もりが送られてきます。

一括見積もりサービス運営側は、ユーザーの引越し情報を業者に提供することで手数料を受け取るしくみになっています。

引越しの一括見積もりを利用すると、会社ごとのサービス内容や価格を比較しやすくなり、自分にとって最適な引越しプランを見つけやすくなります。

また、見積もりを取得する際にはサービスの内容やオプションも確認できますので、必要に応じたカスタマイズが可能です。

引越しの一括見積もりサイト利用は、準備にかかる時間を節約すると同時に、より良い条件での引越しが期待できるツールです。

アート引越センターのWEBサービス

アート引越センターのイメージです。

アート引越センターは多くの一括見積もりサイトに加盟していることに加え、自社ホームページでも見積もりを行っています。

電話での見積もりも受け付けていますが、訪問見積もり不要のリモート見積りサービス「ミライ」も利用できます。

公式HPからのWEB見積もりなら、期間限定で割引が受けられるキャンペーンもあります。(2024年1月現在)

単身、家族の引越しはもちろん、模様替えに伴う家具、家電移動の申し込みもできます。

また、過去にアート引越センターを利用したことがあるユーザーであれば、前回と同じ人に作業してもらいたいと思うこともあるかもしれません。

そんなときには作業員指名制度、担当営業指名制度が利用できます。

信頼できる作業員、営業マンに再度担当してもらえるサービスは画期的と言えるでしょう。

サカイ引越センターのオンライン対応

せつやくコース

サカイ引越センターもアート引越センター同様、多くの一括見積もりサイトに加盟しており、自社ホームページでも見積もりを行っています。

家族の引越しの見積もりは電話・またウェブサイトから簡単に見積もりを依頼できます。訪問見積もりを前提とした家族の引越し見積りとは別に、単身引越しの見積もり方法は豊富です。

ビデオ通話で訪問不要のリモート見積「まリモ」、移動距離が100km圏内ならWEBで料金確定・決済まで完了できる「ササッと予約」、対応エリアは限られますがLINEチャットでできる見積もりサービス「スマート見積」と、WEBからどれで申し込もうかと悩めるくらい種類があります。

HPでは引越し前の疑問点の解決にはチャットサポート機能が利用でき便利です。

サカイ引越センターは家族の引越しはもちろん、「ご一緒便プラン」や「小口引越便プラン」といった、荷物の少ない単身者向けのプランが充実しているのが特徴です。

HPには「おトクな引越し日」カレンダーがあり、赤字覚悟の日程も公開されています。

サカイ引越センターは仕事の丁寧さから、多くの顧客から高い評価を得ている業者です。

引越しは日通のリモートWEB見積り

日本通運のアイコンです。

日本通運と言ったほうが馴染みがあるかもしれませんが、NXの国内引越サービスでは訪問見積もりをせずにビデオ通話のみで見積もりが取れるリモート見積もりサービス「リモミ」があります。

サカイ引越センターと違う点としてあげられるのは、単身で家財の多い方の引越しに限らず、家族プランでの利用の場合にもリモートWEB見積もりサービスが利用できる点です。

訪問見積もりを受けたい場合にはもちろん、従来通りの電話やHPからWEB申し込みも可能です。

アップル引越センターはWEBで見積もり完結

アップル引越センターのロゴマークのイメージです。

WEBで見積もりと予約が完了できるシステム「ラクニコス」が利用できるアップル引越センター。

カゴ台車単位で料金が決まるプラン(単身パックなど)を除くと、インターネットを利用して訪問見積もりなしで「概算」ではなく「確定」料金が表示される予約システムを引越し業界では2016年に初めて開始。

引越後のアンケート内容は良いもの悪いものに限らずすべて公開。

2024年度のオリコンランキングに初めてランクインした伸び盛りのアップル引越センター。

マスコットキャラクターのりんごりくんを街中で見かける機会が増えていくことでしょう。

正確な見積もりを取るためのポイント

引越し費用を節約するためには、WEB見積もりを活用することがとても有効です。

しかし、WEBの見積もりが正確でなければ、最終的な費用は予想外にかさんでしまうこともあります。

そこで、どのようにして正確な見積もりを取るかが、引越し費用を抑えるポイントになるのです。

WEB見積もり時に入力する情報の正確さが、最終的な引越しの費用に大きく影響してきますから、正確な情報の入力が不可欠であるといえるでしょう。

必要事項の正確な入力が決め手

引越し見積もりの際には、住所や引越し先、引越し予定日など基本的な情報の入力が求められます。

これらの情報をいかに正確に入力するかが見積もりの精度を高める鍵となります。

また、現在の住居の階数やエレベーターの有無、引越し先の条件も料金に影響する重要なポイントです。

エレベーターがない場合や狭い階段を使わなければならない場合は、追加の費用が発生することもありますので正しい状況を伝えることが肝心です。

さらに、家具や家電の品目と数を間違いなく業者に伝える必要があるのです。

荷造りも見積もりに影響する

荷造りを自分でするか、引越し業者に依頼するかによっても、見積もりの金額は大きく変動します。

自分で荷造りをする場合は、必要な梱包材の量を予測し、その費用まで考慮に入れる必要があります。

もし引越し業者に荷造りを依頼するのであれば、荷物の量だけでなく特別な取り扱いが必要なアイテムがあるかも正確に伝える必要があります。

たとえば、ピアノやアンティーク家具、大型の家電などは、特別な梱包や運搬方法が要求されることが多いのです。

オプションサービスを利用した引越しプラン

オプションサービスの利用も、引越し見積もりに影響を与えます。

例えば、家具の分解・組み立てサービス、大型家電の設置、クリーニングサービスなど、利用するサービスによって追加料金が生じることがあります。

これらのオプションサービスを利用することで引越し当日の負担を減らすことはできます。

しかしながら、見積もりの段階でしっかりと計算に入れないと、後になってから予想外の出費となることもあります。

必要なサービスを事前に見極め、見積もりでは利用するかしないかを明確に選択しておくことが大切です。

WEB見積もりを活用した費用節約戦略

引越しを計画するにあたって、費用の節約は大きな関心ごとだと思います。

WEB見積もりの利用は、同時にいくつもの引越し会社の料金比較ができるため、予算内で最適なサービスを選ぶための重要なツールとなります。

WEB見積もりを活用することで、多くの時間と労力、そして費用を節約することが可能になります。

ウェブ上での見積もりは24時間いつでも手続きが可能で、わざわざ業者に電話をしたりメールで問い合わせなくても、複数社の見積もりを収集することができます。

割引キャンペーン情報の収集

WEBでの見積もりが役立つシーンのひとつとして、割引キャンペーン情報を手軽に収集できる点が挙げられます。

多くの引越し会社は、ウェブ限定のキャンペーンを実施しており、早期予約割引や時期によってプロモーションなどを提供しています。

したがって、いくつかの会社のキャンペーン内容を比較し最適なサービスを選ぶためには、業者のウェブサイトをチェックし最新の割引情報を入手するようにしましょう。

また、カード会社によっては引越し費用の支払いをクレジットカードにすることで、割引等の特典を提供しているところもあります。

どの時期にどのようなキャンペーンがあるかをリサーチすることも、費用節約につながるでしょう。

繁忙期をはずした引越し計画

引越しの繁忙期は需要が供給よりも高くなるため、費用が高くなりがちな時期とされています。

逆にいえば、この期間を避けることで引越し費用を抑えることができるわけです。

特に、月末、週末、祝日前後は多くの人が引越しをしたいと考えるため、引越し料金が高くなる傾向があるのです。

繁忙期を外して引越しを計画することで、引越し会社が設定する割増料金を回避し、費用を削減できる可能性が高まります。

また、繁忙期を外すことで午後便やフリー便といった、プランの選択肢が増えるというメリットもあります。

追加費用がかからないようにするコツ

追加費用を避けるためには、見積もり時に正確な情報を提供することが必要です。

予期せぬ追加料金を避けるためには、荷物の量や大きさ、重さを正しく伝え、階段の有無や駐車スペースの情報も忘れずに告げることです。

また、事前に契約内容を細部まで確認し、分かりにくい部分や気になる点は質問しておくことで後々のトラブルを回避できます。

必要以上のオプションサービスに申し込む前に、実際に自分でできる作業はないか検討するのもひとつのポイントです。

比較サイトを使った引越し業者の選び方

引越しをする際に多くの人が頭を悩ますのが、どの引越し業者に依頼するかという問題です。

WEB上には比較サイトが数多くあり、複数の引越し業者を手軽に比較できるメリットがあります。

そんな比較サイトを利用して、賢く引越し業者を選ぶ方法を紹介します。

どのような点を重視して選ぶべきか、引越し業者を比較する際のポイントを明らかにし、無駄な費用を抑えるためのヒントをお伝えします。

複数社から見積もりを取得する方法

引越し業者選びの最初のステップとして、WEB上の比較サイトで複数社から見積もりを取得する方法があります。

引越しの一括見積もり比較サイトは無料で利用できるため、複数の引越し業者に一括で見積もりを依頼し、それぞれのプランや価格を比べることができます。

見積もりを取得する際には、正確な引越し内容を伝えることがとても重要です。

荷物の量、移動距離、オプションサービスの有無など、細部に渡る情報提供が適切な見積もりへとつながります。

見積もり内容を比較する際のチェックポイント

見積もりを比較する際に、どのようなポイントをチェックするかが業者選びを成功へ導く鍵となります。

重要なチェックポイントは、サービス内容と費用のバランスです。

見積もりには引越し作業の基本プランのほかに、梱包資材の費用やオプションサービスの有無などが記載されています。

各社の見積もりをしっかり比較し、追加料金が発生しないかどうかも考慮に入れておく必要があります。

また、同じようなプランでも業者によって価格が異なるため、価格だけではなくサービスの質を見極めることが重要でしょう。

口コミレビューサイトの活用法

他のユーザーの実体験に基づく口コミレビューサイトも、引越し業者選びには有益な情報源です。

サービスの質や担当者の対応、作業のスムーズさなど、実際にサービスを利用した人の感想は非常に参考になります。

しかし、全ての口コミが正確で真実を反映しているわけではないため、多くのレビューを読み総合的に判断することが大切です。

また、引越し費用は時期によって大きく変わるため、引越しをする時期にあった口コミに注目するのがポイントです。

引越し費用の内訳を理解する

引越しには梱包、運搬、輸送、エアコンの取り付け取り外し作業など、さまざまな費用がかかります。

引越し費用の内訳を理解することで、無駄な出費を抑えることができるようになります。

引越しでかかる主な費用は大きく分けて運搬費用、梱包材料費用、作業員の人件費、そしてオプションサービス費用があります。

運搬費用は距離や荷物の量、階段作業があれば運ぶ階数にも左右されます。

また、梱包資材にも費用がかかる場合がありますし、作業員の人数や作業時間によって人件費も変動します。

引越し費用の内訳を理解して余計な費用を省くことが、引越し費用を抑えるカギとなります。

引越し費用が高くなる要因

業者から提示された引越し費用が、予想以上に高くて驚くケースも少なくないでしょう。

その主な要因として、距離の長さ、荷物の多さ、階段の使用やエレベーターの有無、指定の日時が繁忙期であるかなどが挙げられます。

輸送距離が長いほど運搬費は増加し、荷物が多いとそれだけ使用するトラックのサイズも大きくなってしまいます。

また、エレベーターがない場合は階段を利用するため、その階数に応じて追加料金が加算されることもあります。

繁忙期は引越し需要が高まるため、通常時よりも引越し費用が上がることが一般的です。

引越し費用が高くなる要因をあらかじめ把握しておくと、見積もり時に不意打ちを受けることは少なくなるはずです。

オプションサービスと追加料金

引越し業者には荷主の希望により利用できる様々なオプションサービスが用意されています。

多くのオプションサービスは無料ではないので、それらを利用することで予想外の追加料金が発生することもあります。

オプションサービスには、荷造り、荷ほどき、家電の取り付け、不用品の回収といったものが挙げられます。

引越しに伴う家具類の分解と組み立ては、業者が行うのが一般的です。

オプションサービスにはそれぞれ料金が設定されており、利用するとその分引越し費用が上がります。

しかし、これらを自分で行う場合、専門的な知識や道具が必要な場合があるため、必要に応じて適切に利用することが大切です。

オプションサービスの選択は慎重に行い、何にコストをかけるべきか考えましょう。

シンプルなプランで費用を抑えるコツ

引越し費用をできるだけ抑えたい場合は、シンプルなプランを選ぶことをお勧めします。

例えば、引越しの荷造りは2週間ほど時間を見れば、多くの場合自分で行うことができると思います。

荷物の積み込みと荷降ろしを自分たちでできるというのであれば、トラックと運転手のみを貸し出す「レンタルプラン」を用意している業者もあります。

自身ができることを最大限やることで、業者に支払う人件費や梱包材料費を節約することも可能です。

また、引越し日を平日や月初などのニーズが低い日程に設定することも、引越し費用を抑えることにつながります。

必要のないオプションサービスを省き、少しでも無駄な出費を減らすことができれば、お財布にやさしい引越しが実現できるかと思います。

引越し前に準備しておくべきチェックリスト

引越しを円滑に費用を抑えて行うためには、計画的な準備が必要です。

引越しの準備におすすめしたいのがチェックリストの活用です。

チェックリストを使って何をいつまでにやればいいのかを明確にしていきましょう。

たとえば、荷造りのスケジュール、不要品の処理、住所変更などの手続きなど、細かな点も見落とさずに管理することで、引越し当日の混乱を避けることができます。

最低でも引越しをする2週間前にはリストを作り、毎日少しずつタスクをこなしていくことで慌てることはなくなるはずです。

引越し前後のスケジュール管理

引越しの直前になるほど色々と忙しくなりますので、スケジュール管理は大切なキーポイントになります。

引越しの2週間前にはカレンダーに大まかなスケジュールを入れ、引越しの1週間前には日ごとに何をするかを確実に決めておきましょう。

引越し予定日から逆算して、有休を取る日、荷造りを完了させる日など、細かく計画を立てることが大切です。

また、引越し業者との打ち合わせや不用品の処分、新生活に必要な物品の購入なども忘れずに、余裕を持ったスケジュールを作成しておくと安心です。

引越しに必要な手続き

引越しには荷物の輸送のほかにも様々な手続きが伴います。

住所変更の手続きはもちろん、公共料金の名義変更、銀行や郵便局での手続き、学校や職場への届け出、自動車やバイクの住所変更も必要です。

引越し前に手続きができるものもあれば、引越し後になってからでなければできない手続きもあります。

重要なのは必要な手続きを忘れないこと、事前に予定を決めて適切に行うことです。

チェックリストには必要な手続きをすべて記入し、期限を明示しておきましょう。

荷物整理と不要品の処分方法

荷物を整理することは引越しをスムーズに行う上で非常に重要です。

不要なものを引越し前に処分しておけば、運ぶ荷物が減り費用も削減できます。

不用品の処分方法としては、フリマアプリやオークション、リサイクルショップを利用するのがおすすめです。

また、引越し業者が行っている不要品処分サービスを使う、自治体の粗大ごみ回収を利用すれば費用が安価で済みます。

不用品の処分には時間がかかることを意識して、早めに行動に移すことが肝心です。

引越しのトラブルと解決策

引越しでは一度に大量の荷物を動かしますので、荷物に一定数の破損や紛失が生じるリスクが付きものです。

トラブルを未然に防ぐ対策は重要ですが、引越しでは予期せぬ問題に直面することが多々あります。

引越しで起きやすいトラブル事例と解決策について解説していきます。

WEB見積もりと訪問見積もり

WEBでの引越し見積もりは簡単で便利ですが、提示される料金はあくまで概算費用です。

一般人が見る荷物量と引越しのプロが見る荷物量に、大きな差が生まれるのは必然でしょう。

引越し業者と契約する際には、業者が引越し前の積み地で訪問見積もりを行うのが一般的です。

しかし、近年ではスマホのカメラを使ったリモート見積もりを行う業者もあり、必ずしも訪問見積もりが行われる時代ではなくなりつつあります。

このような背景から、引越し当日にWEB見積もりとは荷物量に大きな差があったりといった状況が生まれることになります。

引越し当日に、作業員が見積もりにない荷物を運ぶ、運ばないといったトラブルはこうして起こるのです。

家具や荷物のキズ、破損、紛失

引越しでは重量のある大きな家具や家電を動かすわけですので、たとえ丁寧な梱包がされていたとしても、搬出、輸送、搬入作業すべてを無事に通過できないこともあります。

元作業員の観点からすると、家具の角のへこみやすり傷等は、ある程度の許容が必要かと思います。

見てすぐにわかる家具類の大きな傷や割れなどは業者側の作業ミスになりますが、小傷やスレが付いてしまうのは引越し作業ではある程度仕方のないことです。

ただ、段ボールの潰れは不適切な積み込みによる可能性が大なので、業者側のミスだと指摘すべきです。

家具や荷物のキズ、破損、紛失などは、わかった時点で作業責任者に伝えましょう。

作業責任者で問題が解決しそうもない場合には、担当の営業マンに連絡をして対応を聞きましょう。

引越しトラブル相談機関

引越しにおけるトラブルは多岐にわたりますが、業者の担当者ではらちが明かない場合もあるでしょう。

トラブルに対して誠意的な対応をしてくれる業者ばかりではないのが現実です。

法的な強制力はないのですが、引越しトラブルの相談機関があります。

業者が一向に取り合ってくれない場合などは、相談してみることをおすすめします。

相談先営業時間電話番号
消費生活センター平日10時~12時、13時~16時188
全日本トラック協会平日9:30~12:00、13:00~17:000120-109-855

まとめ

WEB見積もりは手軽に複数業者の引越し見積もり比較ができますが、実際の荷物量との差異がないよう正確な情報を業者に伝えることが重要です。

WEB見積もりならではのキャンペーンや特典を用意している業者もあるので、マメな情報取集が費用を抑えることにつながります。

まずは複数業者の見積もりを取ることからはじめてみてください。

良い引越しになりますように。

電話番号入力なしでOK!

-引越しの見積もり